ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


在アルジェリア邦人拘束事件


ヨミ: ザイアルジェリアホウジンコウソクジケン
掲示板をミル!
79カキコ!
予定された出来事 この記事は、現在進行中の事件・事故を取り扱った記事です。
新しい情報を入手した場合は随時追加してください。

在アルジェリア邦人拘束事件(ざいアルジェリアほうじんこうそくじけん)とは、2013年1月16日に発生した拘束事件である。


概要


アルジェリア南部のイナメナスにある日揮など多籍の企業が共同で運営する天然ガス関連施設で、邦人を含む多籍の駐在員数十名が拘束された。犯行明を出したのは、アルカイダ系武装勢テロ組織、「イスラム・マグレブ諸アルカイダ」(AQIM)の下組織、イスラム戦士血盟団(リーダー:モフタール・ベルモフタール氏)

同組織は、人質を担保にフランス軍のマリへの軍事介入の停止を要。ちなみに、マリフランスの旧植民地で、アルジェリアの南西部にある。

しかし、アルジェリア政府は関係政府が反対や自粛を要請する中(日本イギリスアメリカなど)、アルジェリア軍を突入させた。

突入後、「人質14人救出した」、「人質と武装勢が数十名死傷した」などと、各メディア報道し、情報が錯綜

この影で、安倍首相東南アジア外遊を一部キャンセルし、帰めるなどの対策をとった。また、官房長官が18日未明に行われた記者会見で、現地の大使レベル情報収集、アルジェリア政府への連絡・要請をすると発表した。

24日、政府日本人10人の死亡を確認し、当初の行方不明17全員の安否が判明した。
しかし、他の外国人の安否などは、未だはっきりとした情報は発表されていない。


事件の背景


なぜアルジェリアマリへの軍事介入の停止をめてアルカイダによるテロが起こるのか、理由がつかめない人も多いと思うため、簡単に解説する。

鍵は、ニジェール、マリアルジェリア、ブルキナファソ、リビアなどにまたがって居住するトゥアレグ族である。
天然ガス田のあるイナメナスも、トゥアレで山頂という意味で、トゥアレグ族の居住地域にある。

彼ら(の一部)は独立め、マリ北部を拠点に反政府武装闘争を行なっていた。
リビア内戦にも参加し、経験豊富で優れた武器を持つ彼らは有利に戦闘を進め、マリ北部を制圧した。
これに不満を抱いたのは軍だった。マリは、1968年から1992年まで、クーデターによる軍事独裁国家であり、軍に大きな権限があった。軍は、政府軍事予算を増やさないのが苦戦の原因であると考えたのである。
2012年、軍によるクーデターが起こり、政府は解散させられたが、マリ内が混乱する隙に、トゥアレグ族は厳格なイスラム法に基づくイスラム原理国家の設立を宣言してしまう。

トゥアレグの武装勢は、同様にイスラム原理義であるアルカイダ系のテロ組織とも繋がりが深く、文化財の破壊なども行なっている。
困るのはフランスである。フランス語が話せるものも多い旧植民地テロリストの拠点となれば危険性は明らかだし、現地に進出しているフランス企業も大きな打撃を受ける。
そこで2013年フランス軍事介入を決定し、マリ軍と共同でトゥアレグ武装勢に対する攻撃を開始した。

これに対して、イスラム原理国家立を助けようというのが、テロリスト的なのである。


関連動画



■sm19859093[ニコ動]

■sm19857153[ニコ動]
■sm19857131[ニコ動]
■sm19857100[ニコ動]


関連放送


lv123817644 lv123093021 lv123009181 lv122226805 lv123068919 lv122980233 lv122964363 lv122954822 lv122874636


関連商品


■az4560058571
■az4560509662
■az4575293318
■az4384035691


関連コミュニティ


■ch2525


関連項目



最終更新日: 13/01/25 22:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ