ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


吹雪型駆逐艦


ヨミ: フブキガタクチクカン
掲示板をミル!
42カキコ!

吹雪型駆逐艦ふぶきたくちくかん)とは、大日本帝国海軍の一等駆逐艦である。吹雪の沈没後は白雪駆逐艦しらゆきがた)、白雪の沈没後は初雪駆逐艦(はつゆきがた)と正式には名されている。

また、計画時の特型駆逐艦(とくがた、とっけい)の呼称が使用されることもあるが、特には次級の初春型駆逐艦および白露型駆逐艦を含む場合もあるので注意が必要である。

前級は睦月型駆逐艦、次級は初春型駆逐艦

 概要

吹雪型駆逐艦の建造の背景には、ワシントン軍縮条約があった。この条約では、第一次世界大戦の戦勝5ヶの大艦の保有に制限が課せられた。しかし、巡洋艦以下の小艦には保有の制限がなかったため、条約の抜けとなる補助艦の建造で戦が拡充されることになる。その補助艦の内の一つが吹雪型駆逐艦である。

前級の睦月型駆逐艦でも当時の世界基準とべればかなりの高性なのだが、吹雪型には軍からさらなる高性が要された。技術者の努によりその要はほぼ実現できてしまった。

建造当時としては波性が高く、高速・重武装であり、高い居住性も確保されたことから世界中を驚愕させた。この吹雪型駆逐艦を基礎として、後の艦隊駆逐艦が造られている。

第二次世界大戦では艦隊戦や輸送任務で活躍し、持ち前の高性を発揮するが、大半の艦は戦没しており、終戦時に残存していた艦は「潮」と「」の2隻のみであった。


船体


軍軍部の要は高速と重武装の両立であったが、それを実現するために船体が軽量化されているのが特徴である。この軽量化は電気溶接等の新技術の導入によるものだが、建造当時の日本は溶接技術が不十分であったため、船体の強度に不安があった。第四艦隊事件で吹雪型駆逐艦に被害が出たのは、この溶接に問題があったためとも言われている。 結果として、後に船体強度に問題が認められ、補強工事が行われている。

また、それまでの駆逐艦では露式であった艦屋根を設けることで密閉式とし、居住性の向上に成功している。艦は特IIから大化し、特IIIでは更に肥大化している。これによる重心の上昇も第四艦隊事件の原因と考えられ、特IIIは艦の小装がされている。


兵装


50口径三年式12.7cm連装であり、日本海軍駆逐艦では初の身内径12.7cmの連装となる。後の駆逐艦のほとんどが、これを元にしたを搭載している。しかし対戦闘には不向きであったため、特IIからは仰が引き上げられたを搭載し、いずれの艦形式であっても対の増設がされている。機増設のために第2が撤去された艦もある。

装は前睦月型駆逐艦と同じく十二年式61cm三連装魚雷発射管を採用し、3基9門となった。これは重装である駆逐艦の「島風」に次ぐ同時発射数となる。魚雷は八年式魚雷を18本搭載。後に九○式魚雷12~18本を搭載しているが、いずれも空気化剤の魚雷であり、九三式酸素魚雷は搭載されなかった。発射管そのものは位置の変更や防の追加等がされている。

は艦の形式や時期によって搭載されているものが大きく異なる。建造当初の特Iは留式7.7mm単装機2挺、特IIと特IIIは毘式12.7mm単装機2挺が搭載されたが、対の不足は明らかであり、次第に増強されていった。


機関


ロ号艦本式缶(ボイラー)4基と艦本式タービン2基2軸の組み合わせにより50000を発生し、最高速38ノットという高速を誇る。特III機関良によりボイラーが3基となり、軽量化や燃費向上に繋がったものの、重心の上昇にも影してしまった。

 分類方法

吹雪型駆逐艦の分類の方法は機関によって2種類に分ける方法と、搭載によって3種類(+1種類)に分ける方法が一般的である。IIを前期・後期に分けることで、5種類に分類することもできる。他にも、波級と4隻ずつ分類したり、狭までの16隻を前期からの8隻を後期)として分類する方法もあった。

呼称も特I・特II・特IIIよりは、単にIIIIIIと呼ぶことが一般的であり、特と強調したいときは特I・特II・特IIIと呼ぶ場合もある。

吹雪型 吹雪から潮までの20隻はそれほど大きな変更があるわけでもいため、まとめて「吹雪型」と呼ぶことも多い。特に海外の資料ではを別の級にすることが多いため、英語版ウィキペディアでもこの分類で記事が分けられている。
特I
吹雪型
吹雪から浦波までの10隻。後述するように、磯波までの9隻とすることもある。
  • 叢雲までの5隻が大正12年度艦艇補充計画で建造。
  • 磯波までの4隻が昭和2年度艦艇補充計画の大正15年度計画予算(11月臨時承認)で建造。
缶室吸気口がキセルであることと、である12.7cm連装が仰40度のA型であることが特徴である。
I
浦波
浦波のみ、IIと同じ船体にIと同じA型を搭載しているため、IやIIIA型などと呼び区別されることも多い。これは元々IIとして完成する予定だったのが、ジュネーブ軍縮会議の影工が半年められたためである。昭和2年度艦艇補充計画の昭和2年度計画予算(昭和2年度起工)で建造。
II
綾波
綾波から潮までの10隻。綾波から狭までを前期として区別することもある。
  • 綾波昭和2年度艦艇補充計画の昭和2年度計画予算(昭和2年度起工)で建造。
  • までの5隻が昭和2年度艦艇補充計画の昭和2年度計画予算(昭和3年度起工)で建造。
構造物が大化しており、缶室吸気口が椀になった(以降の駆逐艦の標準となった)ことと、である12.7cm連装が仰75度のB型であることが特徴である。
II
から潮までの4隻。昭和2年度艦艇補充計画の昭和2年度計画予算(昭和4年度起工)で建造。
煙突周りが良されて煙突が若干低くなっているため、俗に後期IIIIIIA型などと呼ばれることがあるが、一般的ではない。
吹雪型
から電までの4隻。昭和2年度艦艇補充計画の昭和2年度計画予算(昭和5年度起工)で建造。
これまでと大きく異なるのが、缶が良されたため4基から3基に減らされており、1番煙突が細くなっていることと、揮設備充実のため艦構造物がさらに大化したことである。缶が減ったことによる軽量化と艦の大化により重心が高くなったことが第四艦隊事件の一因とされ、事件後は艦の小化など大幅な良が行われた。魚雷発射管に防を標準装備した最初のでもある。
III

 性能諸元

排水量 基準:1680t 試:1980t 満載:2260t
全長 全長:118.5m 線長:115.3m 垂間長:112m
全幅 10.36m
3.2m
機関 ロ号艦本式缶4基(特IIIは3基)
艦本式タービン2基2軸
50000
38.0kt
航続距離 14ktで5000
燃料 重油:475t
乗員 220名(特III233名)
兵装 50口径三年式12.7cm連装A型3基(特II、特IIIB型
留式7.7mm単装機2挺(特II、特IIIは毘式12.7mm単装機
十二年式3連装魚雷発射管3基(八年式魚雷18本)

 同型艦

艦名は、当初は八八艦隊計画により不足することから、2代目神風型以降の駆逐艦は計画時の番号そのままで命名されていた。吹雪型でも磯波までは進時に番号で正式に命名され、さらに一部の艦(磯波東雲・薄)はそのまま就役した。ただし、わずかな期間であるため現場で実際に使用されたかどうかは不明。

軍縮条約によって艦名不足の可性がくなったため、1928年8月1日をもって固有艦名に名されている。浦波以降の艦も書類上の仮称は番号だが、起工前の準備段階において固有名詞の予定艦名が用意され、進時に命名されている。


次へ»
最終更新日: 19/02/13 00:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ