ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大久保利通


ヨミ: オオクボトシミチ
掲示板をミル!
153カキコ!

大久保利通とは幕末武士明治時代初期の政治家である。

西郷隆盛木戸孝允と共に「維新三傑」と称される。通称は正助、一蔵。号は甲東。


概要


[画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る]
[画像を見る][画像を見る]

保元年(1830年)、薩摩鹿児島下の高麗(これ)町にて、御小姓与(おこしょうぐみ)と呼ばれる下級武士集団に属する大久保長男として生まれる。幼少期は薩摩特有の師教育である郷中(ごじゅう)教育を受けて育つ。

化3年(1846年)、16歳の頃、の記録所書役助に就任するが、嘉永3年(1850年)、島津と、その世子島津斉彬との間に起きた、後継者争いに端を発する高崎崩れ(お由羅騒動)と呼ばれる事件に連座して、利世が流しにされ、大久保自身も職を解かれ謹慎処分を受けたため、安定した生活を送っていた大久保一家は一転、収入の貧困生活にまで落ち込む。

謹慎中は勉学に励みながら、友人の西郷隆盛同志と『近思録』の研究会を開くなど交流の日々を送る。この時に集まった面々は後に精忠組と呼ばれ、薩摩内部の有の一として台頭していく。

高崎崩れ後の巻き返しに成功した斉彬がに就任して2年経った嘉永6年(1853年)5月、ようやく謹慎を解かれて復職する。


幕末



順聖公崩れ


に就任した斉彬は、幕政への積極的な介入や集成館事業など新な政策を打ち出していく一方、見込みのある下級士族からの人材登用を行い、安政4年(1857年)には西郷と共に大久保も御徒付に取り立てられている。

安政5年(1858年)、違勅調印による通商条約の締結と、安政の大に反発した斉彬は、5000人の兵を引き連れ上し、朝廷に攘夷論を放棄させたうえで幕政革の勅許を引き出す計画を立てるが、7月に急病により死去する。

斉彬の死により、その実で斉彬の政策に否定的だった斉政に復帰し、集成館事業をはじめとする斉彬の政策がことごとく中止、あるいは縮小されていった。

この事件は斉彬の諡号にちなんで「順崩れ」と呼ばれている。


島津久光への接近


全体に閉塞感の漂う中、大久保の属する精忠組の人々は、脱して大老・井伊直弼ら幕閣を襲撃する突出計画を立て始める。その一方で大久保は、斉彬の遺言によりとなった島津茂久ので、斉彬の異島津光への接近を試みる。

まず久趣味とする囲碁の相手であった寺の住職と親しくなり、そこから久がどのような人物なのか、何を欲しているのかを探り始めた。

ある時、住職から久読みたがっている本について聞き出した大久保はその本を用意し、住職を介して久に提出した。その本の中に自らの時勢に関する意見や精忠組について書いた片を挟み込み、自分たちの存在を示した。

安政6年(1859年)、斉が死去するといよいよ脱計画が本格的に企図され始めたが、11月5日大久保達の動きを察知した久は、茂久の名義で慰留するための論告書を出した。

方今世上一統同様、容易ならざる時節にて、万一時変当来の節は順院様御深志を貫き、国家を以って忠勤を抽(ぬき)んずべき心得に。 各有志の面々深く相心得、国家の柱石に相立ち、(たす)け、名を汚さず忠を尽くし様偏に頼み存じ

から存在を認知された事に感動した大久保ら精忠組一同は突出計画を思いとどまる。

この後、久と初めて面会するまで合わせて都合3回ほど突出計画があり、その度に久自重論を唱えたが、そのやり取りの中で、精忠組という有志を擁する大久保の才覚や、斉彬の遺志を継ぎたいという自らの思いとの一致を見、後見人とはいえ、内権握する足がかりを持っていなかった久はむしろこれを利用するべきと考えるようになった。

ここに両者共に事を成すための利が一致した。

万延元年(1860年)3月大久保は初めて久と面会し、3月には勘定方小頭格に任命された。


率兵上洛計画


桜田門外の変後、中に攘夷の雰囲気が蔓延する中、久は尊敬していた斉彬の意向を受け継ぐ形で率兵上計画を立て始める。

文久元年(1861年)11月、久内の上反対を更迭すると大久保を御小納戸役に任命。小松帯刀らと共に大久保政の中枢に躍り出る。

翌文久2年(1862年)1月、久から朝廷工作を任じられた大久保は、島津と縁戚関係のあった近衛忠房と面会して協めるも拒絶される。

内においても上反対論が根強いところに、更に別の問題が持ち上がってきた。精忠組の過激派達が率兵上を利用して討幕運動の端緒にしようと画策し始めたのである。当時の大久保や久の考えは合体論であり、討幕は考えていなかったが、このまま計画を実行に移すと過激派の暴発が起きる可性が生じていた。

ここで過激派達に顔の利く人物である西郷隆盛待望論が浮上する。大久保流しになっていた西郷の帰還を久に進言し、受け入れられる。

2月、帰還した西郷に対して小松幹部と共に計画への協めるが、逆に西郷から事前準備の不備の摘を受け反対される。更に久に面会した際にもっ向から反対論を唱えた為、久の勘気を被るが、大久保の執念の説得で何とか西郷の協を取り付けることに成功した。


寺田屋事件


文久2年(1862年)3月13日、久はまず先発隊として西郷を下関に向かわせた後、3日後に兵1000人余を率いて上を開始した。大久保小松もこれに随伴している。

各地の攘夷志士がこれに呼応して大阪京都に集まり、精忠組の過激派もこれを機に討幕挙兵にまで持ち込もうと久の到着を待ち構えていた。

過激派の動きを察知した西郷は、待機命視して大阪に赴き鎮撫していたが、命視に加えて過激派を扇動しているのではないかと疑惑を持った久に対し、大久保西郷の様子を探りに行く許可を得て大阪に向かう。

過激派の鎮静に努めていた西郷を確認し、戻り久に報告したものの怒りの収まらない久は厳罰を科す事に決めてしまった。

西郷が処罰を受け入れず、過激派と共に暴走する事を恐れて切羽詰った大久保は、命懸けの芝居を打つ。西郷辺に連れて行き、罪するつもりがなければ今ここで共に死のうと申し出た。

かつて僧照と心中を図って生した事を命と考えていた西郷は、ここで自分たちが死ぬのは死にだと言い、甘んじて処罰を受けると答えたという。

「篤と申含めところ、従容として許諾、拙子もすでに決断を申入れに、何分右の通りにて安心にてこの上なし」 (『大久保利通日記』上巻 P118)

西郷鹿児島に連れ戻され、過激派を抑えられる人物が居なくなると、有馬新七らが京都伏見館・寺田屋に集結し、和宮降に協的だった関白九条尚忠や京都代の屋敷への襲撃を画策する。

京都に到着した4月16日から4日後の20日、大久保は鎮撫のために寺田屋に遣わされて説得を試みるが効果く、その後も士による説得は続けられたが、23日に計画実行が決定されると上意討ちしとなり、同日文字通りの同士討ちが起こった。

この事件によって計9名が死亡、生き残った薩摩士は元へ送還、他の関係者は引渡しとなり、薩摩内部の尊攘は壊滅した。

なお、この事件で薩摩に護送される途中に上で殺された田中河内子の件について、殺示したのは大久保と断定される事があるが、拠は特にい。


三事策


寺田屋での過激派鎮圧により朝廷から信任を得た久は、朝廷への建で幕政革と称し、越前福井嶽を大老に、徳川慶喜将軍後見職へ就任させる為の勅命を要した。

一方大久保は、朝廷の有卿である岩倉具視と初めて面会して協めている。

5月21日、久大久保の周旋が実を結び、念願の勅許が下る。この勅許は「三事策」と呼ばれている。内容は以下の通り。

  1. 幕府は速やかに将軍・徳茂を上させ、朝廷と攘夷について協議する。
  2. 豊臣氏の例に倣い、薩摩長州・土佐・仙台加賀の沿五大五大老とし、防・攘夷に当らせる。
  3. 徳川慶喜将軍後見職に、嶽を大老とする。

三事策のうち、薩摩の要望は3のみであり、1は尊攘とその背後にいる長州、2は岩倉具視による発案である。

1については、徳茂を京都に呼びつけて攘夷決行の勅命を下そうという尊攘の、2は薩摩の独走を牽制する岩倉の思惑に基づいている。

22日、卿の大原重徳が勅使に任命され、これを護衛する形で久率いる薩摩軍が江戸下向を開始した。

なお、この間5月20日大久保は御小納戸頭取に就任している。これまでの活動が評価されての昇進だった。


文久の幕政改革


6月7日、久一行は江戸に到着した。

勅使の大原茂に対して勅命を下し、久大久保は幕閣への勅命受け入れをめるが、外様の、しかもですらない久朝廷を動かして手に入れた勅命を幕府が容易に受け入れるはずもく、交渉は難航した。

薩摩としての要望であった徳川慶喜将軍後見職登用と、嶽の大老登用は特に強く要されたが、嶽の登用はともかく、慶喜の登用については、かつての将軍継嗣問題のように火種になりかねないと、老中板倉勝静をはじめ幕閣一同が強く反対した。

  大
       // ̄> ´  ̄  ̄  `ヽ  Y  ,)    え
  恩 一    L_ /              / ヽ  一 |
  赦 が    / '              '    i  !? マ
  ま 許    /               /    く    ジ
  で さ    i   ,.lrH‐|'|   /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、
  だ れ   l  | |_|_|_|/|  / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/ / ,-- レ
  よ る    _ゝ|/'/⌒ヽ ヽ/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ    ,イ ̄`ヾ
  ね の  「  l ′ 「1     /てヽ′| | |  「L!    ' i'ひ}
   l は   ヽ  | ヽ__U,     ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,     ヾシ _ノ
⌒レ'⌒ヽ ̄  |   〈     _人__人ノ_  i  く
人_,、ノL_,iノ!  /!ヽ   r─‐-  「  キ   L_ヽ   r─‐- 、   u
ハ キ  /  / lト、 \ ヽ, -‐ ノ  モ    了\  ヽ, -‐┤
ハ ャ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`h)   |     |/! 「ヽ, `ー /)
ハ ハ   ヽ/   r-、‐' // / |く  イ     > / / `'//

老中との交渉にイラッときた大久保は埒が開かないと判断、一計を案じる。

6月26日大久保大原に対して老中殺を示唆し、大原板倉坂安宅の2老中に、勅命に応じねば「変に及ぶとの事」と伝えると板倉らは顔面し、29日、ついに勅命受け入れを決定。嶽は大老の代わりに新設された役職である政事総裁職に、慶喜は将軍後見職へそれぞれ就任が決まった。

「数十年苦心焦思せし事今更夢之様な心持、皇之大慶は言に尽きし難き次第なり」
(『大久保利通日記』上巻 P164)

斉彬以来の薩摩の方針であった幕政革が成功し、久大久保らは歓喜のうちに8月21日江戸を後にした。

だがこの時の大久保達は、その行動が自分達の意思とは裏に、幕府の脆弱化と尊攘の付け入るスキを露呈してしまったことにまだ気づいていなかった。


長州との確執


ここで少し時間をさかのぼる。

5月、久一行が勅命を得た時、朝廷から長州と連携するようにと命じられていた。当時江戸には長州のそうせいが滞在しており、久江戸に着いたらそうせいと一緒に活動しようと意気込んでいた。

ところがこのそうせい、久と会うのを嫌がるかのように江戸から京都に向かってしまった。これに大原と久は強い不信感を持ち、後の8月18日の政変や禁門の変に至る長対立の発端となる。

が感情をしたことを気にしていた長州重臣の周布政之助は、6月12日、接待の場を設けて融和を図ろうとした。この接待に大久保と、精忠組の同志である小太郎が招かれていたが、この席で一着が起きる。以下は意訳。

周布「いやー悪かったねェうちの殿様のアレ。でもうちも別に私心でやってるわけじゃないから許してチョンマゲ♪だったら切腹しちゃう(^Д^)ギャハ!」
「へーじゃ今すぐ切腹しろや、検分してやるから。つーか何がチョンマゲだよこの薄らハゲ(^^)ゲラゲラ
周布「・・・(l% &д・ )あ”ぁ”?」

大久保がたしなめた為その場は収まったものの、の挑発的な態度に怒った周布は酔っ払うと抜き身のを振り回して踊り始めた。長州側で同席していたヒゲモジャ老兵来島又兵衛を寄せて薩摩側を睨み付けた。

いつり合いが始まってもおかしくない、そんな殺伐とした状況に策士・大久保が立ち上がった。

大久保「いかん!このままでは殺し合いになりかねん…」

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (・・∩<そうだ、あれをやろう!
    (つ  丿 \_________
    ⊂_ ノ
      (_)

大久保「不肖大久保、芸を御覧に入れる!」
周布・来!?

おおくぼはおもむろにたたみをひっぺがし、なんとてのひらでまわしだした!



○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○
○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○
        / ̄フ::::::::::-==ヽ フ          ミ
       |  /<:L:iλ::i::」 ノ
       ヽ |::|i ´Д`) / 秘技、畳み回し!
        \  |ノiヽ| ノ
         i::|    { ノ´
        .,:::|  l>o〈
       /::::::|    {                    ポカーン
                               (^Д^;)(`Д´;)
                                周布 来

大久保の意外な行動に一同気を抜かれ、何とか事に宴会を終わらせることが出来た。

この事件は幕末の鴻門の会(笑)と呼ばれている。


次へ»
最終更新日: 17/12/24 01:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ