ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


因幡の白兎


ヨミ: イナバノシロウサギ
掲示板をミル!
61カキコ!

因幡の白兎(いなばしろうさぎ)とは日本神話古事記の中の物語で、イケメン因幡に貰うついでに、他人(他)を騙して報復を受けた瀕死を助ける話である。

古事記では「稻羽之素菟」となっている。


詳細なおはなし


むかしむかしあるところにいたイケメン大国主命(オオクニヌシ)には、八十(ヤソガミ)という大勢(何十人規模)の兄弟がいました。何十人もをまとめて「八十」と言います。

その八十たちは因幡とか言う所にに八上(ヤガミヒメ)という美しい女がいると聞き、みんながみんな自分のにしようと思い、全員ってはるばる因幡婚のに出かけました。何故のちのち喧にならないと思ったし

  
 その際八十たちは、兄弟大国主命自分たちが嫉妬するほどイケメンで優れた人格だけどおとなし事をよいことにお供という名の荷物持ちとしてついて来させました。(八十は「さすがのイケメンも荷物持ちじゃにフラれるだろう」と思ってたとかなんとか。)
 
重い袋を一人で背負い、八十御一行に遅れて従者という名の荷物持ちとなって黙々とついてゆく大国主命は、ただそうするだけで満足のようでした。

中、先行の八十御一行が因幡は気多(けた 今の鳥取県気多)の崎を通りかかると、毛をむしられたが砂でうずくまって泣いているのが見えました。
八十たちはそれを見てを浴び、それから高い山のにでも吹かれてかしな。」と、教えてやりました。  傷口にを塗るとは正にこの事。
しかしバカさんなはすぐにつかってから山に登って寝ころびました。するとよくなるどころか、痛みはますます増してきました。当たり前です。
なす術なくが泣き悲しんでいると、遅れてきた大国主命がそれを見て「何でそんなに泣いてるの」とやさしくたずねました。
が言うには
「私はもともと隠岐の島に住んでいたです。対のこの本土へ渡りたくなったのでの中のワニを騙して、
お前と私のどっちが仲間が多いかくらべてみないKA お前仲間をみんなつれて来て、ここから向こうの気多の埼まで並べてみろ。私がその上を渡って数えてみよう』
と言ったのです。
すると、ワニはすっかり騙されて私に言った通りに並びましたので、私はその背中の上をどんどん渡って本土に近付きました。するともう一足という所で私が『うまく私ににだまされたな』とバラした口走ってしまったとたんにワニがキレて私の毛をむしってしまったのです。
それで困って泣いているところ、先ほど通られた大勢の神様たち(八十)が、『をあびて、それをかせ』と教えてくださいましたので、その通りにするとすっかり身体をこわしてしまいました。」
と言いました。自業自得
 
それでも人のできた大国主命は、
「かわいそうに。く河口へ行って、でからだをよく洗ってからの穂の粉を敷いて、その上に寝ころんでごらん。そうすればきっと毛も生えるよ。」
と教えてやりました。
が教えられた通りにするとあら不思議、毛も生えて身体は元通りになりました。
はよろこんで、「あの八十たちは全員八上婚を断られるでしょう。八上はきっとあなたさまと結婚するでしょう」と予言しました。
 
やがて八十たちは、的地に到着。八上結婚を申しこみましたが、はそれを「私は、いくら申されても、あなた方の言うことは聞きません。私は大国主命のおにしていただくのです」と一両断されました。

以上が古事記である。ワニについては「サメである」とか「ウミヘビである」とか「シュモクザメである」という意見もある。
医療の神様という大国主命のこのアドバイス日本で初めての医療だとされている。ちなみにに「河口で身体を洗え」と言ったのは河口の塩分濃度が0・9wt%、つまり生理と同程度だったからだといい、の穂の粉は今でも方に使われている。
また、これとは全く違うバージョン鳥取県八頭八頭町、かつて八上と呼ばれた場所に残っている。

天照大神が八上行幸の際、行宮にふさわしい地を探していると一匹の白兎が現れた。
白兎天照大神の御装束をくわえて、霊石山頂付近の地、現在伊勢(いせがなる)という場所まで彼女を連れていき、白兎はそこでいなくなってしまった。
その後、天照大神は行宮地の近くの御冠石(みこいわ)で見をし、そこに冠を置いた。
やがて天照大神が氷ノ山(現・倉山)の氷ノ越えを通って因幡を去る際、そこで氷の美しさに感動されてその山を日枝の山(ひえのやま)と命名された。


解説


この話は日本書紀には全く載っておらず、地方レポートの出雲土記に記述がなければ因幡土記はくなってしまったため詳細は不明。ちょろっと書いてある断片が残るのみである。じゃあこの話の出所はわからないんだ、仕方ないね

…と思ったら東南アジアインドの方でよく似た伝承がたっぷり発見された。この話は南方からの説話が伝わり、それを日本アレンジしたのもじゃないかとも言われている。どうやら陸生生物生物を騙して水上(だいたい)を渡るという話テンプレ的なものらしく、その日本版、つまりこの話はその中でもしい「を渡る話」である。


東南アジア以外の類話



おまけ知識



関連商品


■az4434108581
■az4901951378

この他にも鳥取県にある同名の銘菓がある


関連項目



最終更新日: 14/01/13 21:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ