ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


呉懿


ヨミ: ゴイ
掲示板をミル!
26カキコ!

呉懿(ご い、生年不詳 - 237年)とは、中国時代の武将である。字は子遠。
諸事情により(ご いつ)と表記されることもある。

劉焉劉璋劉備劉禅に仕えた。


概要


エン州陳留の人。
瑁(劉焉の第三子)にぎ、その死後は劉備の妻となった穆皇后
孫に喬。族には、同じくに仕えて驃騎将軍にまで昇進した班(の子)がいる。


略歴


劉焉の入に一族を挙げて随行。劉焉の死後は中郎将として劉璋に仕える。
劉備の入に抵抗するも降伏。護軍討逆将軍に任じられ、即位後には関中都督となる。
第一次北伐では諸将により先鋒に推挙されるが、諸葛亮に退けられる。
魏延と共に陽谿会戦で費耀を撃破する。この功により将軍に昇進し、高陽郷侯に封じられる。
諸葛亮の死後は雍州刺史将軍済陽侯という大官となり、仮節を授けられる。
15年(237年)に没。


評価


歴戦の将として知られており、亭の戦いでは「経験豊富な呉懿魏延大将にすべきだ」と諸将に推挙されている。

臣賛では「かつ博の人物。弱兵によって強敵を撃破し、苦に陥ることがなかった」と賞賛される。
また彼の孫の喬も、成を築いた雄に対し、30年の長きにわたり抵抗した不屈の男である。
班も「(男伊達)」として知られており、この一族にはそういった気質が受け継がれていたのかもしれない。

これらの評価を受け、元帥級の官にあり、また皇帝の外戚でありながら、
陳寿の『三国志』では独立した伝が建てられていない。
に史官が置かれず、事が散逸したためだという。
そのため、穆皇后伝、馬良伝付馬謖伝、王平伝、李厳伝、戯伝付季臣賛等に記述が散見される。


KOEI三國志での扱い


 ゲームでは大体すべての値が70前後という、かなり恵まれたキャラとなっており、どのような状況であってもそつなくこなすことができる武将として厚遇されやすい。


横山三国志


張任を捕える・・・?」

「この人(諸葛亮)大ぼら吹きなのか、それとも気が変なのか?」

手なを着てる。作中の言動はだいたい演義と同じ。


ゲーム「三国志大戦」における呉懿(笑)


ニコニコ動画ではセガアーケードゲーム三国志大戦で彼の姿をにすることが多々(?)ある。史実では戦功もかなり上げているが、三国志大戦呉懿の扱いは不当である。

なぜ(笑)扱いされるのかと言えば、開発者に原因がある。
三国志大戦1稼働当時、R楽進はC張梁と常にカード使用率の1位2位を争う圧倒的な強カードだった。
そんな時、開発者インタビューにおいて、「R楽進強すぎませんか?」との質問に、

には呉懿が居るじゃないですか(笑)

という、迷言を言い放ったのである。

両者コスト1とはいえ、武4知3勇猛騎兵楽進と、武3知特技兵の呉懿は全く相手になっていなかったのである。しかも、計略は士気6の「援軍」であり、低知が祟って士気に見合わない回復量だった。

そんな経緯から、呉懿(笑)と呼ばれるようになったしまったのである。

 

三国志大戦3では

等の理由から使用率は低迷していた。廖化属性が違っていればまだ使われていたであろう。
しかし、Ver3.5で使用率は上昇傾向である。その理由として

など、環境が追いとなり頂上対決にも載っている。彼にも遅いが来たのだろうか。

以下、三国志大戦カードデータを記載する。


呉懿 -子遠-(ごい しえん) 堅実な将軍
劉備の部下。もとは劉璋の配下であったが、劉備侵攻の際に捕らえられ降伏した。劉備中王になると、呉懿が夫人となり、呉懿は左将軍に封ぜられた。劉備が亡くなった後は、諸葛孔明に従い各地の戦線で将軍として活躍した。「劉備殿になれるなら、どんな役割も受けよう」
コスト 1.0 属性
兵種 騎兵
3 知3
特技 なし
計略 的確な援護 範囲内の最も武の大きい味方の兵を回復する。
必要士気3
Illustration : 山宗


関連項目



最終更新日: 16/10/09 22:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社