ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


埋没費用


ヨミ: マイボツヒヨウ
掲示板をミル!
87カキコ!

「埋没費用」とは、事業や品物に投資したお金のうち、どうあっても取り返せないものを言う。経済
サンク・コストsunk cost)ともいう。Wikipediaによる説明はこちら[外部]
要は「どこで見切りをつければ一番損をしなくて済むか」という話である。


概要


【具体例その1】

とあるゲーム(仮に価格¥6,000とする)が発売になったが、それがあまりにもつまらない場合、すぐにゲームを打ち切るか、それともゲームを続けるかが問題になる。

ゲームをすぐに打ち切った場合、最初に払ったゲーム代¥6,000は帰ってこないが、すぐに中古屋に売ることで(仮に¥4,000で売れたとすると)損を¥2,000で抑え、また「ゲームプレイするはずだった時間」を別のことに使うことが出来る。
対して、ゲームを続ける場合、ゲーム代¥6,000に加えて、「ゲームプレイする時間」をつまらないと思いながら浪費することになる。また、クリア後、時間が経った後に売る場合、買い取り価格はすぐに売る場合より下がっていることが多いため(仮に¥2,000とすると)、損した額はすぐに売った場合より上がってしまう。

この場合、最初に投資したゲーム代が「埋没費用」に当たる。多くの人は「元を取らなければ」「もっとプレイすればきっと面くなるはずだ」と考えて、面くもいのにグダグダゲームを続けてしまいがちであるが、これは経済学の観点から言うと非効率的な選択肢である。埋没費用を認め、適切な判断をしていくのは難しいことなのである。

上の例で言えば「ゲームの後半はとても面く、最後までプレイした結果満足でき、¥6,000の価値はあった」ということもあるであろう。しかし、それを以って埋没費用がゼロになった、というのはよくある誤解である。そのゲームが面かろうが面くなかろうが、「その埋没費用は既に発生していて、取り返しがつかなくなっている」のである。

埋没費用はあくまでその投資に対する「費用の回収可性があるかどうか」で判断されるため、ここでは関係ない。
即ち、この場合における埋没費用が全く発生しないケースとは、「そのゲームを最初から買わなかった」場合だけであり、買った後の効果は「埋没費用」ではなく、「効用」や「満足度」という別の尺度で測られていくこととなる。まあ大体の場合最後までクソゲークソゲーだが。

このように、そもそもその商品やサービスを買わないことで埋没費用を避けることが出来ることもある反面、逆に買わなかったことでその人にとっての満足を得られなかった、というデメリットが発生してしまうこともある。

【具体例その2】

とあるオンラインゲーム(初期価格¥6,000、額¥1,000)をプレイし、それがつまらなかった時のことを考える。具体例1と同様に、最初のゲーム代は埋没費用であるが、オンラインゲームの場合はパッチアップデートによってゲーム内容が善することがあるため、多くのプレイヤーアップデートが来るまで待ち、問題を先送りすることになる。

後のアップデートゲーム内容が善した場合、それまでに払い続けた額は損にはならないが、アップデートゲーム善しない場合もある。しかし、善しようがしまいが、回収不能な料を払い続けている以上、ゲームを続ければ続けるほど、料を支払った分だけ埋没費用は上がっていくことになる。
この場合、そのゲームを「解約する」ことが、その後の埋没費用を発生させないための一の手段となる。


余談


本来の埋没費用の定義とは多少異なるものの、一般に「信者」と呼ばれ、盲目的に好きな物に投資を続ける人は、この引き際を間違っている場合が多い。そのものが本当に好きなうちは良いけれど、ブームが去り、熱が覚めた後で見返した時、自分の投資は埋没費用だらけだったことに気づいたりもする。

逆に、「アンチ」でも埋没費用だらけなこともある。批判のために投資し、批判のために粘着する。いくら粘着しても一度した損は帰ってこないはずなのだが、にもかかわらず、批判に掛ける時間までも浪費していることも多い。

あなたも自分が駄な埋没費用を出していないか、一度冷静になって振り返ってみるのもいいのではないだろうか。


関連項目



最終更新日: 15/07/11 22:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社