ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


呪怨


ヨミ: ジュオン
掲示板をミル!
130カキコ!

じゅおん【呪怨】
強い念を抱いて死んだモノの呪い。
それは死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。
その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる。

 

「呪怨」とは、清水崇監督・脚本によるオリジナルビデオ作品、およびメディアミックス作品。

本稿では原作であるビデオ、および映画作品について記載する。

曖昧さ回避

概要

呪怨

初出は2000年東宝から発表されたビデオ版。その後「2」が発表。
当初は知名度も低く、売り上げも「記録的に低かった」が、やがて口コミで「怖い」と評判を呼び認知度が上がった結果、映画化となった。

全作品に共通することは、惨殺された女性佐伯伽椰子(さえき かやこ)とその息子敏雄(としおが、次々と呪いを伝播させることである。

作品は時系列が非常に複雑(悪く言えば乱雑)にシャッフルされたオムニバス形式となっており、にかかわったさまざまな人間が伽耶子・敏雄子の呪いによって死んでいく姿が描かれる。
だがスピンアウトに至るまで、その物語は非常に複雑に絡み合っており、本シリーズ時系列を研究するウェブサイトなどを見るとわかる。
学校の怪談G』に収録されている「片隅」「4444444444」とも繋がっている。

オリジナルビデオ作品から劇場版へと続くシリーズハリウッドリメイクシリーズ、そして「老女」「少女」は、それぞれ物語の軸が違う。
老女」「少女」に至っては、伽耶子と敏雄子の呪いそのものから外れた新たな呪怨を描くストーリーである。
その後「終わりの始まり」「ザ・ファイナル」をもってシリーズは終了した。

海外におけるJホラーの評価を高めた作品の一つであり、サム・ライミプロデュースによるハリウッドリメイク作品『THE JUON/呪怨』『呪怨 パンデミック』も製作された。但し、『呪怨 パンデミック』は呪怨2のリメイクではなく、日本版とのつながりを持つオリジナル作品である。

また、『呪怨 老女』と『呪怨 少女』、ゲーム『恐怖体験 呪怨』について、清水崇監督と脚本ではなく、原案と監修という形で参加している。

作品群

オリジナルビデオ

伽耶子・敏雄子を襲った悲劇と、2人を殺した佐伯剛雄、そして伽耶子が思いを寄せていた小林俊介を中心に、呪いのがいかに誕生したかが描かれる。
2作製作されているものの、「呪怨2」の前半は1作ダイジェストであるため、呪いのに関する大まかな相を追うだけならば後者を見るだけで十分である。

日本映画版

ビデオ版のヒットを受けて製作された劇場版ビデオ版の直接の続編にあたる。
ホームヘルパー、引っ越し、事件の捜テレビ番組制作など様々な形でを訪れる人々に起こる悲劇を描く。
「呪怨2」のラストで、伽耶子が再び体を得て転生し、さらに呪いのに関するテレビ番組の放映によって呪いが爆発的に増殖することが示唆されるという、非常にどこかで見たようなラストを迎えるが、本作の時系列とりあえずここで区切りがつく。

シリーズ生誕10周年に合わせて製作。といっても、シリーズ生みの親である清水崇は参加していない。
これらの作品は、「怪談袋」の劇場版に登場した『姿見』、第4シリーズに登場した『ふたりぼっち』のエピソードがそれぞれ基になっており、これらを製作した三宅隆太安里麻里が監督を担当している。低予算番組で人気を得た気鋭のホラー作家、という点で、彼らは清水と共通しているといえるだろう。
一応、敏雄がゲスト出演していることから、物語世界は繋がっていると思われる。

「呪怨」の19年前からを描いた前日譚にして、最終作の先触れ。あのに最初に「呪怨」が生まれた時の物語佐伯夫婦が入居する前にあので餓死した少年「山賀俊雄」が、全ての発端となっている。

シリーズ最終作。伽椰子の夫・剛雄の姪とその一家に襲い掛かる恐怖と、際限なく広がっていく絶望的な呪いを描く。

ハリウッド版

シリーズの出来にほれ込んだサム・ライミ製作したリメイク版。
清水崇をはじめとして、伽耶子を演じる藤貴子なども参加するなど、ハリウッド映画作品としては異例の日本人大量起用となった。1作は全世界で2億ドルの大ヒットを記録した。
1作は、日本での劇場版1作リメイクに近いが、2作以降はオリジナル要素が強い。
また、清水達が深く関わったのは2作までで、サム・ライミも同様。3作清水が降し、伽耶子役なども一新されたが、日ともに上映されないままビデオスルーとなった。

ノベライズ

コミカライズ

ゲーム

Wiiリモコン懐中電灯に見立てて、呪いのを探検していく、FPS仕立てのアドベンチャー
CALLING~黒き着信~』に似たシステムである。
呪いのに引っ越してきた家族の1人1人の恐怖を疑似体験する。清水崇が監修している。

その他

関西テレビ学校の階段G』に収録された、低予算ショートホラー。この作品で見せた手腕によって、清水崇は業界の注をかっさらい、さらにはこれらの幽霊メインに据えた本シリーズを作り上げることになった。
1本当たり3分前後の短い作品だが、いずれも呪怨本編リンクしている。これらの2作で犠牲になったのは、佐伯に起こった悲劇の後に初めて呪いのに引っ越してきた家族村上の一員とその友人である。彼らの家族がどうなったのかは、ビデオ版2作で確認できる。

クロスオーバー

角川映画40周年記念作品。いいのかそれで。
リングシリーズ山村貞子とまさかの悪夢コラボ、ならぬクロスオーバーが実現。まあ、フレディVSジェイソンとかゴジラVSメカゴジラのようなものと思えば……
色物じみたぶっ飛んだ設定ながらホラーとしてはきっちり作られており、ケレン味あるキャラクターと合わせた怪作となり、一部に熱狂的なファンを抱えている。詳細は個別記事を参照。
バケモンにはバケモンをぶつけんだよ

豆知識・トリビア

関連動画


■sm10010783[ニコ動]

■sm632753[ニコ動]
■sm870669[ニコ動]
■sm7348385[ニコ動]

関連商品

■azB002ACY1U6
■azB0012IU2AM
■azB001UPL436
■azB0026KW532
■azB0000AL629
■azB0006SLEJ2
■azB002DRBWH8
■az4043572166
■az4043572050
■azB000185CVS
■az4043572042
■azB001UPL43G
■azB000PWQQMO
■az4048538381
■azB00292AR0U
■azB0009G3ESA

関連項目

 

 

 

 

 

 

 

 

ア、アアアア、アアアアアアア

 

 

 

 

 

 

 

アアアアアアア

 

 

 

[画像を見る]


最終更新日: 19/04/05 16:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ