ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大国主


ヨミ: オオクニヌシ
掲示板をミル!
35カキコ!

大国主(おおくにぬし)とは日本神話に登場するのうちの一柱である。


概要


古事記」や「日本書紀」ではスサノオ6世後の子孫と記されている。
中国(あしはらのなかつくに:現在日本)の土を開拓し、農業・商業・医療を普及させたと伝えられている。

大国主の最大の特徴として、大変な美男子であったと伝えられており?神話内でも女神との色恋沙汰や女神を巡っての八十(大国主の達)との確執など、ドラでも採用されないであろうドロドロの人生を歩む。

全ては書ききれないが、その波乱万丈な生涯を要約するとだいたい以下のようになる。

・・・という具合に、様々な試練を周りの動物(ほぼ女神)の助けによって乗り越え、中国の王にまで成り上がる感動?のサクセスストーリーである。
ちなみに、を柱に括り付けられたスサノオは自分の元を去ってゆく大国主に対して「その達を倒し立な宮殿を建ててこのの王になってしまえこの野郎!」と辛口ながらも大国主にエールを送っている。会いたいと泣き叫んだり、をまき散らしていた頃にべると随分と成長したようだ。そしてこれが日本初のツンデレである。
しかし、6世代も歳が離れているのになぜまだ生きているのかは不明。の出自も不明。


少彦名命との国造り~新たな人格の出現


さて中国の王となった大国主の元へ少名命(スクナビコナ)と呼ばれるがやってくる。

大国主は少名命と共に農業の普及、商業の発展、医療を広め中国を豊かなへ発展させていく。しかし、ある日突然、少名命は常世の(おそらくあの世)へと立ってしまう。これからどうやってを造ろうと嘆いているとの向こうからが現れた。大国主が「そなた誰だ?」と問うとそのは「はあなたの和魂(にぎみたま:穏和な人格)だ。私を大和(今の奈良県)の三輪山に祭れば造りに協しよう」と答えたという。自演乙

こうして大国主はもう一人の自分と共に再び造りを進めていくことになる。
なお、大国主の和魂は名を大物といい、現在奈良県大神神社に祭られている。なお、この大物自身も大国主とは別に3柱の女神夜這いをかけたり、子供けたり、結婚したり、命を奪ったりしている


そして国譲りへ


大国主が造りを終えた頃、高天原(たかまがはら)から下界を見下ろすがいた。天照大御神である。
天照は「中国は私の子孫達が治めるべきだ」という号を発し何人かの々を使者として地上に派遣する。しかし 始めに使わされた穂日命(あめのほひのみこと)はあまりに地上の居心地が良かったのか、そのまま大国主の来となってしまい三年以上経っても高天原に戻らない。続いて使わされた若日子(あめのわかひこ)は大国主の結婚してしまい、これまた八年経っても高天原に戻らなかった。

天照は三番の使者として建御雷神(たけみかずち)を派遣する。建御雷神は大国主のおもてなし攻撃の前に先手を取って譲りの交渉を開始する。建御雷神が「天照大御神中国が子によって統治されるべきだと仰せであるがそなたの意見はどうか」と大国主に問うと大国主は、自分に意見を聞く前に自分の息子の一人である事代(ことしろぬし)に意見を聞くよう建御雷神に返答する。建御雷神が事代に意見を聞くと事代は「恐れ多い事です。このの統治は々にお譲りしましょう」と答えた。

次に大国主はもう一人の息子である建御名方(たけみなかた)にも意見を聞くよう建御雷神めた。建御名方べによって建御雷神を追い払おうとするが建御雷神は自分の手を氷柱に変化させるチートを発揮し建御名方の命を奪おうとする。建御雷神によって遠く諏訪(今の長野県)まで追い詰められた建御名方は「もう々には逆らわないし二度とこの土地から出ないと約束するから命だけは助けて下さい」と言い建御雷神従した。

建御名方を屈させた建御雷神三度大国主にを譲るよう迫ると、大国主は「が住まうような宮殿を建ててくれるのであれば譲りに応じましょう」と条件付きで譲りに応じた。この時に大国主の住まう宮殿として建てられたのが現在出雲大社の起とされている。


現在


こうして天津を譲った(奪われた?)大国主は、今も出雲大社に祭られている。
出雲大社の宮は、先祖代々出雲いずもこくそうけ)が務めている。この出雲は、前述の譲りの際に大国主の来となった穂日命の末裔にあたり、神話の時代から現在に至るまで大国主に使えて続けている。

出雲大社のご利益としてっ先に挙げられるのが「縁結び」のご利益である。
これは大国主が譲りの際に得たもう一つの条件「世の支配権」 に由来している。
世(かくりよ)とはに見えない世界という意味を持つことから、これを支配する大国主は死後の世界やこの世のあらゆる縁をる総元締めとされている。旧10月神無月)に八百万々が出雲に集まり縁結びの会議を行うとされる事も由来はここから来ていると思われる。


大国主の別名


大国主は非常に多くの別名を持つ。大国主に限らず日本々はいくつかの別名を持っているが大国主の場合は特にその数が多い。これは元々は別々であったを一つの名前に統合したものという説やあるいは大国主が多くの女神を口説く際に用いた偽名であるとの説がある。代表的な名前はに以下のものが挙げられる。

上に列挙した以外にも、漢字表記の違いや書物での違いも含めると更に多くの名前がある。また、中世には七福の一柱である大と習合し福のとしても信仰されるようになった。


イケメン


イケメンとして名高い。しかし「本当に古文書にイケメン々書いてあるのか?」と疑問に思った人もいるだろう。

上記のように、因幡の白兎の話では多数のを差し置いてヤガミヒメに婚を受け入れられているのでイケメン説に信憑性が増す。・・・が、実は古事記の該当部分には外見については何とも書かれていない。ウサギを助けた結果であるので、ヤガミヒメは外見ではなく心の優しさや医療知識の豊富さに惚れたとも解釈でき、イケメンと言い切る根拠にはやや弱い。

しかしその後の古事記中の別エピソードでは、スサノオのスセリビメが、大国主と初対面の際に一に落ちている。その時に「甚麗(すげーかっこいい神様が来たよパパ!)」とスサノオに報告もしている。よって実際に、女を一惚れさせる程には外見もイケていたと思われる。

ただしスサノオはこれに対して「原色許男(あんなは、「ブサイク野郎」だ)」と返し、以後あの手この手の陰険な方法で大国主をぶっ殺そうとし始める。男のからはあまりイケメンには見えない、いわゆる女受けのいい御顔だったのかもしれない。単に、の彼氏に対する嫉妬かもしれないが。
(※なお、「色許(しこ。醜とも表記する)」は「強くおそろしい」という意味であるとして、「色許男、醜男」=「強い男」、と解釈する説もある。これからぶち殺そうとする相手を「強い男」と称えるのも不自然な気がするものの、「最初から大国主を強者と見込んだため、を任せるに足る男か確認する意味で、命がけのような試練を課したのだ」と考えれば、一応筋は通る。)

なおスセリビメは上記「概要」でも触れたように、スサノオの邪魔をしてまで大国主を助け、彼と駆け落ちして、ついには大国主の正妻となる。つまりヤガミヒメは後から来た女に正妻の座を勝ち取られてしまった形になる。だが、大国主とスセリビメが結ばれた様子を見たヤガミヒメは、泣き事も言わず静かに故郷の因幡に戻り、隠居してしまったという。このようにスセリビメが割と快活・放なイメージで描かれるのに対し、ヤガミヒメは控えめで大人しい女性に描写されているようだ。方はどちらが好み?


関連動画



■sm823806[ニコ動]

■sm18594716[ニコ動]
■sm21620956[ニコ動]


関連商品


■az4434116320
■az4122029295


関連項目



最終更新日: 15/09/27 17:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ