ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


名古屋城


ヨミ: ナゴヤジョウ
掲示板をミル!
8カキコ!
名古屋城
日本100名城 44
別名 金城
、蓬左
構造
守構造 連結式層5層5階地下1階
現:SRC造・外観復元
徳川家康
1609年(慶長14年)
1871年(明治4年)

名古屋城とは、愛知県名古屋市中区および北区にあるである。略称。ここでは前身である那古野(なごやじょう)についても説明する。


概要


1610年に築され、徳御三家の一つ、尾の居として明治まで使われていた。

現在守閣はコンクリート造りで(理由は後述)、内部は展望台および資料館となっている。

守閣には2つのしゃちほこが鎮座し、名古屋シンボルとなっており、「」という異名も持つ。


歴史


16世紀前半に、当時尾の守護も兼務していた今川氏親の丸という名で築し、末っ子の氏豊をにした(傍流である那古野氏へ養子に出された)。
しかし1532年に、当時勝愛知県稲沢)を拠点にしていた織田信秀が攻めて奪取、元々治めていた一族の名を取って那古野とした。
その後嫡男、吉法師(後の織田信長)が生まれ、数年後に信秀は那古野を譲り、古渡名古屋市中区浄土真宗大谷名古屋別院および名古屋テレビのある周辺)へ移った。
信長督を継いで、織田信友との世継ぎ争いを制すると、清愛知県清須)に移り、その後那古野となった。

徳川家康による江戸幕府の時代になると、尾として統治する上で清周辺は地形に不利であると判断し、かつての那古野の地に新たにを築くことを決め、名称も「名古屋城」とめられた。
1610年に築が開始され、西大名に命した下普請として行われた。中でも守台石垣を手がけた加藤清正は有名で、石垣の一部に岩ともいえる巨大な石には「清正石」と名付けられている。

すると、下町も名古屋城周辺に移転し、現在名古屋市の基礎を作った。

明治に入ると、当時のであった徳慶勝は地を譲渡するとともにの破却、しゃちほこの献上を申し出た。しかし文化財としての価値があるとして駐日ドイツ使だったマックス・フォン・ブラントらが訴え、最終的に残されることとなった。その後、宮内に管理が移り名古屋離宮となったが、1930年に名古屋市に下賜され、本丸などが一般開されることとなった。 

1945年大東亜戦争の際に襲に遭い、守閣および本丸殿を焼失してしまったが、1959年にコンクリート造りで外観を復元した現在守閣が完成した。

本丸殿の復元は長らく開始されなかったが、2007年文化庁から復元工事が許可され、翌年から工事が開始された。2010年に一部が開され、完成2018年6月となっている。今後は守閣を本来の木造に建て替え、全な木造化への計画も進んでいる


観光


名古屋城址全体が名城公園として存在する(狭義は、名古屋市北区1丁の地域のみをす)。守閣内部および本丸殿の一部が開され、址の大半を自由に散策できる。

名古屋の開府400年を機に観光にもさらなるを入れており、PR部隊として名古屋市および愛知県ゆかりの武将に扮した「名古屋おもてなし武将隊」が結成され、人気を得るようになった。当初は半年の予定であったが、その後延長され名古屋市から独立した組織となっている。 

2018年には商業施設であるシャチ横丁を開業。以前から周辺の飲食店の少なさを摘されてきた名古屋城にとっては待望の施設増強となる。2022年途に更に施設を増やす予定であり、芝居小屋や文化継承のための場所を設置する予定。


関連動画



■sm21252906[ニコ動]

■sm5440994[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/04/02 14:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ