ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


四日市市


ヨミ: ヨッカイチシ
掲示板をミル!
20カキコ!

四日市市 (よっかいちし)は、三重県の北勢に位置するから特例定されている。 


概要


は、三重県下最大の人口を擁し、中工業地帯有数の工業地域である。近鉄名古屋線などが通ることから名古屋市への通勤通学者が多く、郊外の団地は名古屋ベッドタウン化している(笹川団地、三重団地、台、三台、あかつき台など、西部に位置するのが多い)。一方、三重県北勢地域の中心都市であり、三重の各町、桑名市鈴鹿など近隣の町から当通勤通学する者も多い。

現在特例定されており、2005年2月7日に隣接する三重町を編入したことで人口が30万人をえたため中核移行をしているが、2007年度中の移行は断念した。

町と合併して4年後の2009年現在でも中核移行をしておらず、さらに中核を移行する日も決まっていない。

古くは、東海道宿(→四日市宿)で、伊勢神宮への分岐点となる日永の追分もある。名は四のつく日にがたったことに由来し、現在も各地でが開かれている。

四日市ぜんそくの発生地として全的にその悪名をかせてしまったが、現在は法整備や汚染防止技術向上などの対策が格段に進み、工業地帯周辺の大気状態も良好になっている。郊外には田園が広がる豊かな自然が望める。 江戸時代から蜃気楼が見られたことでも知られている。

市長田中俊行である。


地理


三重県北部に位置し、域は伊勢湾から鈴鹿山系にまで及ぶ。制施行までは、県名の由来である三重に所属。


自然



気候



隣接している自治体



歴史


明治以降


経済


明治以降、日本近代化の歩みとともに四日市港を中心に商工業都市に進展。特に高度経済成長期に石油化学が多く立地し、県下最大の工業都市に発展している。又、東洋紡績やイオングループなどの発祥の地でもある。


商業


近鉄四日市駅前が中心で近鉄百貨店アピタなどの大店の他、一番といったアーケード商店もあり、三重県最大の商業地区となっているが、近年は郊外幹線道路沿いに大店が立つ。

郊外にはイオンSCが多く出店している。また地場系SCとしてスーパーサンシ、一号舘など内本社の食品スーパーも多い。


市内に本社を置く主要企業



市内発祥の主要企業



市内に工場のある主要企業


内に本社を置く企業は除く。


交通



鉄道



道路


高速道路
一般国道

路線バス


高速バス


次へ»
最終更新日: 19/05/06 23:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社