ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


坂の上の雲


ヨミ: サカノウエノクモ
掲示板をミル!
179カキコ!

坂の上の雲とは、司馬遼太郎歴史小説である。

またこれを原作として、NHKにおいて2009年から2011年まで大河ドラマ最終回後に放映されたNHKスペシャルドラマでもある。ここでは後者を中心に述べたい。


作品の時代観


まことに小さなが、開化期を迎えようとしている。

小さなといえば、明治初年の日本ほど小さなはなかったであろう。
産業といえば農業しかなく、人材といえば三年のあいだ読書階級であった旧士族しかなかった。
明治維新によって日本人は初めて近代的な「国家」というものをもった。

たれもが「民」になった。

不慣れながら「民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者として、その新鮮さに昂揚した。
この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。
社会のどういう階層の、どういうの子でも、ある一定の資格をとるために必要な記憶と根気さえあれば、博士にも、官吏にも、教師にも、軍人にも、成り得た。

この時代の明るさは、こういう楽天義(オプティミズム)から来ている。

今から思えば、実に滑稽なことに、コメの他に要産業のない国家の連中は、ヨーロッパ先進国と同じ軍を持とうとした。陸軍も同様である。 財政の成り立つはずがない。

が、ともかくも近代国家を作り上げようというのは、元々維新成立の大的であったし、維新後の新民の少年のような希望であった。

この物語は、その小さなヨーロッパにおける最も古い大の一つロシアと対決し、どのように振舞ったかという物語である。主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれない。が、ともかく々は三人の人物の跡を追わねばならない。

四国は、伊予松山に三人の男がいた。この古い下町に生まれた秋山は、日露戦争が起こるに当って、勝利不可能に近いと言われたバルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、それを実施した。その秋山好古は、日本騎兵を育成し、史上最強騎兵といわれるコサック師団を破るという奇跡を遂げた。もう一人は、俳句短歌といった日本の古い短形に新を入れて、 その中の祖となった俳人・子規である。

彼らは明治という時代人の体質で、前をのみを見つめながら歩く

上って行く坂の上のに、もし一朶のいているとすれば、
それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。

                                                                        NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」 冒頭


あらすじ


物語舞台となるのは明治時代。明治維新を経た日本は「近代国家」として歩き出し、日本人の「領民」から「民」となった。そして1868年を物語の始まりとし、四国は、伊予松山出身の三人の男を主人公とし、物語は進む。

主人公となるのは、日露戦争において、世界最強と言われたロシア帝国軍のバルチック艦隊を壊滅する作戦を立て、日本海軍の名将と謳われた秋山。そして、之のであり、日露戦争において、史上最強騎兵と言われたロシア陸軍のコサック師団を撃破した日本陸軍の騎兵秋山好古。そして、俳句短歌といった現代につながる日本文学の中の祖となった俳人、子規である。

そして彼らの青春時代や壮年時代、子規の死を経て、物語日露戦争へと突き進む。

なお、原作においては文庫版全八巻のうち第三巻の半ば(交断絶、宣戦布告)から第八巻(秋山兄弟の死)に至るまで五巻にわたって児玉・東郷・木を三名を中心とした日露戦争および大日本帝国陸軍軍のことを述べており、日露戦争の代表的小説と呼んでも過言ではない。

なお、ドラマ版では同じ著者、司馬遼太郎の「殉死」を採用しているシーンもある。


登場人物


以下はドラマ版の出来事を中心に述べる。


主人公


秋山(あきやま さねゆき 1868-1918) 演:本木

主人公ドラマにおいてはメイン主人公)の一人である。幼名は五郎じゅんごろう)であり、知り合いからは「さん」と呼ばれている。ドラマ版においては、彼の出生から物語が始まる。少年期にかけては悪がきであった。しかし、中学校中退した後においては、英語が高かったり、東大予備門の試験の法則を推測したりするなど、学才はあるとも言える。経済支援の下、松山中学校中退後、上神田の共立学校において英語等を学び、東京大学予備門に入学する。しかし入学後は、自分のに苦悩し、最終的には予備門を中退から自独立し、生計をなす為に、軍兵学校入学卒業後、巡洋艦の航士(その当時の階級は少尉)として日清戦争に出征。部下の戦死など苦難を乗り越えて、武官としてアメリカに留学。戦術参謀として、さまざまなことを学ぶ。その後、任地を変えイギリスに向かうところで第一部は終わる。(第一部終了時点で大尉) 

第二部では、イギリス駐在武官として軍と深く接することとなる。その後、少佐に昇進し、大学校の戦術教官となる。第一部において自らのが結果として、部下の戦死を招いたことにより「一番犠牲が少なく、敵を撃破する作戦が良い」というモットーを持つ。晩年の子規のもとを見舞い、子規の死を知った時は、子規を出た子規のを、葬列の外からただ見守った。その後、腸を患い入院し、後に妻となり一度面識のあった稲生季子が見舞い、戦術の話をした。後に季子と結婚し、日露戦争勃発直前に順艦隊の侵攻を防ぐため、連合艦隊参謀として佐世保から出征する。出征後、同僚の有馬の講ずる閉塞作戦に対して、犠牲が多すぎると反対するも、閉塞作戦は実施された。閉塞作戦を実施する以上、之は犠牲を少ない策を講ずるなど訂正を加えたものの、二回に及ぶ閉塞作戦は失敗。大学校の先輩広瀬の死に対し涙を流した。広瀬の戦死の直前、アリアズナ宛の手紙を受け取っており、その手紙を中立経由で、アリアズナの元へ送った。(第二部終了時点で少佐

第三部においても、連合艦隊参謀(この時の階級は少佐)として東郷のもとで働く。上記の閉塞作戦失敗により、順艦隊を追い出すことも撃沈させることもできなかった。順艦隊とバルチック艦隊の合流の可性が出てきたため、これを阻まんと画策する。陸軍将校との会談において、順要塞を重視する陸軍に対して、順要塞は堅であるから、ロシア艦隊を追い出すために二〇三高地を攻めてほしい、と提言するも陸軍からは順の占領が最優先として却下される。この後、第一回順総攻撃で、陸軍第三軍が6日間で1万6000人の大な死傷者を出した上に、要塞が攻略できなかったと知るや激怒した。前述で述べたとおり、劇中において彼は「一番犠牲が少なく、敵を撃破する作戦が一番良い」という理念を抱いており、大な犠牲者を出したにもかかわらず乏しい戦果しか揚げられない地知ら参謀を中心とした陸軍首部に対して怒り狂った。そして昂のあまり、部下に「陸軍将官に進言する為に、上陸艇を出せ」と怒鳴り散らすと、聞きつけた参謀長・島村速雄少将に殴りつけられ「敵を見間違うな」と諭される。その後、陸軍が二〇三高地に攻撃拠点を移すと、「ようやってくれた」と感謝している。しかし二〇三高地を占領後に敵に奪取され、部下が陸軍の作戦を「そろそろ攻撃中止作戦が出る頃だ」などと他人事のように評すると、「どんなに犠牲が出ても二〇三高地は落とさねばならん」と、部下に掴み掛かり激怒した。この怒りは陸軍軍の問題のみならず、日本の存亡という命運をかけた戦いであることを熟知した彼であるからこそ言える言葉である。満州総攻撃の終結後、昇級し中佐となる。そして自宅のある青山久々に帰宅し、妻と、滞在していた義・姪・甥・と再会する。

以下の日本海戦の終結後、亡きと対面する。そして今まで多くの人々の死を見たことで、出して戦没者を弔いたいということを泣きながら季子に言った。それから数日後、亡き子規の墓参りに行った。

そして・好古と故郷を訪れ、釣りをするシーンでは「お前はようやった。ようやったよ。」という言葉をから受ける。

1918年2月4日、盲腸の悪化による膜炎により病没。享年49。最期の言葉は「みなさんお世話になりました。あとはひとりで逝きますから」であった。

<第三部(1905年)以降における連合艦隊および之の行動(東郷らも含む)>

1905年2月20日に、バルチック艦隊撃滅のため佐世保より連合艦隊参謀として出征する。この時、連合艦隊中枢部においてはバルチック艦隊について「対馬経由」か「津軽峡経由」かで揉めており、艦隊を対馬から津軽に移すことを検討していた。実際、バルチック艦隊は遅れていた。そこで亡が遺した「短気は損気。急がば回れ。」という言葉を思い出すが、耐え切れず業を煮やした。最終的に、東郷・島村らの提言で対馬に待機することに合意し、その翌日の5月28日バルチック艦隊が対馬に出現。そこで大本営への電信の際に「本日朗ナレドモ波高シ」の一文を加える。そして東郷とともに三笠の艦上で決戦に挑む。そして敵前で大回頭を行い、弾が炸裂する中で自らの提案した「丁字戦法」の戦果を確認することとなる。

之の丁字戦法は、之が独自に考案した策であった。丁字戦法は、簡単に言えば「─」に並んだ戦艦が、「│」に並んだ戦艦を前から順に集中火させることで。しかし船が戦法のために旋回する時間は、ほぼ防備状態となり、敵にとっては静止同然の的を射撃するとたとえられるほどデメリットがあり、作中においてもその点が描かれた(約10分間射撃できない状態となり、バルチック艦隊のロジェストヴェンスキーからは「の10分」とまで呼ばれた)。しかしながら最終的には、連合艦隊側にもバルチック艦隊の撃により死傷者が出た。しかしロシア兵にべれば被害は格段に少なく、バルチック艦隊側は30隻以上が集中火の巻き添えとなり炎上・大破あるいは沈没し、計り知れないほどの死傷者が出た。負傷したロジェストヴェンスキーに代わり、ネボガトフが揮をとることとなった。ネボガトフは現在の惨状を考慮し、降伏を決意した。そしてバルチック艦隊側は撃を止め、旗を掲げた。しかし前進をやめず、大砲連合艦隊にむけていることから、東郷が撃を続行させた。その後、前進をやめたことろで東郷は「撃中止」を命じた。そして調停のため、之がバルチック艦隊の旗艦に移動する。その際、焦げになった敵の旗艦の中で、横たわるロシア兵の遺体に手を合わせた。そしてネボガトフから降伏する旨を伝えられ、ネボガトフの要により、沈没したバルチック艦隊の軍艦の名前をすべて教えた。

秋山好古(あきやま よしふる 1859-1930) 演:阿部寛

主人公の一人。之の(三)。幼名は三郎(しんざぶろう)であり、知り合いからは「信さん」と呼ばれる。五郎之)の出生時経済的な貧しさからが寺にやるしかないと言ったとき、「おっつけウチが勉強してな、豆腐ほどの、こしらえてあげるけん(ドラマ版)」と言いを説得し、之が寺に行くのを阻止した。その後、風呂屋で働きながら勉強し、小学校教員、大阪の師範学校を経て、陸軍士官学校騎兵科に入る。それ以後、之の学費を経済的に援助する。上記の台詞からわかるように、身辺を単純明快し、質素な生活を好み、また之にもとして厳しく叱励する。福沢諭吉を敬愛し一身独立して、一独立す。」(学問のすゝめ)という言葉を、座右の銘に掲げる。後に陸軍大学校を経て、久(旧松山)当・久定謨(ひさまつ さだこと)の従者として、フランス留学をすることとなる。当時、日本陸軍ではドイツ式が流であり、フランスに留学することは、昇進を諦める事に等しかったと言われる。しかしながらフランスの留学を通し、フランス騎兵の機動性が、ドイツ騎兵に勝ることを知った。後に陸軍本部は、好古の留学の諸経費を官費とした、すなわち好古は騎兵について学び、日本騎兵の育成を任せられるという大命を担うこととなった。そして騎兵隊長(この当時の階級は少佐)として日清戦争に参戦。その後に陸軍乗学校長に任じられる。(第一部終了時点で陸軍大佐

第二部においては、北清事変にも出征し、この時に清国民に対して暴行や殺、略奪を行うロシア兵に対して、憤りを感じた。その後、清国駐屯軍守備官となり、清国軍の有者・袁世凱と会談するなどした。その後、陸軍少将として千葉県習志野にある騎兵第一団長になる。日露開戦直前にロシア側から戦意喪失のために招待され、その意図を察しながらもロシアを訪れる。視察後にロシア騎兵腕相撲などで戯れ、「互いに勇敢に戦おう」と宣言した。出征前、之だけに名刺の裏で書いた「這回の役 一家全滅すとも恨みなし」という気概を示した。(第二部終了時点で陸軍少将


次へ»
最終更新日: 16/02/23 18:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ