ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大瀧詠一


ヨミ: オオタキエイイチ
掲示板をミル!
35カキコ!

大瀧詠一とは、日本ポップスとロックシーンに多大な影を残した福生在住の音楽仙人である。「大詠一」名義と使い分けて活動していた。


概要


尊敬するフィルスペクターなど、1950年代~60年代のアメリカポップスに多大な影を受けた作で有名。元々がオールディーズ的な作のため、山下達郎と同様に時代の風化にも耐えうる楽曲作り定評がある

1990年代以降は長年住んでいる東京都福生で「勉強」として活動しており、山下達郎ラジオ番組で毎年新対談をするなど、ごく僅かな親しい人物(山下達郎、坂崎幸之助、高田文夫など)のラジオ番組にゲスト出演する以外はど姿を表すことはなかった。


経歴


1948年、岩手県江刺川村(現:)生まれ。本名、大瀧一(おおたきえいいち)。

自作したラジオから聞こえる米軍放送やレコードアメリカン・ポップスに明け暮れる少年時代を送る。

その後、高校に進学するも親から貰った授業料を全額くすねてレコード代に充ててしまった為1年で退学。他の高校に編入するも今度は大学受験に失敗。上して入社した小岩の製鉄会社にもロクに出社せず(3ヶ20日間しか行かなかった)退職、ニート暮らしを経て1968年早稲田大学第二文学部入学。ここで終生の友人となる細野晴臣と出会う。

1970年細野晴臣松本隆鈴木茂とロックバンドはっぴいえんど」を結成。日本語ロックさきがけとして後世に多大なる影を残す。

1972年アルバム『大瀧詠一』をベルウッドより発売、ソロデビューする。が、この時のベルウッドの契約・楽曲の権利関係の管理やマスターテープの保存方法があまりにも杜撰であった。

その為、1974年作詞作曲編曲プロデュースエンジニア・原盤制作などをこなすプライベートレーベル「ナイアガラレコード」をエレックレコードの出資で設立する。同時期にシュガーイブ(山下達郎大貫妙子が在籍)のプロデュースや、ラジオ『ゴー・ゴー・ナイアガラ』なども開始、順満帆なソロ活動をスタートさせるも、その矢先にエレックレコード倒産。更にはっぴぃえんどもメンバー間に轢が生じ解散してしまう。

1976年レーベルごと日本コロムビアに移籍するも、その際の「スタジオに16chマルチトラックレコーダー(当時の最新鋭機材)を提供してもらう代わりに、3年でアルバム12枚を製作する」というとんでもない契約大瀧を苦しめる事となる。

最初の3枚はそこそこ売れたものの、年間4枚という異常製作スピードによるクオリティの低下でマニア層が離れ、趣向を凝らし過ぎた楽曲によりライト層が離れるという悪循環に陥り、アルバムを出す度に売上が急落、11枚の『LET'S ONDO AGAIN』の売上が500枚を切った段階で契約は解消。1980年コロムビア導で12枚アルバム(ただの編集盤)が発売されるまでソロ活動が出来なくなってしまい、赤字補填の為スタジオの機材も売却されてしまう。皮な事に権利保護の為に設立したはずのナイアガラレコードが逆に自身の活動の枷となってしまった。

しかし1981年大瀧に大きな転機が訪れる。ナイアガラレコード運営とりあえず肩代わりしていたフジパシフィック音楽出版の担当者が機転を利かせ、CBSソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)へ大瀧を移籍させる。

そして同年、日本音楽史に残る名盤A LONG VACATION』が発売。ソロデビューから9年で遂に日本レコード大賞を受賞した(今でこそ「表式に出席できて賞をもらってくれる人にあげる賞」程度の扱いだが、当時のレコ大はとんでもなく権威のある賞である)。更に、松田聖子提供した『風立ちぬ』、森進一提供した『リヴィエラ』もヒット、今までの不遇を跳ね返し一躍トップミュージシャン仲間入りを果たす。

が、『A LONG VACATION』のヒット大瀧は再び苦悩する事となる。

オリジナル作品をコンスタントに発表していく意味」に戸惑うようになり、1984年リリースされた『EACH TIME』の製作中に歌手活動の休止を決める。また、ロンバケは世界最初のCD一号カタログにも選出されたが、「人の何倍もアナログレコード拘りのあった自分がデジタルCD普及をめた」という自責の念から、自身のレーベルから発売されていたアナログ盤を全て盤にしてしまう。

このほか、『EACH TIME』は大瀧にとっては「1つの独立した作品」であったが、世間の認識は『A LONG VACATIONの続編』でしかなかったことや、1985年のはっぴぃえんど再結成ライブでの待遇(松任谷由実やはっぴぃえんどなどのニューミュージック世代が演奏した後にサザンオールスターズ佐野元春ら新生代のロックミュージシャンが大トリで登場する、まるでニューミュージック世代はお払いである」とでも言うような侮辱的な扱いであった)なども一因とされる。但し、サザンについては83年にステージを共にしており、「何かの形で彼らとの足跡を残しておきたかった」と、その当時は競演に前向きだった。

その後はエンジニアとしてナイアガラレコード時代の音リマスターラジオDJとして音楽のナビゲーション、音楽史や音楽理論の研究などに時間を費やすようになる。

1990年代になると自身がソニーミュージック関連会社の取締役に就任したこともあり、徐々に音楽活動を再開。1997年に12年ぶりにシングル幸せな結末/Happy Endで始めよう』を、2003年には6年ぶりのシングルするふたり』を発表する。この際、90年代に作ったのは2曲、2000年代が1曲だから2010年は0曲だよ』と冗談交じりに話していた。

 

が、奇しくもそれは現実となってしまう。

 

2013年12月30日17時頃、妻の静子さんに突然ママありがとう!』と大で言った直後意識を失い、そのまま搬送先の病院で他界した。享年65歳。亡くなる2週間ほど前から足の弱りや頭の疲れを訴えていたが仕事の関係で病院へ行かず経過を見ていた。死因解離性動脈瘤による心肺停止(解離性動脈瘤は初発症状の一つに「突然死」がある危険な病気である)であった。

なお大瀧は自分の頭の中に大量の「新曲」を持っていたが譜面起こしをサボっており、それを危惧した細野晴臣鈴木松本や共通の友人を総動員して新作を作らせようとしていた。が、大瀧の急逝によりその新曲たちはついぞ一音譜面に起こされることはかった。細野が最後に大滝と会話した内容も、ずっとアルバムを出さなかったことが気がかりだったことから、死の1ヶ前に「みんなで手伝うからソロアルバムを作ろうよ」という事実上のはっぴいえんど再結成を匂わせるものだったという。

 

「時代をかける12月旅人よ、らがになって消滅しても、残した作品たちは永遠に不死だ。(『12月の日』という曲の中に)なぜのように『12月』という単ばれていたか、やっとわかったよ。苦く、美しい青春ありがとう。

2014年3月21日 『大瀧詠一お別れ会』にて

弔辞 松本隆


その後、2014年に一周忌を迎える直前の12月3日大滝初のオールタイムベストアルバムBest Always』の発売が決定した。死後に発売決定したもので、当然大滝ノータッチはあるが、かつて大滝山下達郎サンデーソングブックにおける新放談で「シングルだけを集めたアルバムを出したい」といったことをっており、かねてより念願だったオールタイムベストの発売は決して故人の遺志に反するものではないと思いたい。

これには80年代初頭(恐らく、「A LONG VACATION」前後の時期と思われる)に密かにレコーディングしていたという「Sings by OTAKI」バージョンの秘蔵音夢で逢えたらが収録される。この大滝作品最大のヒット曲ともいえる代表作のセルフカバーはこれまで"存在しない"とされており、家族のみがその実在を知らされていたという。葬儀でこの音の存在が明かされるとファンだけでなく関係者もが驚いた。

そして、さらに驚くべきことに、この音デモテープの類でなく、きちんと「マスターテープ」として保管されていたものだという。ベスト盤に収録されるのは2014年に遺品から発見されたそのマスターが使用される。
かつて活動を苦しめてしまった会社ではあるものの、大瀧が音保護と権利管理のため設立したナイアガラレーベルのお陰で音散逸を免れ、理解ある家族によってもきちんと良好な状態で保管されていたことがこの大発見の一因といえるであろう。

その後、2016年にはも出るとは思っていなかったニューアルバムDEBUT AGAIN』の発売が決定している。
大滝詠一の新作アルバムは『EACH TIME』以来32年ぶりで、その収録内容はもが一度は聴きたいと思っていた80年代90年代提供曲のセルフカバーバージョンである。「夢で逢えたら」に続いて遺品整理の過程において新発見に至ったマスターテープを用いている。
その中には「風立ちぬ」「探偵物語」といった大ヒット作、「熱き心に」「リヴィエラ」といった演歌歌手への提供作、「Tシャツに口」のような一人多重アカペラのドゥーアップ音楽活動再開作であると同時に初の漫画家とのコラボ作となった「うれしい予感」、そして抽選プレゼントのみだった「夢で逢えたら ストリングスバージョン」を含めた全10曲構成で、初回盤にはちびまる子ちゃんでお染みの「針切りじいさんのロケン・ロール」などが含まれたナイアガラリハビリセッションでのスタジオ・ライブが付属する。
大滝は生前に「今世紀中のアルバムはもうないけど、来世というなら考えはある」といった思わせぶりな発言を遺しており、その実現となったのかもしれない。
なお、メインディスクの音が一体いつ収録され、どのような的で保管されていたのかは詳しく解明されていない。但し、デモテープ説(仮歌、ガイボーカル)は公式が否定している。
時期的なこと(どの音が活動していない時期の作品)からリハーサルテイクではないか?とも言われるが、本人亡き今となってはにもわからない。

また、これによって、上記の「90年代2曲、00年代1曲、10年代0曲」が実はウソだったことも判明している。
90年代に歌を吹き込んだ作品は『DEBUT AGAIN』の音で3曲となる上、さらにリハビリセッションを含めればより曲数が増加となるからである。

この32年ぶりの新作を祝して、関東ローカルではあるが、ニッポン放送では特別番組が放送されていた('16年2月15日~19日)。なお、圏外でもradikoプレミアムに登録していれば日本で聴く事ができた。

さらにアルバム発売の2日前となる3月19日23時30分からのNHKSONGS』は大滝特集となり、生前に行われていたナイアガラレコーディングを当時のレコーディングメンバー再現する、というテレビのいち番組をえた非常に大掛かりなものとなり、ボーカリストには「探偵物語」で歌唱を務めた薬師丸ひろ子、「Tシャツに口」を提供されたほか「夢で逢えたら」をカバーし大ヒットさせた鈴木雅之が駆けつけ、ラストは遺されたボーカルトラックを用いて鈴木薬師丸・大滝の三人でのユニゾンによる「夢で逢えたら」を演奏するというなものとなった。
大滝の立ち位置には生前実際にボーカルレコーディングに使われたSONY C-38マイクが置かれていた。
当時のメンバーの中には一部故人となった者もいるものの、存命である鈴木茂、斉藤ノブ、上原村松邦男、難波之ら総勢20名が駆けつけ、さらにオーケストラには原千恵子ストリングスを招いての大規模レコーディング並みのセットが組まれた。
なお、「Tシャツに口」の演奏了後に、井上鑑のピアノから独りでに楽譜が飛ぶというハプニングがあり、「大滝さんイタズラしたね」としっかり大滝も出演したことで、共演者を和ませる場面もあった。
余談ながら、大瀧がナイアガラレーベルで最初に出したレコードは『SONGS』(シュガー・ベイブ)というタイトルだった。


次へ»
最終更新日: 19/06/28 14:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ