ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


夢枕獏


ヨミ: ユメマクラバク
掲示板をミル!
49カキコ!

夢枕獏とは、日本小説家である。エッセイや写真も手がける。


概要


1977年筒井康隆同人誌ネオ・ヌル』にてタイポグラフィック作品『カエルの死』を発表、それが商業誌『奇想外』に転載される。その後同誌にて『巨人伝』を発表、小説家としてデビューした。

自称「エロスとバイオレンスオカルト作家」。長く連載を続けている『キマイラ・吼』『魔獣狩り』などはその代表例と言える。
だが著作を見渡せば作は多岐に渡り、安倍清明を役として映画化もされた『陰陽師』、エベレスト登山に挑む男達の姿を描いた『神々の山嶺』など、大自然流に対する造詣も深い。
また『グラップラー刃牙』等で有名な板垣恵介とは長い付き合いである。『餓狼伝』の漫画現在も連載中であるほか、同じく格闘小説『獅子の門』では表や挿絵を担当されている。
他にも『荒野に慟哭す』『サイコダイバーシリーズ』『塚』など漫画アニメになった作品は多い。本人は自分の作品の漫画化にあたり、かなり自由アレンジを許している様である。

私生活ではかなりの趣味人であり、旅行釣り格闘技観賞などに多くの時間を割いている模様。釣り物語である『師』にもその拘り様が見て取れる。
ただしそちらに没頭し過ぎて執筆活動が遅れることもしばしば。ファン痒い思いで新刊を待つことになる。

 


受賞作品


『上弦のを食べる獅子』日本SF大賞
神々の山嶺柴田錬三郎賞

 


呪(しゅ)


作中においてはかなり特徴的な文章を書き、ファンの間では独特のフレーズがたまらぬと評判である。
そして、それらの言葉は日常生活においても使用可だったりする。

例えば家族友人と一緒に外出する時は、「ゆこう」「ゆこう」と確認し合った後、「そういうことになった」と締め括ることで陰陽師っぽさを楽しめる。
感情が爆発しそうな時に「おきゃあああああっ「あひゃらららるういいいい~~~~」などと叫ぶと、身体の中に眠るを表現できる。脱糞するのは流石マナーに反するのでやめておこう。
素人にも簡単なのは、素晴らしいと感じた物・人を賞賛したい時に「たまらぬ○○であった」と発言することである。

 


「関連動画よ」「関連動画!?」



■sm6555846[ニコ動]

■sm2258733[ニコ動]

■sm11855432[ニコ動]

 


女の様に股を濡らして買ってくれるのを待ってんだぜ──


■az4087472221
■az4150305021
■az4167528010
■az4408504130
■az4575007552
■az4167528088
■az4063491870
■az4063460320

 


あとがき


他にもこの人、なんだか不思議な魅のあるあとがきを書くことでも知られている。
あとがき大全なるものが発売されているので、興味が沸いた方はぜひ手に取って頂きたい。

ああ、しかし、こんな不な内容でよいのか。
他の作家の記事はみんなきっちり書かれているのに、こんなネタばっかり重視していてよいのか──
そんな悩みも、美味いを食べていれば忘れてしまいそうになる。

最後にこれだけは伝えておく。
夢枕獏、この作家は、絶対に面白い

平成22年9月14日 小田原にて


関連項目



最終更新日: 20/05/06 03:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ