ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大七酒造


ヨミ: ダイシチシュゾウ
掲示板をミル!
6カキコ!

大七酒造とは、福島県で清製造業を行う蔵のこと。本社所在地は二本にある。通称として『大七』と呼ばれることがある。


概要


1752年(宝2年)に太田三郎兵衛好重が分独立現在の地に設立。当時の銘は「大山」だった。

明治末期頃に8代太田七右衛門貞一により、当時「大山」の銘が全複数あったので、これに替えて創業にちなむ名を冠するのがよいと考え、七右衛門の名を組み合わせた「大七」となる。昭和7年(1932年)頃から「は大七」の沿線看を設置し始める。これが現在に至るまでの「大七ブランド」が確固たるものになる。

9代太田七右衛門精一が社長に就任すると、高級地ブーム差別化商品時代の到来を見極めて「大七生もと(きもと)」を発売し、成功に収める。現在は、2008年北海道洞爺湖サミットにおいて、公式晩餐会のなるほど世界的なブランドとなっている。海外では”ビックセブン”の名前で通っている。

また、創業当時からずっと「きもと造り」にこだわっている蔵でもある。このため、きもと造りの生産量が世界一であることでも有名である。

また、このの特徴として、燗をつけると香りがよりやかになり、味もより良くなると言う特性がある。
最近の傾向として、地や名門日本酒は冷や・常温で飲むと言う人が多いが、断然燗で飲んだ方が良いとどの人が薦めるは少ない。


関連動画


 


■sm4094508[ニコ動]

 


関連商品


■ysnakamuraya-sake_n097
■ysnakamuraya-sake_n100


関連リンク


大七酒造ホームページ[外部]


関連項目



最終更新日: 09/05/10 23:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社