ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大杉久美子


ヨミ: オオスギクミコ
掲示板をミル!
11カキコ!

大杉久美子(おおすぎ・くみこ、1951年7月10日~)とは、アニメソング童謡歌手声優女優である。


概要


東京都に生まれる。

1964年柴山モモの名で歌手デビュー。当時は中学校に通いながら、歌謡曲歌手として活動していた。同年にはクラウンレコード催の「ミスクラウンコンテスト」で優勝する。のちにはルナ名し幾枚かの歌謡曲を出すが、全くヒットしなかった。
1968年、精学園高等学校卒業。翌年の1969年に『アタックNo.1』の題歌を歌うと、それが大ヒットする。

以降、日本コロムビア契約を結び、仕事アニメソング童謡シフトしていった。ただし、日本コロムビアとは専属契約ではなかったようである。近年出演したネットラジオでは「1970年代初頭に、作曲三沢郷マネージャーと一緒に事務所を立ち上げた」と話していたので、そこに在籍していたと思われる。

世界名作劇場』では1975年フランダースの犬』から1978年ペリーヌ物語』まで4作連続題歌を担当した。これは後にも先にも大杉久美子ただ一人である。(→「大杉久美子メドレー」の項を参照)

前年(1974年)に放送された『アルプスの少女ハイジ』ではエンディングを担当しているので、通算すれば5作連続関わっていることになる。(ハイジはズイヨーが制作していたため、「世界名作劇場」にはカウントされていない。ハイジの前の「ムーミン」やその他の作品も同様)

ドラえもんのうた』のオリジナル歌手であり、1979年から1992年まで13年にわたって使われた。その他、挿入歌も数多く歌っている。

1970年代後半から1980年代にかけて起きたアニメブームの際には、水木一郎堀江美都子と同じように、アニメ雑誌に登場することもあったり、1981年には初の単独ライヴ「ちいさなコンサート」を行った1979年発行のアニメ雑誌では「澄んだ美声に特色がある」と紹介されていた。

しかし、1980年代後半からその美声が失われていった。出産1979年)によるものではないか、声優業(1979年)を始めたせいではないか、などの様々な憶測が飛び交っているが、のままである。

堀江美都子率いる『アニソン女子部』のライブでは、気さくな性格もあってか毎年行われるオチ役になる事が多い(?)


主な楽曲



関連動画



■sm1070942[ニコ動]

■sm1071164[ニコ動]
■sm4233872[ニコ動]
■sm13719458[ニコ動]


関連商品


■azB0009RJE10
■azB00012T33C
■azB003C2TJHS
■azB000BU6PGW


関連項目



最終更新日: 12/07/07 22:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ