ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


唯一王


ヨミ: ユイイツオウ
掲示板をミル!
520カキコ!

ブースター

唯一王とはポケットモンスターにおけるブースターにつけられた、聞くも涙、るも涙な称号である……


そのありえない不遇さについて



第1世代(赤緑青黄時代)のブースター


イーブイ進化系の一として初代から登場。

まず当時の炎タイプだが、今でこそ炎タイプ氷タイプに有利という認識があるものの、当時は 炎タイプに氷耐性がなかったため、高性ふぶきごり押しされて負けるという事が多々あった。
加えて、第一世代の氷ポケモンどは水タイプを併せ持っていた(ラプラスジュゴンパルシェンなど)ので、氷タイプに対しても炎は実質等倍であり、弱点であるとは言い難かった。というかそれはつまり、相手のメインウェポンが存在するということであり、それらのわざでサクッと返り討ちにされていた。フリーザールージュラみずタイプを持たないので炎が弱点だが、それでも上記のようにふぶきごり押しされるのである。
草タイプに対してはしっかり有利が取れていたが、当時は「みず/じめん」とか「みず/でんき」などのように気の効いたタイプの組み合わせなどかったため、対みずなを出さずとも電気が、対地面なら同じく・氷で十分であった。つまり、別に草タイプである必要はなかったのである。それどころか対ではサブウェポン吹雪で返り打ちにされるのが宿命。そんな状況のため草タイプにお呼びがかかることは少なく、そんなタイプに有利が取れたところで大して意味がかったのである。
このように、ブースター以前にまず炎タイプが不遇であった。

そしてブースター自身はというと、
130という高い攻撃種族値を活かせるタイプ一致技がなく、技マシンタイプ不一致はかいこうせん」を習得させるのが関の山。第四世代に入るまで、物理・特殊の分類は技ごとではなくタイプごとであり、当時の炎は全て特殊技であった。つまり物理技は全てタイプ不一致なのである。
 例:「たいあたり」「でんこうせっか」「かみつく」「いかり」「とっしん」「スモッグ(ピカ版のみ)」

お世辞にも高いとは言えない65という素種族値の為、 他の炎タイプポケモンとの差別化さえ難しい

等、ただでさえ涙目になりがちな炎タイプのなかでも筆頭級の不遇ぶりであった。
(他にも、伝説ないし準伝説級にもかかわらず不遇ぶりを甘受する方達が君臨されていたりもするが)
それでも強なかえんほうしゃがタイプ一致で使えたり、だいもんじも覚えたり等でフォローの手段があった分、かにマシではあったのである。
ステータス種族値が特攻と特防に分かれた後(特殊110→特攻95,特防110)のの不遇ぶりにべれば……

なお、第一世代では「ほのおのうず」の効果が「2~5ターンの間攻撃し続け、その間は相手の行動を全て封じる」というものだったため、先制さえ出来れば物理か特殊か以前に連発してれば必ず勝てると言う壊れ技だった。
ブースターもこの技を覚える事が出来たのだが、素種族値65では先手を取れるポケモンは限られており、
同じほのおのうず使いとしてはキュウコンリザードンの方が使いやすかった。(´・ω・)カワイソス


第2世代(金銀水晶時代)のブースター


属性にほんばれなどの登場もあり炎の相対的な見直しが行われた。

しかし炎技は相変わらず全て特殊技扱いで、ブースターの高い攻撃を活かそうと思ったら、やはりノーマルなどの不一致技に頼らざるを得なかった。そこそこ高威物理技、おんがえしを得はしたものの、タイプ不一致では決定は大して変わらず、鈍いで攻撃を上げても水タイプが出てきたらそこで終了であった。

そんな感じで相変わらず不遇かと思われていたが、なんと新技シャドーボールを高威叩き込めるポケモンとして注を集める。というのも当時のゴースト技は物理依存で、たとえタイプ一致であってもゲンガームウマではうまく使いこなせなかったのである。これにより隠れたゴーストエスパーキラーとして名を残したブースター! 世の中には新しく登場した悪タイプというより優れたゴーストエスパーキラーがいた事なんて知りません。電磁? そんなのはもっと知らん。


第3世代(ゲームボーイアドバンス時代)のブースター


ジュペッタの登場により、シャドーボール決定No.1の座を追われることになる。強ポケとして名高いメタグロスにはタイプ上有利だがここでも素種族値5の差がとなり、未調整では地震で返り討ちにされるケースが多かった。

この時期から新たに特性というものが追加された。ブースターが得た特性は「炎技を受けると自身の炎技の威が高まる」というもらいび。しかしこの時期はまだ炎タイプの需要が少なかったためあまり活かす機会はかった。そもそも炎技の威が上がってもブースターの攻撃を活かせるわけではn(ry

新たにダブルバトルという新ルールができたが、相手2体に攻撃でき、高威であるじしんが2倍で入り、かつ物理面が耐久だったブースターが活躍していたという話はあまり聞かない……


第4世代(ニンテンドーDS時代)のブースター


物理、特殊の分類が技ごとに個別に設定された(炎技にも物理依存の技ができた)。高威物理フレアドライブ
相手をやけどにする火が技マシン化。炎ポケモンの最終進化系には軒並みソーラービーム習得可
前作でオーバーヒートを使えなかったエンテイブーバーブーバーン)も使えるようになり……と初代での冷遇振りなどどこ吹くといわんばかりの梃入れが行われた。この調整により、炎タイプに限らず多くのポケモンに活躍の機会が与えられることになる。


ではそんな時代のブースターの待遇はというと……

 

まず第1に、せっかく炎技にも物理依存の技ができて、なおかつ高威フレアドライブが登場したというのに当のブースターフレアドライブを覚えない(一方、唯一神ことエンテイ2010年劇場版記念で配布される個体が習得)。結果、タイプ一致物理技は威65の炎の牙止まり……さらに涙目なのは、シャドーボールが特殊依存となってしまったことで、これも没収同然。

第2に多くの炎ポケモンソーラービームを覚えれるようになったのにブースターソーラービームを覚える事が出来ない。これは炎ポケモン最終進化系ではブースターのみ。そのくせ乞いは覚えられるという仕様ゲーフリでも与えようというのであろうか……? 彼の現在の不遇は低物理耐久・鈍足という種族値バランスの悪さと、この攻撃面の貧相さの相乗効果によって生まれていると言ってもいい。

やがてプラチナが発売されると、イーブイ進化系には新技が追加された。遂にフレアドライブを覚える日が来たか? と思ったのも束の間。よりによって新しく追加された技は火炎放射より威の低い「ふんえん(言わずもがな特殊依存)」。一応三割の確率でやけどにさせることができて、かつ全体攻撃ではあるが、ブースターにとっては正直微妙としかいえない追加技であった。物理サブウェポンのばかぢからで待遇はやや善されたとの見解もあるにはあるが、果たして唯一王に明日はあるのか?

……といったに、何かと悲惨なで見られがちなブースターだが、耐久としてはそこそこ優秀な部類だったりする。
まぁ折の攻撃は何の意味も持たないが、悲しいかなこれが多分現状としては一番有効な戦術だろうか。また微妙視されてるふんえんだが、耐久なら攻撃と状態異常のばら撒きが同時にできるため悪くない……と思いたい。おかげで技スペースが一つけられるようになるかもしれない。

実際問題、HPが低くて素さもブースターにとって、フレアドライブは覚えたとしても正直使い難かったりする。
もし使うとなると一発食らって耐えてドライブして反動で死ぬ。まぁ火力だけはそこそこだが多分特性や素さの関係上炎の御三家でやったほうが強い。故にどちらかというと炎タイプ物理の先制技が欲しい今日この頃。


第5世代(ブラック・ホワイト時代)のブースター


攻撃と同時に素さが上がる炎物理ニトロチャージを習得。多くのポケモンが覚える為に差別点としては厳しいが
ブースターの弱点の一つである鈍足を補いつつ戦えるサブウェポンを手に入れた。
しかし、

・相変わらずフレアドライブは覚えない。

・第5世代では多くの四足ポケモンが新技ワイルドボルト電気物理反動技)をわざマシンで覚えるが、
 ブースターは同じブイズの中に電気タイプサンダースがいるためか覚えられない(そもそもHPの低いブースター反動技を使えば上述のようなことになりえるため、有効活用できるかといえば微妙だが)

・同タイプであり、元々上位互換に近かったウインディの待遇善により、前からあった差が更に広がった。
  前述のニトロチャージとワイルドボルトをはじめ、インファイト・じならしの習得、しんそくの強化等

・新ポケモンヒヒダルマの存在、驚異の炎タイプポケモンの登場
  ブースターを上回るHP・攻撃・素さを持ち、とくせい:ちからずくで強化されたフレアドライブをぶっ放す。

などなど、これまでの不遇ぶりが解消されないどころか、更なる不遇のを進むことになったのである。

 今作では夢特性という新要素によって、既存のポケモンには新たな特性が与えられた。これによって強化されるのではないかという僅かな希望は、かくももろく崩れ去る。ブースターに与えられた特性はこんじょう。炎タイプなのでかえんだまを持ってやけどになることはできず、自でなれる状態異常はもうどくのみ。しかもこの特性を選んだ場合は前作教え技であるばかぢからが使えないという痛い仕様がある。
こんじょう+からげんきコンボをするにしても、タイプ一致のオオスバメリングマでやったほうがはるかマシであり、更に悪い事にこれだけやっても破壊はなんと適応イーブイの最大じたばた以下

その後発売されたBW2では念願のばかぢからが教え技で復活。ようやくこんじょう+ばかぢからコンボを手に入れ、多少は他との差別化もしやすくなった。ニトロチャージを一度積めば120族までは追い抜けるため、相手を一方的に殴れるチャンスも広がった。ばかぢからのおかげで、いわタイプ相手でも止まらない。更にこんじょう発動時のばかぢからは、かのヒヒダルマをもえる火力
しかし肝心のタイプ一致物理技の最高威は相変わらずヒヒダルマにもウインディにも敵わない。


第6世代(XY世代)のブースター


ついに、ついにフレアドライブ実装! これによってネタレベルの不遇さからはなんとか脱せたと評されている。

しかし上記のように、他にフレアドライブを覚えつつブースターより強ポケモンはおり、結局「こいつでなくてもよくね?」な状況から抜け出せたとは言いがたい。

唯一王の明日はどっちだ……


唯一王動画(ββ)


特殊から引き継がれた高い特防を活かした火+守る+願い事を利用した耐久でも
結局攻撃の高さは活かせない……あとゴローニャ(´;ω;`)カワイソス


■sm1278194[ニコ動]

同じく特防の高さを活かしたブースターいらない子なんかじゃない!
火最高や!フレアドライブなんていらなかったんや!(泣)

■sm224870[ニコ動]

そしてこちらが夢の高威物理技を習得できたブースターロマンは視聴必須である。

■sm1747510[ニコ動]
■sm15849662[ニコ動]


■sm5201427[ニコ動]
■sm3942079[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/08/19 21:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ