ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大塚明夫


ヨミ: オオツカアキオ
掲示板をミル!
619カキコ!

大塚明夫とは、東京都出身の性欲をもてあます男性声優である。マウスプロモーション所属。

しかし、これは世をぶ仮の姿。
その正体は伝説傭兵なのか、公安9課に所属するサイボーグなのか、ソロモンの悪夢なのか、無敵のコック長なのか、免許医者なのか、叉なのか、免許天才医師なのか、冥王なのか、おっさんVtuberなのか…


概要


1959年11月24日生まれ。独特の低く渋い質で知られる、日本を代表する声優俳優の一人である。
趣味バイクハーレーダビッドソン)。
公式プロフィールく特技は空手だが、これは若い時にやっていたもの。近年では合気道も始めた。

ニコニコ動画では若本規夫塩沢兼人と並び人気が高く(というより、ネタにされる事が多く)、メタルギアソリッドシリーズ主人公ソリッド・スネークや、機動戦士ガンダム0083アナベル・ガトーを演じた声優として知られる。他作品で大塚明夫が声優を務めるキャラクターが出てくると、「スネエエエエエク!」などのコメントが書かれることが多い。メタルギアソリッドでのセリフ性欲をもてあます」「待たせたな!」は名言とされている。
またアニメ作品やテレビ番組では、ナレーション仕事も行う。 

また同じく俳優声優大塚周夫に持つ。

ちなみに、チュンソフト428 〜封鎖された渋谷で〜では俳優として出演しているほかに、声優も務めている。
マウスプロモーション宰の舞台SoundHorizon舞台など、俳優として活動する機会も多く、舞台上では情けない中年オヤジヤクザヤク中の狂人などを演じる事が多く、声優業とはまた違った姿を見られる。

基本的に、仕事は断らない・選ばない義。

2015年3月には著書『声優魂』を刊行。自身の遍歴と交えて、「声優だけはやめておけ。」とる。
全ての声優志望者と職業人に向けた仕事人生・演技論。


父・大塚周夫との関係


大塚が幼少時から俳優声優として活動していた・周夫はあまりに戻らなかった事もあり、親子の仲は難儀していたらしい。飲み子だった頃は「泣きがうるさくて台本が読めない」とに押入れへ入れられた事もあったという。
が「ゲゲゲの鬼太郎」でねずみ男を演じていたことから学校で「小ねずみ男」「ねずみ小僧」などとからかわれた為、当初は役者になど絶対になるもんか、と考えていた。ほかにも、リチャード・ウィドマークチャールズ・ブロンソンなどの吹き替えにしても子供が好意を持ってくれる役回りではないために、少年時代は「息子として父親仕事が誇らしい」などとは考えなかったとっている。
(後に、自分も役者になった事で「の心や行動も理解できた気がする」とも言っているが。)

やがて役者へのに入る事をに告げたときは、「三十代になるまでに処が立たなかったら全うな職業に就いてくれ」と言ってきたとは異なり、ニヤニヤしながら一言『大変だぞぅ』とだけ言われたらしい。
良くも悪くも昔気質で頑固者だったの存在は、役者として生きていくうえでは「追いでもあり向かい風でもあった」と自著の中でっており、仕事現場に連れて行ってもらったりのツテで納谷六朗氏ほか関係者達に自分を紹介してもらった事を感謝している一方で、やらかしたヤンチャな行為や言動の余波が自分の元へ降りかかってきた事も明かしている。

その後もブラックジャックOVAシリーズ機動戦士ガンダム0083MGS4など、いくつかの作品でたびたび親子二代で共演を果たしている。2020年には大河ドラマ麒麟がくる」に商人・宗次郎として出演。も同じ脚本家である池端俊策氏の「太平記」に出演しており、実写世界においても親子二代大河ドラマ出演という業績を残している。

仕事で一番凄いと思っている役は上述の「ねずみ男」とのこと。「どこにも居場所がくて、ただ怖くて、人を騙し、利用し、自分より強い相手には媚び、弱い相手からは得をちょろまかそうとする」複雑なキャラクターを見事に演じきってみせた事を誇りに思っているという。
後年に自身もONE PIECE海賊黒ひげを演じるようになって、彼を「(上述のような特徴を持った)ねずみ男の魂を持つ人物」と評し、が演じたねずみ男のように海賊黒ひげをどこまで立体的に演じる事ができるか?という事を今後の楽しみな課題の1つとっている。


スネークと大塚明夫


ゲームメタルギアソリッドシリーズで大塚明夫が演じた役で、代表作品の1つ。
上記の通り多くの人が「大塚明夫といえばスネーク」と思い浮かべると思われるが、大塚明夫自身もまたスネークを「最も思い入れの深い役」「長く付き合ってきた、自らの分身のような存在」とっている。
特にネイキッド・スネークの方は小島秀夫監督から「ネイキッド人間くさい男です」と言われたため、自分自身の中で最も人間くさい部分である「生身の大塚明夫」そのものをモチーフに演じた結果、「まんまだよ」と言ってもいいくらいのキャラクター像が出来上がったらしい。

そしてメタルギアソリッドを自分で実際に遊んでみると自分が実際にスネークを演じたこともありまるで自分がアラスカへロケに行き、撮影に参加してきたような感覚を受けたとっている。
また、メタルギアソリッドプレーするまではテレビゲームに対してあまりいい印を持っていなかったが、これ以降、ほかの様々なゲームプレーするようになったらしい。 

ほかにも、ゲーム中でのスネークの動作は小島監督く「大塚明夫の癖や喫煙時の姿などを観察し、取り入れている」など、大塚自身からのフィードバックゲーム中にも反映されている部分もある。 

ちなみに、眼帯とバンダナをつけるとスネークモチーフなのではないかと疑うほど、スネークとそっくりな見たになるらしい。(ラジオカズラジ。』より)


主な出演作



アニメ



ゲーム



次へ»
最終更新日: 20/01/28 12:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ