ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


地熱発電


ヨミ: チネツハツデン
掲示板をミル!
34カキコ!

地熱発電は地中にある地熱エネルギーを利用し発電する方法である。太陽光発電風力発電と同じ再生可エネルギーのひとつである。

[画像を見る]
地熱発電所の例

概要


火山活動などで蓄えられた地熱から発生した蒸気を利用し蒸気タービンを回すことで発電を行う。太陽光発電風力発電と違い、安定的な電を得られるという利点を持っているためベースロードとしての利用も可になっている。しかも火力発電よりも二酸化炭素排出量が極めて少なく燃料を必要としないことから、とても環境に優しい発電法として注されている。


日本における地熱発電


日本国には多くの火山があることからこの地熱発電の大規模利用が考えられている。

ただ、日本では建設補地が大抵国立公園などに定されていることからなかなか開発が進まない状況にある。日本は世界3位の地熱資源大国なのに発電所建設が進まなかった3つの理由[外部] 2019.5.14

ちなみにたま~に小さい地震を誘発することがある。


種類



フラッシュ発電


井戸からくみ上げた熱と蒸気を気分離器に入れて蒸気だけをとりだして発電する方法。一般的にシングルフラッシュ発電とダブルフラッシュ発電(熱をもう一度フラッシュさせて蒸気と一緒にタービンへ送る方法)に分けられる。日本では前者の方が流。


バイナリー発電


の熱を熱交換器により低沸点の媒体に移して、発生した蒸気を利用して発電する方法。


高温岩体発電


蒸気や熱を自分で発生させるほど圧が高くない高温岩体を利用した発電方法。仮に深さ3km・温度250度以上のところにある高温岩体にを注入して人工的に熱を作って利用すれば2900万kwの発電が可になると言われている。現在秋田県の雄勝で実験が行われている。注入したの量に対して、取り出せる熱の量や蒸気の量が地域によって異なることが課題だと言われている。


マグマ発電


マグマ溜まりに注して発電する方法。高温岩盤温度200~300℃なのに対して、マグマ溜まりの温度600~1300℃くらいであるため結構な発電量が見込めることができる。予想資量は60億kW。現在日本の電需要のおよそ3倍をまかなうことが可になるといわれている。しかもかなりエコ原子力よりも)。ちなみに開発には半世紀ほどかかるとか。


関連動画



■sm14556920[ニコ動]

■1305278753[ニコ動]
■sm14561609[ニコ動]


関連商品


■az4894232472
■az4434142046


関連項目



最終更新日: 19/07/06 17:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ