ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大日本帝国陸軍


ヨミ: ダイニッポンテイコクリクグン
掲示板をミル!
407カキコ!

大日本帝国陸軍とは、大日本帝国の栄えある皇軍のなかの陸軍部隊である。


日本陸軍最強伝説


世界最強の軍隊であり、九七式中戦車チハ一式戦闘機」は中国共産党の発表によると支那5000万人を殺傷したとのことである。

ドイツティーガー戦車アメリカグラマン戦闘機の戦果を圧倒的に上回っている!
大日本帝国の技術世界一ィィィィィ!

また、アメリカ陸軍などとべ物にならないほど余裕があった為、自前の空母潜水艦を持っていた!
陸軍が空母潜水艦を保持した大日本帝国のみである!

 

やったッ!! さすが大日本帝国陸軍!

おれたちにできない事を然とやってのけるッ!

そこにシビれる!あこがれるゥ!

               . -―- .      
             /       ヽ
          //         ',      
            | { _____  |        
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {              \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ

世間では『九七式中戦車は弱い』だの『日本軍最強戦車鹵獲したM3軽戦車』って言う人がいますがとんでもない誤解である!

ソ連英雄ゲオルギー・ジューコフ元帥ウィキペディアで調べたところによると、「生涯で最も苦しかった戦いは何だったか」と問われた際も、即座に「ハルハ河」(ノモンハン事変)と答えている!

おお、何ということでしょう!強ティーガー戦車マウス戦車を擁するナチス・ドイツと戦った時よりも、大日本帝国陸軍の九七式中戦車チハと戦う方が苦戦したとは!

また、航空部隊の活躍も素らしく、の九七式戦闘機ソ連戦闘機を合計1252機』撃墜している!
凄いぞ!これはメッサーシュミットなんぞ較にならない戦果である!

これを総合するとナチスの技術よりも大日本帝国の技術が優れていたということですな!
否定するやつは『シベリア送り』だ!


概要


大日本帝國陸軍は、明治4年 - 昭和20年までに存在していた組織である。単に陸軍帝国陸軍と呼ばれた。現在は、旧日本軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。


誕生


明治四年、薩摩長州・土佐から徴集され組織された天皇直属の御親兵から始まる。
初めは士族(武士)中心だったが、徴兵制度を外から輸入して民皆兵をした。
士族は反発して西郷隆盛を中心した士族が反乱を起こすが、農民・商人の部隊がこれを撃破した。

幕末から陸軍はフランス軍式の訓練方法だったが、1885年にドイツ軍参謀少佐クレメンス・メッケルが来日。三年間、教を執り、その影を受けて、フランス陸軍式から、ドイツ陸軍式に転換することになった。
初期の歩兵操典はドイツ陸軍操典を和訳したものであった。

組織

大日本帝国憲法では軍事大権について内閣から独立し、直接天皇の統帥権に属するものとされた。したがって、陸軍の最高指揮官は大元帥たる天皇ただ一人であり、陸軍については陸軍大臣・参謀総長・教育総監が天皇を除く最高位にあり、これらは陸軍三長官と呼称された。なお、三長官には陸軍大将ないし陸軍中将が任命されるため、役職自体は陸軍の最高位といえど階級自体は必ずしも最高位の者がなるものではなく、特に歴代の陸軍大臣と教育総監には少なくない陸軍中将が補職されている。

この三長官の補佐機関として、「部」や「中央」とも呼称される陸軍・参謀本部・教育総監部の3つの官衙(役所)が設けられており、陸軍大臣が軍政・人事を、参謀総長が軍作戦・動員を、教育総監が教育をそれぞれっていた。また、三機関の序列第2位の次席相当職として陸軍次官(陸軍)・参謀次長(参謀本部)・教育総監部本部長教育総監部)がある。

昭和13年12月航空の拡独立および統率柔軟化のため陸軍航空総監部が新設。航空総監を長とし、航空関連学校など航空隊の教育った。末期には航空関連学校ともども戦化され、航空総監部は止、航空総軍に編された。

参謀本部は戦時・事変時に陸軍の最高統帥機関として設置される大本営において大本営陸軍部となり、大元帥の名において発する大本営陸軍部命を作成する存在であるが、これをもって参謀総長がいわゆる陸軍最高指揮官となるわけではない。なお、教育総監は帝国陸軍の教育握する建前であるが、憲兵・経理・衛生・法務や機甲・航空、参謀・諜報といった特定職務に関係する学校等は、それぞれ陸軍・参謀本部・航空総監部やその外局の管轄である。

帝国陸軍の組織は、役所である官衙・部隊組織である軍隊・将兵を養成ないし再教育する学校と、これらのいずれにも属さない特務機関とに区分されていた。

階級

帝国陸軍においては戦闘職種および憲兵兵科(へいか)、支援職種を各部(かくぶ)とし、合わせて兵科部(へいかぶ)と称した。歩兵科・砲兵科・騎兵科・工兵科・輜重兵科・航空兵科の兵科区分は、昭和15年の正により憲兵を除き止されまとめて「兵科」とし、また、兵科「定色」(兵科色)も止された。なお、これはあくまで従来の兵科区分を撤しただけであり、広義の意味で戦闘職種を意味する「兵科」の呼称や職種を更に細分化した「兵種」、および各部と各部「定色」は存続している。建軍最初期の僅かな期間を除き、日本軍において元帥は階級ではなく、元帥府に列せられた陸大将に与えられる称号である(名誉職)。帝国陸軍においては大将から少尉将校、准尉を准士官、曹長から伍長下士官兵長から二等兵までをと称していた。将官のうちの大将は親任官、中将少将は勅任官、佐官・尉官は奏任官、准士官・下士官は判任官でこれらは武官たる官吏となり、これらの階級に任命される際には任官と称する。兵は民の義務たる兵役によって軍隊に入隊し与えられる階級であるため、官吏ではなく任官とも称しない。なお陸軍予科士官学校・陸軍幼年学校・陸軍少年飛行兵学校などに属する陸軍生徒は階級を定されない。

なお、昭和7年に正されるまでは下士官を下士、兵を卒(「一等兵」は「一等卒」、「二等兵」は「二等卒」)と、同年2月正されるまでは「准尉」を「特務曹長」と称していた。また、各部の相当官制は止され兵科に準ずることとなり(旧・各部将校相当官は「各部将校」)、階級呼称も同様になった(例:「陸軍軍医総監」を「陸軍軍医中将」、「陸軍一等剤正」を「陸軍大佐」、「陸軍一等計」を「陸軍大尉」、「陸軍上等蹄工長」を「陸軍獣医務准尉」、「陸軍一等楽手」を「陸軍軍楽曹長」、「陸軍上等看護兵」を「陸軍衛生上等兵」など)なお、「兵長」は昭和15年に新設されたものである。「准尉」は叩き上げの古参下士官が任官する階級(判任官たる将校待遇の下士官)であり、「見習士官」(階級は曹長)や士官補生たる士官学校本科及び航空士官学校の生徒(階級は軍曹)とは全く異なる位置づけである。


次へ»
最終更新日: 18/10/23 05:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ