ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


四球


ヨミ: シキュウ
掲示板をミル!
20カキコ!

四球とは、野球ソフトボールにおける記録の1つである。


概要


ボールを4球投げて打者の出塁を許すことである。当然であるが、ここでの"ボール"とは野球ボールではなく、ストライクゾーンに入らず空振りもされなかった投球のことである。

死球読みが同じため「よんたま」という読み方で区別されることもあり、死球と合わせて四死球と呼ばれる。フォアボール(four ball)と呼ばれることが多いが和製英語であり、英語では「base on balls (BB)」と呼ばれる。また、四球を選んで歩くことを俗に「walk」と言う。

なお、四球での出塁が多い選手は、以下の要因が考えられる。

ちなみに、四球はボールインプレーであり、打者走者が安全に一塁にいけるのはあくまでも一塁分の安全進塁権によるものである。すなわち、打者走者は一塁までしか行けないというわけではなく、一塁進塁直後に二塁を狙っても構わない。より具体的には、四球が暴投になっていた際に、二塁への進塁を試みても良い。

逆に言うと、四球が成立した場合、打者走者は必ず一塁に行かねばならない。2015年7月28日オリックス日本ハム戦にて、6回2死二塁の場面で代打として打席に入った大谷翔平は、敬遠された直後に一塁ベースを踏まずに代走と交代し、そのままベンチに戻ってしまった。本来、走塁放棄としてアウトが宣告されるべきプレーだったのだが、たまたまオリックス投手交代でタイムボールデッド)が掛かっていたため、その間にベースを踏むことで事なきを得ている。

打者走者ではない走者も同様である。一塁走者が3ボールからの投球直後に二塁への盗塁企画し、捕手ボールと判定された(この時点で四球が成立)球を捕球して二塁手送球し、二塁手が走者にタッチした場合を考える。走者一二塁間の時にタッチが行われてた場合、走者にも安全進塁権が発生しているためアウトにはならない。一方、オーバーランなどで二三塁間にいる時にタッチした場合、三塁への走塁意図があったと判断されアウトになる。

四球に関する公式記録

四球を選んだ打者には四球が、四球を与えた投手には与四球が記録される。

詳細は与四球を参照

故意四球(敬遠)

故意四球とは、強打者、好調な打者、投手の前の打者などとの「勝負を避ける」的で意図的に出す四球のことである。報道などでは、正式名称の故意四球より、別称の「敬遠」が使われることがほとんどである。

敬遠は、得点圏にランナーを置き、かつ一塁がいている時に不調の打者や投手といった較的得点期待値の低い打者と勝負するために出される場合に多く見られる。またアウトカウントが一死以下の場合、併殺を取りやすくする意図もある。星稜高等学校時代の松井秀喜のように、打者として強すぎるが故に戦況に関わらず敬遠が示されたり、シーズン終盤でタイトルを争う相手打者にタイトルを獲らせないために敬遠をするケースもある。

敬遠自体は立作戦であるため、基本的に批判される行為であるとは言えない。敬遠が示されると球場内でブーイングが起きることが多いが、これはブーイングする者も作戦と認識した上でのお約束程度のものが大半である。

以前は捕手がミットをストライクゾーンから大きく外す程度で敬遠が行われていたが、不用意に投げた敬遠球を痛打されたケースが複数あったため、現在捕手が体ごとプレートから離れて打者が打てない場所に投げるようにするか、捕手プレートから離れないまでも、バットが届かないくらいの全に外れたボール球を投げるのが普通である。

なお、捕手が立ちあがって全なボール球を投げて敬遠した場合のみ「故意四球」と記録される。明らかに勝負してなくても捕手が立ちあがっていなければ、単に「四球」となる。

申告敬遠

2017年シーズンよりMLBで、翌2018年にはNPBで、監督の申告だけで故意四球を認める新ルール(申告敬遠)が採用された。なお、申告制自体はMLBが最初に採用したというわけではなく、ソフトボールでは以前よりルールで(日本でも2013年から)採用されていた。

申告敬遠は投球数にカウントされない(4球加算されるわけではない)。但し、監督の申告は何時でも実施できるため、それまでに打者に投じた投球数はカウントされる。

より大きな違いとして、通常の四球はボールインプレーであるのに対し、申告敬遠はボールデッドであることが挙げられる。前述のような塁上の緊感は発生しようがなく、大に言えば野球本質を変える制度である。

MLBが申告敬遠を採用した理由は、試合時間の時短を狙ったためと言われている。打者登場時の曲の長さを制限し、走者しの時に打者がボックスから離れることも禁止し、4球投げるぐらいなら1球(死球)で済ませるという過な考えをする投手も居る、MLBらしいルールではある。しかしながら、故意四球自体が1試合でそれほど多くあるわけではないこともあり、時短効果がに見えてる形にはなっていない。


関連項目



最終更新日: 21/02/11 04:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ