ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


四式重爆撃機


ヨミ: ヨンシキジュウバクゲキキ
掲示板をミル!
12カキコ!
試作名称 67
制式名称 四式重爆撃機
最高速 537km/h
航続距離 3800km
武装 12.7mm機関×5
20mm機関×1
爆弾800kg

四式重爆撃機とは、大日本帝国陸軍第二次世界大戦中に運用した爆撃機である。
呼称は通称の「飛龍」、制式名称を略して「四式重爆」、撃機仕様のみ「靖国」とも呼ばれる。連合軍が付けたコードネームは「Peggy」

概要

本機は九七式重爆の後継として、より速く、より武装を強化したものとして1941年に三菱で開発が始まった。三菱は開発に一式陸攻良時の経験を取り入れたので本機には海軍機の血も流れている。

本機は量産された最後の陸軍爆撃機であり、当時の日本航空技術の集大成と言っても過言ではない性を有している。

特に秀逸だったのが運動であり、双発の大機でありながら非武装状態であれば宙返りなどの曲芸飛行も可と言われていたほどである。また陸軍爆撃機は総じて航続距離が短かったが、本機は三菱側の判断でその欠点を良して航続距離3800kmという、当時の日本軍機の中でもトップクラスの航続距離を有していた。

このように機体性が非常に優秀であった為、陸軍機でありながら一部の機体が改造され撃機として運用されたり、本機をベースとして75mm対を搭載した対B29迎撃機キ109も計画・少数ではあるが生産される等、かなり幅広い運用がされた。

しかし、運用開始が戦争末期であったことから実戦での戦績が少なく、あまり多くの人に知られることはなかった。

ただし本機で培われた技術は、後の0系新幹線開発に大きく貢献することとなる(0系の設計・開発者には飛龍の開発者も含まれていた)


関連動画



■sm3132672[ニコ動]


関連商品


■azB001JEZ0D8
■az4893190989


関連項目



最終更新日: 11/09/04 04:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ