ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


土井利勝


ヨミ: ドイトシカツ
掲示板をミル!
2カキコ!

土井利勝1573~1644)とは、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将である。


概要


徳川家康臣団では若い世代であり、どちらかと言えば徳川秀忠の側近としておなじみの人物。大炊頭。

臣団の中では外様に位置し、そのなかでもかなり身分の低い出自だったので、その後のとんとん拍子な出世を裏付けるために、出生は様々な伝説られている。水野信元の子供ともいわれるが、その中でもとくに有名なのが徳川家康の隠し子、というものであり、明治維新後の『土井譜』などでは公式設定とされてしまった。

結局彼の出自を裏付ける資料がないためはっきりしたことは言えないが、7歳にして徳川秀忠のお付となり、関ヶ原の戦いでは一軍の総大将となっている。慶長7年(1602年)には下総小見一万石のとなり、この年には従五位下として秀忠付きの宿老となった。

慶長15年(1610年)には幕府老中職となり、江戸城搦手の守護のため、佐倉城の築を始める。大坂の陣の功績で所領は14万石に達し、家康没後に日光東照宮建設を差配するなど、初期江戸幕府の幕政のを取り、基礎固めをしていく。その後大名統制策の一環としてか、土井利勝は土木建築揮していき、上野寛永寺、芝上寺などを建立していく一方で、江戸城の拡工事なども行っていく。

その後、加藤忠広易や徳川忠長の処分にも関わったとされる土井利勝であったが、寛永14年(1637年)についに病で倒れてしまう。原の乱には病床で対応したが、寛永15年(1638年)には酒井忠世に老中が替わり、同時に徳川家光から大老の称号が与えられた。こうして引退し、養生していた土井利勝だったが、寛永16年の江戸城火災で復帰。再建工事の揮を執る。そして 寛永20年(1643年)の李氏朝鮮からの使節への対応を最後に、翌年亡くなることとなった。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける土井利勝の力一覧。

どちらかというと江戸時代の幕閣のため、全な政治屋である。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 108 智才 146 政才 172 73 野望 70
将星 戦闘 48 智謀 87 政治 89
烈風 采配 28 戦闘 21 智謀 72 政治 84
世記 采配 10 智謀 61 政治 74 野望 54
蒼天 統率 10 知略 65 政治 79
下創世 統率 10 知略 65 政治 78 教養 73
革新 統率 13 武勇 16 知略 73 政治 87
統率 13 武勇 16 知略 73 政治 87
創造 統率 22 武勇 34 知略 71 政治 85

関連項目



最終更新日: 19/09/02 22:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ