ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


壬生


ヨミ: ミブ
掲示板をミル!
2カキコ!

壬生(みぶ)とは、日本苗字、地名である。


概要


」の字は十干の一つ「みずのえ()」であり、壬生は「辺」の意味を持つ言葉という説が一般的である。また、古代職業部に壬生部があり、これはもともと「御(みぶ)」で皇族皇子の養育をっていたものとされる。壬生部の居住地に壬生という地名が付けられたともされ、諸説ある。


苗字


苗字としては日本各地に壬生氏があったことが知られる。著名なものは公家の壬生であろう。藤原中御門の分、持明院の分、園の分に壬生があった。江戸時代初期、園基音の子、元起が分し、葉を称した。その後、俊の時に壬生と称した。七卿落ちの一人、壬生基修が知られる。維新後は子爵。後、伯爵となった。

また朝廷の下級官吏、地下官人にも壬生があった。小槻氏の嫡流。当初は大宮と2に分かれていたが、戦国時代大宮が断絶した後は大夫史の職を独占した。維新後は地下官人でありながらも男爵となる。代々弁官局を取り仕切る官務(大夫史をす)職に就いたため官務とも呼ばれた。

下野には武の壬生氏があった。出自は小槻氏族で上記壬生の分藤原宇都宮氏族、また古代族毛野氏後裔など諸説ある。下野都賀壬生(現栃木県都賀壬生町)発祥。宇都宮氏、後に後北条氏に仕えた。

現在、壬生姓は長野県南部に集中している。下豊丘村では3番に多い苗字となっている。また、青森県八戸市でも多めに見られる。


曖昧さ回避



人名


実在の人物

公家壬生家
下野壬生氏

地名



関連項目



最終更新日: 11/06/12 13:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ