ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


垂仁天皇


ヨミ: スイニンテンノウ
掲示板をミル!
2カキコ!

垂仁天皇


(すいにんてんのう 紀元前69年1月27日708月8日)とは、第11代天皇である。

治世時には相撲と発祥とされる死闘が行われた他、死後に殉死を禁止して埴輪を埋めるようにした開明的な人物だったとされている。

在位:紀元前29年2月4日708月8日


概要


崇神天皇と御間命(みまきひめのみこと)の間に第三皇子として生まれる。

崇神天皇がみた夢により立太子され、崇神天皇がお隠れになられると即位した。

即位5年の紀元前25年、強と蹴り技の名手として大和にその名をかせていた当麻蹴速(たけまのけはや)と、垂仁天皇が出雲から召し寄せた野見宿(のみのすくね)を対戦させた。両雄の突はしいけたぐり合いとなった結果、野見宿が当麻蹴速のを踏み折って勝利した。この死闘が相撲の起とされている。

即位28には殉死を禁止するを発し、即位32に二人皇后日葉媛命(ひばすひめのみこと)が薨去した際は、野見宿の進言をいれて埴輪を殉死者の代わりに埋葬した。

即位35には各地にて治を行って農業を振させ、99年の治世の後に140歳(古事記では153歳)でお隠れになられた。

垂仁天皇と言う諡号は、諡号を持たない神武天皇から元正天皇までの44代(弘文天皇と文武天皇を除く)に対して、奈良時代の文人「淡三船」が諡号を一括撰進して以降呼ばれるようになったもので、古事記では久米理毘古伊佐知命(いくめいりびこいさちのみこと)、日本書紀では活五十狭茅尊(いくめいりびこいさちのみこと)と呼ばれている。


古事記に残る悲劇


殉死を禁止し、農業を振して開明的な君と言われる垂仁天皇だが、古事記にはひとつの悲劇が記されている。

垂仁天皇の最初の皇后狭穂命(さほひめのみこと)は、ある日実である沙本毘古王(さほひこおう※日本書紀では狭穂王) から、

お前にとって夫と私のどちらがおしいのか

と問われ、狭穂命は

の方がおしい

と答えた為、実から垂仁天皇を暗殺するように命じられた。

しかし狭穂命は垂仁天皇も同等に愛していた為に殺すことが出来ず、垂仁天皇の予知夢を告げられた狭穂命は、暗殺未遂の件を伝えて実のもとへと去って行った。

暗殺者となった皇后を討伐せざるをえない垂仁天皇だったが、狭穂命を愛していたこと、そしてそのおのなかには愛しい子がいた事もあり、派遣した討伐軍に皇后と子の身柄を確保するように命じた。

討伐軍をおくられた沙本毘古王皇后とともに籠したものの敗れ、炎上する猛火の中で狭穂命は一人の皇子を出産した。

垂仁天皇が派遣した兵士は、皇子を引き渡そうとする狭穂命をともに連れ帰ろうとするもかなわず、皇子に誉別命(ほむつわけのみこと)と根づけるが良いでしょうとの言葉を残し、燃え盛る炎の中でに殉じた。


関連動画



■sm8014240[ニコ動]

■sm4126691[ニコ動]


関連商品


■az456966704X


関連チャンネル


■ch1254


関連項目


10代 11代 12代
崇神天皇(すじんてんのう)
紀元前97~紀元前30
垂仁天皇(すいにんてんのう)
紀元前29~70
景行天皇(けいこうてんのう)
71130

最終更新日: 13/01/08 11:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ