ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


国道359号


ヨミ: コクドウサンビャクゴジュウキュウゴウ

国道359号(こくどう359ごう)とは、富山県石川県に跨る国道である。


概要


通称“サンゴク”と呼ばれる国道で、富山県富山市南部富山地鉄富山駅付近にある掛尾交差点から端を発し、石川県金沢市地のむさし交差点で終点となる。
国道8号バイパス、及び裏ルート的な性格を持つ国道で、国道8号石川県の交通の要衝である津幡町を通過してから富山県に抜け、富山西部の大都市である高岡平成の大合併で現在は消滅した旧新、旧福岡町を経由して富山市北部を通るのに対して、国道359号は、金沢市内からそのまま富山県に抜けて、小矢部、砺波、を経由して富山市南部地外縁部を通る。北陸自動車道とほぼ並行したルートを取っており、国道8号に対して富山金沢を一直線に結ぶ。

全体的に整備された快走路ではあるが、国道8号と並んで常時交通量が多く、ひどい時は渋滞が発生する。また、石川-富山県は医王山系のやや急峻な山岳地帯になっており、その中の内山付近はかなりのアップダウンがあるので注意。怖いなと思ったらエンジンブレーキを使ったほうが難である。

現在、砺波内に砺波東バイパスが整備中であるが、いまだ一部供用のため現には復帰できない。また地図を見ると現バイパスを回するように通っており、少し迷いそうな線取りである、旅行で初めて通る方は注意が必要である。


関連動画



■sm5118962[ニコ動]

■sm2033290[ニコ動]
■sm12943564[ニコ動]
■sm13151223[ニコ動]


関連コミュニティ


■co6
■co7800


関連項目



最終更新日: 14/09/24 21:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ