ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


坂口征二


ヨミ: サカグチセイジ
掲示板をミル!
2カキコ!

坂口征二は、かつて「世界の荒鷲」「ビッグ・サカ」の異名を誇った元プロレスラー現在新日本プロレスの相談役で、IWGP実行委員会の一人でもある。

プロレスラー/格闘坂口征夫長男俳優坂口二は次男である。


概略


アントニオ猪木に次ぐ、昭和新日本プロレスを代表する往年のスター選手。
前身は柔道(五段)であり、1965年リオデジャネイロ世界柔道選手権では、80kg級で銅メダルいた。ちなみにオリンピック出場経験はい。

1967年日本プロレスに入団。海外修行中は「ビッグ・サカ」のリングネームNWA地区を転戦。帰後は、ジャイアント馬場アントニオ猪木に次ぐ大スター選手として人気を博す。クーデター騒動で猪木が追放されてからはB.Iに代わるタッグチーム東京タワーズ」として馬場パートナーとなり、その馬場全日本プロレス設立のため日プロを離れると、エースとして団体を引っった。

1973年4月新日本プロレスに移籍。坂口の合流を受けてNET(現・テレビ朝日)が新日本プロレステレビ中継をスタートした。これが現在まで続く「ワールドプロレスリング」の始まりである。

新日本プロレスに移籍後は、団体のナンバー2として猪木サポートシングル王座は北ヘビー級を獲得する程度で猪木にはおよばなかったが、タッグ戦線ではストロング小林長州力パートナーに北タッグ王者として活躍した。特に小林とのタッグは「パワーファイターズ」として多くの強と死闘を繰り広げた。

1989年新日本プロレス社長に就任すると、リングからは遠ざかるようになり、1990年3月15日スコットホール&コーポラル・マイクカーシュナー(のちにWINGでレザーフェイスとしてブレイク)戦で現役を引退した(パートナー木村健悟)。2003年に一時復帰したが、現在全にリタイアている。

社長業としては東京ドーム行やG1 CLIMAXなどの大会を成功させ、90年代プロレスブームの火付け役となる。ジャイアント馬場との仲も良く、二度ドーム行に鶴田天龍などの全日本プロレス勢が出場したのは、坂口馬場に働きかけたからだと言われている。

2018年現在、御年76ながら週3回のトレーニングは欠かしておらず、身長194cm(おそらく加齢で若干縮んだか)・
体重121.9kgの屈強な体は衰えていない。


黄金タッグと東京タワーズ


現役時代は気性の荒いアントニオ猪木のよき夫婦役といったイメージが強いが、日本プロレス時代に結成した、209cmを誇るジャイアント馬場との長身タッグ東京タワーズ」も当時人気を博した。また猪木とのタッグは『コンビ』と呼ばれ、解消に至った後も90年「スーパーファイトIN闘強導夢」にて復活し、橋本真也の『時は来た』発言を引き出すなど後続に影を与えた。


得意技


196cmの巨体から繰り出されるダイナミックな技の数々は荒鷲殺法と呼ばれた。
反面、爆弾を抱えており、現役時代はへの負担に配慮した技が多かった。また柔道らしいキレのある一本背負い、裸締めことスリーパーホールド、基本技である逆エビ固めなども好んで使った。


関連動画



■sm17213141[ニコ動]

■nm11015313[ニコ動]

「燃えよ荒鷲」が一番知られている入場曲。初代入場曲はJohnny Pateの「Shaft in Africa」らしい。

  ■sm20418795[ニコ動]
■1373958709[ニコ動]


関連商品


■azB002WVOHCW


関連コミュニティ


■co285458


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/05/07 20:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ