ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大喜利


ヨミ: オオギリ
掲示板をミル!
55カキコ!

大喜利とは、複数の出演者(回答者)が観客や会者からお題をもらって芸を披露する演である。


概要


観客や会者がお題を与え、複数の回答者が謎掛け川柳・都々逸などの芸を披露する。

元来は寄席の最後に、当日の出演者によって余的に行れていたものであった。
現在でも寄席の最終演として行われる事があり、観客サービスの一環でもある。

「大喜利」は、歌舞伎狂言における最後の演す「大切り」に由来している。
(「大切り」の「切り」はピンキリの「キリ」と同じく、最後を意味する言葉)

なお、現在広く知られている「大喜利」とは、大喜利の演の一部に当たる「とんち」であり、本来の意味の大喜利はもっと幅が広い。本来「大喜利」とは、本演が全て終わった後に再び落語家たちが登場して観客からお題をもらって演じるもの全てをし、歌や踊り、余芸などを含めた、ファンサービス的な演の全てをす言葉である。
例として、浅草演芸ホールプログラムでは毎年8月通常演の後に行われているバンドによる音楽演奏や住吉踊りなどの演も「大喜利」として記されている

TV番組『笑点』(日本テレビ)においては「演芸」「大喜利」の二部構成によって長年放送している。
笑点』の「大喜利」では、お題に対して良回答には座布団を与え、良くない回答ならば座布団を没収するというシステムを取っている。
このシステムは他のバラエティ番組等でも参考にされ、同様のやり方が「大喜利形式」として一般化している。

1990年代までは笑点スタイルの面い・上手い答え以外に出演者同士のイジりや罵倒を見せ場とする団体芸的な大喜利が流であったが、2000年代以降はこれに加えてインターネット大喜利や視聴者参加大喜利の普及により、一対一で相対し、ただ面い答えのみを追求する個人競技的なスタイルの大喜利が広く浸透している。


大喜利でよく行われる題目


昨今のテレビ番組やインターネットなどで広まっているような近年よく見る大喜利では、上記のような題はほとんど使われず、

などの題流となっている。


関連動画



■sm961437[ニコ動]

■sm4597226[ニコ動]

■sm3812296[ニコ動]
■sm9200166[ニコ動]


関連商品


■az406215174X
■az477831137X


関連項目



最終更新日: 17/05/28 18:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ