ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


唐川侑己


ヨミ: カラカワユウキ
掲示板をミル!
16カキコ!

唐川侑己(からかわ ゆうき1989年7月5日-)とは、千葉県成田市出身のプロ野球選手投手)である。現在千葉ロッテマリーンズに所属。

概要

千葉ロッテマリーンズ #19
唐川侑己
基本情報
日本
出身地 千葉県成田市
生年 1989年7月5日
身長
体重
181cm
80kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2007年高校生ドラフト1巡
経歴
プロ野球選手テンプレート

成田市立西中学校から成田高校に進み、2006、2007年センバツに連続出場。最後のとなった2007年の県大会では大会28イニングで喫した初失点が決勝点となり、東海大浦安高校に敗戦した。甲子園での通算投手成績は1勝2敗、防御率0.90

2007年高校生ドラフト1巡千葉ロッテマリーンズに入団。ドラフトでは広島東洋カープ1位名したが、抽選で地元のロッテが交渉権を得た。

大会では立った成績を残していないが、北海道日本ハムファイターズ中田翔東京ヤクルトスワローズ佐藤由規と共にビッグ3と評されるなど、プロスカウトからの評価は高かった。

ロッテ時代

2008年(1年)、4月26日福岡ソフトバンクホークス戦(ヤフードーム)にてプロ登板、ならびに初先発。7回を0点に抑え、ドラフト導入後では球団史上初となる高卒新人の初先発勝利を飾る。しかし交流戦前後から調子が上向かず、い段階から打ち込まれて降するケース立つようになった。
結果、ルーキーイヤーは15試合81.2回の登板で5勝4敗、防御率4.85と、高卒新人としては均的な成績で終えることになる。


2009年には5月10日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初完封を飾るも、打線の援護を受けられずに勝ちが伸びず、21試合143.1回の登板で5勝8敗、防御率3.64という成績に終わった。


2010年セ・パ交流戦横浜ベイスターズ戦で打球をに受けて折し長期離脱。最終的には11試合で6勝3敗、防御率2.71と成績自体は良くなったが、日本シリーズでは4回途中降となるなど不完全燃焼シーズンになった。


2011年はようやくシーズンを通して先発ローテーションを守り、オールスターに初出場。初めて規定投球回数に到達。自身初の二桁勝利となる12勝と防御率2.41の好成績を残した。


2012年は前半戦で8勝(2敗)と好成績を残したが、その後は肩の違和感二軍落ち。そのまま一軍に上がることなくシーズンを終えた。唐の離脱とともに先発コマ不足がだんだん浮き彫りとなりチームは大失速。15以上あった貯を一気に使い果たし、借生活でシーズンを終えることになった。


2013年は好投時に限って味方打線が沈黙したり、リリーフや守備が乱れることが頻発。クオリティスタート(6回3自責点以下)達成ながら未勝利が9回、降後にリリーフが逆転され勝ち消滅が5回不運が続いた。チーム一規定投球回数に到達したが、不調時は手に打ち込まれることが多く、最終成績は9勝11敗、防御率4.18となった。


2014年は開幕二戦ソフトバンク戦で5回5失点と打ち込まれると、その後も5月15日までに8登板防御率8.31と精を欠きニ軍落ち。その後小谷正勝二軍投手コーチと共にフォームを一から見直し、7月1日の一軍再登録後はシーズン終了まで先発ローテーションを支えた。最終成績は4勝9敗1ホールド、防御率4.66。7月の再昇格以降は4勝4敗1ホールド、防御率3.10で、この防御率シーズン換算すると則本昂大に続くパ・リーグ5位相当の好成績である。


2015年シーズン登板となった4月2日日本ハム戦で4回持たずに8失点の大炎上。その後も好投した試合も幾度かはあったが打ち込まれる試合が立ち、防御率は自己ワーストの6.32を記録。しかし何故か援護には恵まれ、5勝4敗と1勝ではあるが勝ち越している。


2016年キャンプから出遅れ開幕一軍を逃す。5月に一軍昇格すると、これまでの投球スタイルと違ったピッチングを見せ先発として安定した成績を残す。特に7月以降は4試合連続HQS、極めつけは8月11日楽天戦で5年ぶりの完封勝利を挙げ、全復活を見せつけた。ところが8月25日に左腹痛で登録抹消。以前の唐に戻ってしまうのでは?とファンを心配させたが9月25日オリックス・バファローズ戦で復帰。離脱前と変わらぬ好投を見せた。
涌井秀章石川歩に継ぐ先発として好投を見せたが、前年と打って変わって援護に恵まれず6勝6敗にとどまった。ただ防御率は2.84と前年から大幅に善した。


2017年は涌井・石川先発三本柱を期待されたが不安定な投球が立ち5勝10敗 防御率4.49に終わった。その5勝のうち3勝はオリックス・バファローズから挙げて、対オリックスでは防御率1.89と別人のような安定感を見せたことから、場以降は先発ローテーションから外れオリックス戦のみ先発するようになった。4月16日埼玉西武ライオンズ戦で通算1000投球回を達成。


2018年は開幕ローテーションに入ったものの防御率5.48と不調で1勝も挙げられずに5月二軍落ち。1かの再調整を経て、7月からプロ入り後初めてリリーフに配置転換される。するとこれがはまり以後好投を続けリリーフ転向後は21試合に登板して防御率0.36と驚異的な安定感を見せ、崩壊しかけていたリリーフ救世主となった。

投球スタイル

な武器は130km/hそこそこの直球と、そこそこのスライダー100km/hを割り込むスローカーブ。対左打者ではチェンジアップも投げる。

しかし直球スライダーとの球速差があまりなく、加えてスライダーは打者の手元で曲がるため、打者線では球筋の見極めが難しいという。
さらに直球についてもリリースポイントが打者に近く、130km/h程度の球なのに打者が差し込まれるシーンも多く見られる。スローカーブとの球速差もあり、正捕手を務めた里崎智也く「唐136km/hは内竜也の149km/hより速く見える」とのこと。

こうした緩急を活かす投球スタイルから、テレビで見ると「大した球はいのに、何故か抑えてしまう」という不思議な投球に映る。

2016年からは球速を上げる投球スタイルモデルチェンジし、球速140km/hをえた。これまで唐130km/hの直球というイメージが強かったため、今季初登板となった5月6日オリックス戦では、これまでと違う146km/hを連発する唐に衝撃を受けたのか、試合開始Twitterのトレンド上位に「唐」の文字が載った。

投球フォームは、オーバースローながらみを感じさせない独特のもので、この投球フォームにもファンが多く存在する。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2008年 ロッテ 15 15 1 0 5 4 0 0 .556 81.2 12 57 52 44 4.85
2009年 21 21 3 1 5 8 0 0 .385 143.1 28 115 62 58 3.64
2010年 11 11 2 1 6 3 0 0 .667 73.0 20 51 24 22 2.71
2011年 24 24 5 3 12 6 0 0 .667 168.1 35 122 50 45 2.41
2012年 12 12 3 0 8 2 0 0 .800 84.2 15 32 26 25 2.66
2013年 27 27 0 0 9 11 0 0 .450 168.0 46 80 85 78 4.18
2014年 23 19 1 0 4 9 0 1 .308 116.0 33 62 65 60 4.66
2015年 12 12 0 0 5 4 0 0 .556 62.2 27 31 45 44 6.32
2016年 15 15 1 1 6 6 0 0 .500 88.2 37 64 30 28 2.84
2017年 21 21 1 0 5 10 0 0 .333 126.1 44 86 69 63 4.49
2018年 25 4 0 0 1 3 0 4 .255 47.2 10 31 17 15 2.83
NPB:11年 206 181 17 6 66 66 0 5 .500 1112.2 347 731 129 482 3.74

関連動画


■sm14137197[ニコ動]

関連商品

■azB002YNDN50

関連コミュニティ

■co5850

関連項目


最終更新日: 19/04/12 06:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ