ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


嘘をつく子供


ヨミ: ウソヲツクコドモ
掲示板をミル!
42カキコ!

嘘をつく子供とは、イソップ童話の中でも、特に有名な話の一つである。通称「オオカミ少年」として知られている。


あらすじ(多少意訳してます)


ある村に飼いの少年がいたが、飼いの仕事がとても退屈だったので、退屈しのぎに「オオカミが出たぞ!」と叫んでみた

少年の叫びを聞いた村人たちは、村の大切なを守ろうと手に武器をとり少年のもとへ駆けつけるが、そこにオオカミはいない。少年をついていたのだ。結局駄足に終わり、村人たちは帰っていった。

この様子が大いにツボに入ったらしく、別の日、少年はまたしても「オオカミが出たぞ!」と叫ぶ。当然のように村人たちは武器を持ってやってくるが、だと分かると「またガセネタかよ・・・」と思いながら帰っていった。

そんなことが何度も何度も繰り返されたため、村人たちは「あの嘘つきの言うことなんてが信用するものか」と思うようになり、しまいには「オオカミが出たぞ!」との叫びを貸さなくなった。

そんなある日、村に本当にオオカミが出現。少年は「オオカミが出たぞ!」と必死で叫んだものの、「またお前か」と少年のもとへ駆けつけなかった。当然のように村のオオカミに食べ尽くされ、この話はバッドエンドを迎える。

本によっては、「少年自身がオオカミに食べられてしまう」という終わり方もあるが、この終わり方は原作には存在しない。


教訓


一般的には、をついてると、いつかは信じてもらえなくなるよ。だからいつも正直に生きることが大切ですよ。」という解釈で、よく教訓として教えられる。幼い頃絵本とかでこんな感じに教わった人も多いことだろう。

しかし興味深いことに、原作では全く違う見方——「結局なぜ村のオオカミに食べ尽くされたのか?それは村人たちが『少年をついている』と思い込んで何もしなかったからではないか」という見方——も示されている。

つまりこの話から得られる教訓として、先入観って恐ろしいね。だから物事を見るときは偏見のないようにしよう。」とする解釈もある。


関連項目



最終更新日: 17/03/09 15:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ