ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


多摩ニュータウン


ヨミ: タマニュータウン
掲示板をミル!
17カキコ!

多摩ニュータウンとは、東京郊外京王線特急新宿から約30分のところにある、日本最大のニュータウンである。稲城市多摩市八王子市町田市にわたって造成され、1971年に入居開始。2010年現在も住宅の供給が続いており、人口は増加を続けている。


概要


整備体は、住宅都市整備団とか東京都とか稲城市とか東京都住宅供給社とか各区画整理組合などバリエーションが豊富だ。
東京都稲城市多摩市八王子市町田市にまたがり開発面積は2,884ヘクタールにもおよぶ。
現在21万人が居住し、開発面積・人口ともに日本最大の規模である。

深刻な少子高齢化、人口減少の加速、大量の発生によりゴーストタウン化してることで有名である。
が、実際には高齢化率は低いし、子供の人口の割合も多いし、人口は増え続けているし、率はかなり低いしと、そういった言説に疑問を投げかけるもある。


東京都都市整備局多摩ニュータウン人口調査


多摩ニュータウンの魅 http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1392385287/[外部]

20 バーニングハンマー(東京都2014/02/15(土) 16:19:58.93 ID:YE9cddCvP

いずれも東京都都市整備局 多摩開発企画担当課が、住民基本台帳をベースに調したデータ

多摩NTの人口推移(昭和50年平成17年の各年10月
昭和50年 30,239
昭和55年 67,440人
昭和60年 106,075
平成2年 148,607人
平成7年 173,767
平成12年 189,206
平成17年 202,574人
※「多摩ニュータウン開発事業誌 -通史編-」(UR都市機構)より引用

平成22年10月多摩NTの人口
総人口 216,400人 = 稲城市25,684人 + 多摩市97,676人 + 八王子市84,629人 + 町田市内 8,411人
高齢者人口 34,587人。 よって 34,587÷ 216,400 = 16.0%高齢化率)
※「多摩ニュータウン研究 No.14 2012」(多摩ニュータウン学会)より引用

平成22年の住民基本台帳による東京都高齢化率が20.3%だから、多摩ニュータウンの高齢化率のほうが低い。
ちなみに高齢化率は、人口に占める65歳以上の率。

東京都都市整備局の多摩開発企画担当課の調による多摩ニュータウンの人口データからは、多摩ニュータウンが高齢化しているだとか、多摩ニュータウンの人口が減少してるだとかいった話に疑問が起きる。

この調によると、多摩ニュータウンの人口は増え続けているし、高齢化率も東京都のものより低いのだ。

2005年までの人口推移は『多摩ニュータウン開発事業誌 -通史編-』(UR都市機構)の270ページ2010年の人口と高齢化率は『多摩ニュータウン研究 No.14 2012』(多摩ニュータウン学会)の216ページに掲載されている。

両方とも、都立図書館多摩市図書館町田市図書館に所蔵されているみたいなので、近くに住んでいて興味がある人は借りてみてもいいだろう。


住民基本台帳から多摩ニュータウンの人口を集計してみる


東京都都市整備局の人口データくとも、実は多摩ニュータウンの人口はご庭で集計できる。
多摩ニュータウンを擁する各ホームページに掲載された住民基本台帳の人口データから、多摩ニュータウンに該当する地区を抜き出して、足していけばいいのだ。
東京都の調も結局は住民基本台帳ベースなので、同じことである。

 多摩センター(その134http://kanto.machi.to/bbs/read.cgi/tama/1380507281/[外部]

654 多摩っこ 2013/11/30(土) 14:19:29 [TkKmw0OA]

よっぽどこっちの話のほうが面いよ。

住民基本台帳人口による平成25年1月高齢化
東京都21.0%
稲城市→18.0%
八王子市22.1%
多摩市23.0%
町田市23.7%
多摩ニュータウン(に該当する区域)→18.1%

ちなみに今の日本高齢化率は24.3%な。

ソース
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/juukiy/2013/jy13000001.htm[外部] http://www.city.inagi.tokyo.jp/kanko/gaiyo/jinkou/chiku_nenrei_jinkouexcel/chiku_nenrei_jinnkoudata2013.html[外部] http://www.city.tama.lg.jp/zaisei/jinkou/14849/[外部] http://www.city.hachioji.tokyo.jp/profile/data/jinko/11859/[外部] http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/toukei/setai/kaikyuu.html[外部]


662 多摩っこ 2013/11/30(土) 19:00:52 [G+41++SA]

>>654
多摩ニュータウンの高齢化率おかしくないか?
少し前の日経新聞東京都高齢化率の高さは多摩ニューが原因って話だし、東京都高齢化率より高くなるはず。
第一こんなジジババしかいないでその数字はい。
高齢化率は65歳以上の人口の率な。


665 多摩っこ 2013/11/30(土) 20:37:04 [TkKmw0OA]

>>662
少なくとも統計的には少ないな。
思うに、みんな多いと思い込んでるだけなんじゃね?新聞なんかも含めて。
記事に数字的根拠は出てこないわけで。
ジジババは都心に働きに出ないし、平日に多く感じるのは確かだけどな。
なんならリンクは貼っといたから、自分でも集計してみるといいさ。

ちなみに集計した地区は、
稲城市→向陽台1~6、長峰1~3、若葉台1~4
多摩市取、乞田、ヶ丘引沢、山王下、中沢、唐木田諏訪永山取(丁)、豊ヶ丘落合牧、南野、東寺方3、和田3、愛宕
八王子市→下柚木2~3、上柚木2~3、鑓2、南大沢1~5、越野、松木、別所1~2、之内2~3、鹿島
町田市小山ヶ丘1~6

子供率も、東京都よりも日本よりも、多いんだぜ?


667 多摩っこ sage 2013/12/01(日) 00:31:14 [cZnYnKEQ]

小学校が統合されてるようなジジババはじつは多摩ニュータウンの一部でしかないんだけどね.
マスコミが言ってるから正しいなんて思っちゃう人って未だにいるんだw


673 多摩っこ sage 2013/12/01(日) 18:26:56 [456QCAag]

>>665
い数字ありがとう。
ここに越した時に、子どもが多くてお年を召した方はそこまで多くないのに
なんで高齢化?って不思議だったのが、ようやくスッキリしたよ。

これを参考にして同じように、平成25年1月1日現在の多摩ニュータウンの人口を年齢別に集計してみた。

八王子市だけは平成25年1月1日のものがかったので、代わりに平成24年12月末日のものを使っている。

多摩ニュータウンの男女別年齢別人口
(住民基本台帳 平成25年1月現在
合計 男性 女性
総数 221,154 108,897 112,257
0~4歳 9,428 4,791 4,637
5~9歳 10,637 5,422 5,215
10~14歳 11,522 5,877 5,645
15~19歳 12,108 6,148 5,960
20~24歳 13,575 7,257 6,318
25~29歳 12,171 6,192 5,979
3034 13,524 6,740 6,784
3539 17,108 8,445 8,663
4044 18,977 9,368 9,609
4549 16,551 8,166 8,385
5054 14,459 7,173 7,286
5559 13,729 6,469 7,260
6064 17,252 8,310 8,942
65~69歳 13,710 6,662 7,048
70~74歳 10,894 5,281 5,613
7579 7,716 3,659 4,057
8084 4,468 1,924 2,544
8589 2,257 767 1,490
90歳~ 1,068 246 822

高齢化率(65歳以上の人口の割合)は同じように18.1%と出てきて、同年の日本高齢化率24.3%や、東京都高齢化21.0%べて低いのことが分かる。

そして日本の年齢別人口構成と較したのが、下のグラフである。

[画像を見る]

本当に多摩ニュータウンの世代構成は団塊に偏ってるのだろうか?
どうみても日本そのものと同程度だし、むしろ団塊ジュニアのほうが多いようにしか見えない。
そして老人が少ないだけじゃなくて、子供も多いようにしか見えない。

今度は14歳以下の人口をす「年少人口」の率を見てみる。
多摩ニュータウンの年少人口の率は14.3%で、日本が13.0%東京都が11.7%で、こちらも統計は「多摩ニュータウンは子供が多い」ということを示している。。


多摩ニュータウンの空き家状況


平成20年の住宅・土地統計調によると、多摩市率は7.5%である。同じ調東京都率が12.4%で、全均が14.4%であるから、多摩市率は低い準にある。

もちろん多摩市状況であり、多摩ニュータウンの状況ではい。

ここで、平成14年多摩市による「多摩市二次住宅マスタープラン」の資料に、多摩市内の地域特性別の状況が載っていたので、それを掲載する。

住宅戸数 (戸建て) 集合 (戸建て) 集合
全体 63,730 11,370 52,370 8.8% 4.5% 9.7%
既存地域 19,870 6,900 12,970 10.2% 4.8% 13.0%
区画整理地域 18,080 2,050 16,030 12.6% 5.1% 13.6%
新住地域 25,790 2,420 23,370 5.0% 3.3% 5.1%

「新住地域」が多摩ニュータウンの住宅が建てられている地域である。戸建て戸数に対して集合戸数が多いことからも分かるだろう。この「新住地域」の率は5.0%である。「全体」が8.8%で、多摩ニュータウン開発以前からある「既存地域」が10.2%民間アパートが多く建つ「区画整理区域」が12.6%であるから、「新住地域」つまり多摩ニュータウンの住宅が多摩市率を押し下げているといえる。大量発生どころか、多摩市率を押し下げるほど、多摩ニュータウンのは少ないのだ。


「多摩ニュータウン」が語られる上でのストーリーの矛盾


多摩ニュータウンの高齢化や人口減少といったことがられる上で、必ずといっていいほど言われるのが「1970年代の高度成長期に建設された多摩ニュータウンには、3040代前半の新婚ほやほや世帯が入居し、それが今では全員ジジババになった。」というストーリーである。

1970年代にだけ入居があって、それ以来の人口流入はい」とするストーリーだ。

しかし行けば分かることだが、多摩ニュータウンでは今でもマンション建設が続いており、見るからにそれはありえない。新規住宅供給が続いている以上、若い世代は流入し続けるし、人口も増えている。そもそも約3000ヘクタールもある多摩ニュータウンを、1970年代だけで開発しきることは出来ただろうか、もちろん理である。多摩ニュータウンは1971年の初めての入居以来、40年以上かけた段階的開発といえる。

上のほうで年齢別人口のグラフが掲載されているが、日本そのものの年齢別人口構成と似たような構成になっているのがその明である。よく言われるように「短期間での大量の入居」であったならば、特定の世代(多摩ニュータウンでよく言われるのが団塊世代)に集中しているはずだ。しかしそのような傾向は実際には見ることはできない。

そもそも、1971年に多摩ニュータウンで最初の入居があった2年後の、1973年オイルショックが起きた。高度成長の終えんである。多摩ニュータウンが高度成長を経験したのはたったの2年間だけであった。多摩ニュータウンは「高度成長期のニュータウン」として、10年は古い千里ニュータウンや高蔵寺ニュータウンと同列にられることが多いが、40年以上の開発で2年しか高度成長を経験していない多摩ニュータウンを同列に扱うこと自体がおかしなことである。そして「多摩ニュータウンも同様」といった誤解の原因であろう。


「シャッター街」報道


住民を困惑させる話は他にもある。


次へ»
最終更新日: 16/04/24 11:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ