ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


国道305号


ヨミ: コクドウサンビャクゴゴウ
国道 > 日本国:国道一覧 > 国道305号

国道305号とは、日本国道の1つである。


概要


一般国道
国道305号
基本情報
距離 194.6km
起点 石川県金沢市
終点 福井県南条越前
経由都市
石川県 野々市市白山市能美川北町小松市加賀市
福井県 あわら坂井市福井市、丹生越前
道路テンプレート

石川県福井県に跨る北陸地方国道。全長194.6kmとやや長い。

全体的に石川県では平野部を走り、福井県では沿部を通る国道で、日本海を一望出来る道路のためか、ツーリストライダーの利用が多く、観光道路の性格を持ち合わせている。福井県側では急峻なリアス式に沿うように造られているため、必然的に急カーブが多く、通る際には注意が必要である。一部の区間では河野有料道路と呼ばれる有料道路であったが2008年無料開放されている。称として「越前河野シーサイドライン」(または「越前河野しおかぜライン」)がある。なお、旧三町を舞台としたアニメ、「グラスリップ」で本線の同町区間の一部がアニメで描かれており、一区間ではいわゆる聖地化している。また、金沢市地で国道157号重複する区間も同舞台としたアニメ、「花咲くいろは」で一部描かれている。ちなみに両アニメ制作したのはP.A.Worksである。

また、1989年に発生した玉川岩盤崩落事故の現場となった路線としても知られており、バス1台が岩盤崩落に巻き込まれ、乗っていた15名全員が即死する悲惨な事故となった。現在その現場区間はとなっており、代わりに内陸部側に回する形でトンネルを開通させて再度接続している。


沿線主要観光地・主要施設


石川県

福井県


主要な道路施設


橋梁

トンネル


路線概況


石川県

石川県金沢市のむさし交差点から端を発する。この交差点は国道157号国道159号国道249号の起終点でもあり、合計4路線、金沢駅前通りも合わせると5路線と接する交差点である。金沢野々市小松までは国道157号国道8号重複する。ちなみに野々市市三日交差点~白山市東交差点までは両線が重複する三重路線であるがおだんごは今のところ設置されていない。

国道8号としばらく重複したまま石川県最大の、手取を渡り、川北町から能美市に入る。そして能美市長野西交差点で一旦国道8号と袂を分かち、小松市地方面へ。ここから一時単独区間となる。この交差点もかつてはしい交差点で、小松バイパスが出来る前は6方向の道路と接する交差点であった。現在は整備されているが、名残がいくらか残っている場所がある。

ガスト小松店・ヤマキシホームセンター小松店付近で小松市に入り、地へと入っていく。イオン小松店過ぎると、左手こまつ自動車学校が見えてき、すぐ前には小松を代表する、梯がある。この梯は勧進帳の舞台で有名な安宅の関趾の付近に流れ着く。梯を渡るといよいよ地中心部に入っていき、アル・プラザ平和堂小松店などが立ち並ぶ。交差する道路は、昔はクランクがある道路や狭小路など昔ながらの道路だったが、現在北陸新幹線関連の整備で拡幅、クランク解消されている。ただし、地中心部に行けばクランクが残っている道路もある。

アル・プラザ平和堂小松店付近で交差する国道360号、後述の町交差点で交差する石川県25金沢小松線は小松駅付近を通るで、脇にはかつて小松市に本社を置き、いまや世界的大手重機メーカーとなった「KOMATSU(コマツ)」の小松支社や2014年4月オープンしたこまつこまつサイエンスミュージアムがある。

町交差点には、一変わった信号が設置されており、信号の部分がなぜか2つ(普通の信号の信号の上に信号のライト)が付けられている。これは、国道があまりにも直線なため、前後の信号と間違えないようにしているためである。

今江北交差点付近で加賀の一つである木場潟が見え、車窓から一望ができる。この木場潟に隣接する木場潟公園で、2015年5月に全祭が開催予定であり、北陸新幹線開業と並行して石川県小松市が総を上げて準備と公園の整備をしている。ちなみに木場潟公園の場所はこの国道からだと対の場所にある。

石川県温泉郷の一つ、温泉郷を抜けると加賀市宮町付近で再び国道8号と合流する。なお、小松バイパスが出来る前は、前述の大長野西交差点からここまでは、かつて国道8号であった。が、小松市地の慢性的な渋滞がひどかったため、小松バイパスが建設されて国道305号に切り替え定、今に至っている。

重複したまま加賀市地を通り、加賀市瀬交差点(国道8号国道364号交点)で国道8号と別れて、再び単独区間になる。北陸本線えると加賀市役所、大聖前を通る。大聖地のメインであり、特急は数本しか止まらないが乗り降りする市民は多い。なお、加賀市メイン加賀温泉駅である。なぜこんなややこしいことになった理由は「加賀温泉駅」の記事を参照。
大聖前を過ぎたあとは、現在移転問題で揺れ動いている加賀市病院が進行方向右付近にあり、その手前に県立加賀高校がある。高校の裏手に錦公園があり、その先には北陸自動車道が見えてくる。
北陸自動車道をくぐった後は大聖に沿って通る。そのあとは、加賀ICまで行く石川県61加賀インター線と交差し、その先で福井県に入る。

福井県

福井県に入ると、福井県北部にある北潟を沿うようにを通っていく。この北潟は三方五の三方に次いで県内3番に大きなである。ではあるが、加賀市西南端にある屋漁港と繋がっており、汽に分類される。
北潟を抜けたあとは、あわら地中心部に入っていき、第三セクターえちぜん鉄道と並行する。(並行するが、200mくらい離れているため、三神社付近で交差するまで電車を見ることができない。)
そして、坂井市に入ると三競艇で有名な三競艇場と福井県遊園地の1つ、ワンダランドが見えてくる。規模はそれほどでもなく、CMで有名な芝政ワールドの10分の1くらいである。ちなみにそのしぃばぁっまっさぁっww!!/芝政ワールドワンダランドの裏手、500mほど先にある。また、後述のグラスフリップ放映中にたびたびCMで流れ、一時注を集めた越前松島水族館も裏手にあり、こちらは本線と交差する福井県7号線をなりに行くとたどり着くことができる。さらにその先へは、休暇村越前やあの有名な東尋坊へ行くことが出来る。

坂井西警察署付近で一旦南下、三神社付近でえちぜん鉄道を渡る。再び西へ向けると旧三地に入っていく。この付近ではアニメ「グラスフリップ」の舞台になっており、たびたび登場する町の全体展望図で本線も少し描かれている。トラで九頭河口付近を渡り、しばらく進むと福井県最大の球技場であるテクノポート福井スタジアムと道の駅みくにが見えてくる。

両施設を過ぎ、柳原交差点(国道416号交点)を過ぎると、いよいよ越前の沿部沿いに突入する。リアス式由来の急峻なワインディングロードになっており、南越前町の河野交差点までひたすら沿部を通り続ける。

沿部周辺は自然観光地に富んでおり、国道305号で一番の玉スポットである呼門や越前岬、沿線に流れる足見玉川観音などがある。また、越前水仙が咲く地としても知られており、日本三大水仙群生地に数えられ、専門の自然博物館などが整備されている。
また、歴史分野においても色濃いスポットがあり、北前船として知られる江戸時代に頻繁に運航した今で言う物流船や、源頼朝から迫を受け平泉に逃れる際にこのを通ったとされており、両者に関する資料館や史跡が点在している。

また、2014年11月15日道の駅越前越前町内の沿線に開業し、新たなスポットが誕生している。

越前町の北前船の館を過ぎたあとは、河野交差点に到達する。ここで、国道305号は路線は二手に分かれて定されている。
直進してひたすら沿を通り、敦賀市方面へは、前述の概要で少し触れた河野有料道路であり、2008年無料化された。代わりに称として「越前河野シーサイドライン」が名づけられている。
左折して国道8号と立体交差し、南越前南条付近へが元来の国道305号であるが、この先はもともと「分断国道」(山や河川があることが原因で未だにトンネルなどが通っておらず、がなく行き止まりの区間がある国道)の1つであり、「まぼろしの北陸道」と別名が付いていた。しかし、2013年11月4日にホノケ山トンネルが開通し、現在は通行可である。ただし、現から新たに分岐して新を作って通しており、分岐点から先の旧区間も現在国道定されたままになっている。こちらは引き続き行き止まりなので要注意。


次へ»
最終更新日: 15/01/10 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ