ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


大空魔竜ガイキング


ヨミ: ダイクウマリュウガイキング
掲示板をミル!
43カキコ!

『大空魔竜ガイキング』守ってみせるぞ君の幸せ by ID: 4MUBPjWG/8

大空魔竜ガイキング』とは、『ゲッターロボ』『ゲッターロボG』の後番組として制作された東映オリジナルテレビアニメロボットアニメ作品でである。

役の搭乗する巨大変形合体人形ロボット兵器、「ガイキング」よりも、海竜を思わせる外見の巨大攻撃母艦大空魔竜」(だいくうまりゅう)の活躍を重視して描かれた作品である。

1976年4月1日1977年1月27日にかけてフジテレビ系列の毎週木曜19:0019:30ゴールデンタイムに放送された。全44話。


概要 


[画像][動] [画像][動]

マジンガーZ」や「ゲッターロボ」によってはじまったスーパーロボットブームの最中、90回の長編となったゲッターロボシリーズの後番組としてゴールデンタイムに放送されたアニメ作品で、対外的には、東映アニメーション初のオリジナルロボットアニメとされている作品だが、途中までダイナミックプロの協があったり、出崎統りんたろう川尻善昭らと共に虫プロから独立してマッドハウスを設立した杉野昭夫が原作に名を連ねている。(ストーリー設定を中谷夫が、キャラ設定を杉野昭夫が、メカ設定を小林壇が担当した持ち込み企画の為)

マジンガーZゲッターロボべて、より防衛組織としての存在を確固として群像劇として描いたり、惑星消滅という窮地を脱する為の侵略といったハードな設定から、少し時間を重ねた事を考慮して対年齢を小学校高学年に設定したと思われる点が見られる。

特に、「敵の中にも友人たりえる存在はいる」「集団と個人の正義は異なる」「裏切り者は断罪される」といった戦争を単なる勧善懲悪ものとして扱わない姿勢や、「エースをねらえ」や「キャッツアイ」「ブラックジャック」の杉野昭夫による魅的なキャラ設定や、勝間田具治・土武・谷口守泰・金田伊功ら当時最高の作画スタッフによる同時期放送のロボットアニメべても安定した作画、特に金田伊功スタジオZが作画を担当した回のレベルの高さにおいては定評があり、特に金田伊功の手による最終回は必見である。

悪な外見の大空魔竜ガイキングジャイアンカッターミラクルドリルといった悪な兵器や、キラーバイトといった噛み付き攻撃等で活躍する様は、ストーリーの重さに対する開放感を与える演出となった。

母艦大空魔竜」やサコン・ゲンの存在から「宇宙戦艦ヤマト」の影が考えられるが、設定面については、当初「超能力者の集団」としてた部分を、「親しみを感じられるように」とかったものにする等、ロボットアニメ一般化を考えていた点も見受けられる。

また本作最大の独自性として、「悪なメカデザイン」があげられる。

戦闘母艦大空魔竜」はガイコツを模した頭部をもち、各所にトゲ状のパーツを装備している他、ロボガイキングも、部は大空魔竜の頭部をそのまま使用する「巨大なガイコツに手足の生えたロボット」であり、インパクトは絶大であった。番組後期には「フェイスオープン」としてネタとしてもり継がれる武装強化が施され、当時から流の追加パーツとの合体ではなく「頭部装甲をふっとばして武器満載の内部を露出させる」と言う破りな強化方法(この状態のガイキングはお世辞にも正義ロボットといえる状態ではなくなっている)等、まさに明期の当時だからこそ出来た可性のある設定に定評がある

しかし、毎日ロボットアニメが放送され、同業他社が大量に入り込んできた時代に、大成功と言えるまでの実績を残すことはできず、途中打ち切りの憂きにあっている。

※そして21世紀初頭、「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」として新作が放映された。


ストーリー


ブラックホールの接近により消滅の危機に陥ったゼーラ。解決策を見出す為に建造された巨大コンピュータ・ダリウスは、ダリウス大帝を名乗ってゼーラ握し、暗ホラー軍団を組織して、地球へ移住するべく侵略を開始する。

侵略者の到来を予見していた大文字博士は、「大空魔竜」を建造して大空魔竜隊を組織し、暗ホラー軍団を迎え撃つ。その中には、暗ホラー軍団の攻撃により選手生命を絶たれた元・プロ野球投手のツワブキ・サンシローの姿があった。

サンシローが乗り込む「ガイキング」と「大空魔竜」の仲間達は、知恵と不屈の闘志で窮地を切り抜けていく中、ゼーラ人側にも侵略意図をもたない者達の存在を知る。

ついにゼーラが崩壊し、ダリウス大帝自らが地球へと飛来するのだった。


超兵器・大空魔竜ガイキング


宇宙からの侵略者に対抗する為に建造された巨大母艦大空魔竜」と、メカガイキング」と3サポートメカで構成される「コンバットフォース」が、暗ホラー軍団の侵略に対抗する。

装甲材として使用されているゾルマニウムは、常時は液化している合で、ジャイアンカッター等の悪な武器も液化しているのが基本な点を利用している。なお設定上は「合」だが鉱脈も存在する。

大空魔竜 大空魔竜隊の恐竜移動要塞。
全身をゾルマニウム装甲で覆っており、2本脚に長い尾の他、侵略宇宙人に対する威圧効果の為か、骸状の頭部に巨大なを備える。

総司令官の大文字博士メイン操縦士のピートの他、68人の隊員が乗り込んでおり、艦内には生活施設も存在する。

単艦でも戦える武装が豊富で、巨大なジャイアンカッター」や、巨大ドリルミラクルドリル」等、悪な外観をより悪にする超兵器定評がある

ガイキング発進時に頭部を射出して若干攻撃・防御が落ちた際も、身体を丸めて首と尾の先をあわせる「ボリューションプロテクト(渦巻き防御形態)」をとって鉄壁の防御を発揮する。

元々は、シュタイ博士の「ダブルイーグル」とのコンペで合格して地球防衛の任を担う事になった。
全長 400メートル
重量 38000トン
原子力・磁光子
最速速度 宇宙:亜光速
飛行:マッハ3
地上:200km/h
水中120ノット
ガイキング 大空魔竜隊から射出されたパート1(上半身)・パート2(下半身)と、大空魔竜の頭部であるパート3が合体して完成する戦闘用巨大ロボゾルマニウム装甲による高い防御を誇る。

大空魔竜の頭部が部を構成する特徴的なデザインをしており、威圧を的とするにしても強な外観をしている。

敵にかみつく「キラーバイト」等、大空魔竜と並ぶ武器の豊富さに定評があった他、ムーンコンドルとの戦闘で大破した際に大幅な改造を施されて四肢が巨大化した他、「フェイスオープン」と呼ばれる頭部装甲をふっとばして内部を露出させる(超兵器ヘッドと言われる)機が追加されて更に悪度が増しており、フェイスオープン状態はどうみても悪役メカにか見えない事に定評がある。 
全高 50メートル
重量 220トン
最高速 マッハ3
翼竜スカイラー 中戦用の翼竜戦闘機ファン・リーが搭乗する。
武器は、機スカイラーミサイルスカイラービームのほか、口から火炎を吐き、サポートメカ中一番の攻撃を持つ。
全長 25メートル
ネッサー 水中専用のメカで、地上でも運用可
武器は、ネッサーファイアー、ネッサーミサイル、ネッサービーム等で、中飛行も可で、単機で敵を倒した事もある。
全長 25メートル
バゾラー 地上戦用の戦車。強な装甲と火力サポートする。
武器は、バゾラーミサイル、バゾラービーム、バゾラードリルや装甲を活かした体当たり等。改造をされる事も。
全長 20メートル

大空魔竜とコンペを争った「ダブルイーグル」は、双頭ととを持った大空魔竜に似た怪獣母艦で、攻撃が高すぎて防衛兵器として危険視されて落選した後暗怪獣として登場し、大空魔竜ミラクルドリルに敗れた。


大空魔竜ガイキングの武装一覧


大空魔竜そしてガイキングは、多くの武装を備えている。中には悪役ロボ用と誤解されかねない悪なものもある。ガイキングの武装数については合体ロボ合体後の状態で使用可な武装数でトップと言われている。 


次へ»
最終更新日: 16/12/24 22:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社