ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天才てれびくん


ヨミ: テンサイテレビクン
掲示板をミル!
255カキコ!

  Let's

くん

)~(木)18:2018:55 NHK Eテレ
出演 大野拓朗 虎南有香 蝶野正洋 オリエンタルラジオ てれび戦士

天才てれびくん」(天てれ・TTK)とは、NHK Eテレ1993年4月5日 から放送している子供向け番組。番組名は4度変更されており、現在は「Let's天才てれびくん」。

NHKCGの底を見せた子供向け番組。「ウゴウゴルーガ」の再来。いや、それ以上の品のよさ。


天てれヒストリー


年度ごとに設定がある。

(天才てれびくん)

1993年 メディアタワー(9人のてれび戦士とテレゾンビ戦場
1994年 メディアステーション宇宙へと逃れたてれび戦士の本拠地)
1995年 メディア砂漠(てれび戦士が不時着、先住民と共に町を賑わす)
1996年 パラレルワールドテレビより面い物が存在、テレビ復活のため面い番組作り)
1997年 同上
1998年 エエカゲンニ(てれび戦士が不時着した

(天才てれびくんワイド)

1999年 地球に到着したロケット内(エエカゲンニから地球に戻った時に乗っていたロケットの中)
2000年 てれび戦士や山崎邦正リサ・ステッグマイヤーの住んでいるアパート
2001年 天才丸(イカサンダルす船
2002年 メディアステーション(テレゾンビに乗っ取られていたメディアステーションを取り戻す)

(天才てれびくんMAX)

2003年 ハイパーキングダム学園(異世界ワープしてしまったてれび戦士が部活動を行う)
2004年 プラズマ界(テレビの中にある世界
2005年 ユゲデール(新地を宇宙する)
2006年 500年後のユゲデール
2005年度設定の終わりにブラックホールに吸い込まれたため、新たな新地を探しなおす)
2007年 ナンダーMAX世界のどこかにあるに存在する秘密基地
2008年 ナンダーMAX(実はお台場に存在していた秘密基地。日付変更船「プッカリーノ」が登場。)
2009年 ?(「MAX」になってはじめて「てれび戦士が面い番組作りをする」というコンセプトになる。)
2010年 天てれ学園(小学生は私中学生制服の設定)

(大!天才てれびくん)

2011年 天才テレビジョン
(架テレビ局「大天才テレビジョンスタッフのてれび戦士が視聴率向上をす)
2012年 同上
2013年 同上

(Let's天才てれびくん)

2014年 未来人スカウトされたてれび戦士が「どちゃもん」と呼ばれるキャラクターを保護し、
の間戦士視聴者)と協して異次元からやってきた異次元を撃退していく
2015年 同上

無印ワイドまではストーリー性があったのにMAXストーリーがなくなるとはなにごとだ。テレゾンビを復活させるべき。


歴代司会者


歴代の会者を下に示す。

(天才てれびくん)

1993年 ダチョウ倶楽部
1994年 ダチョウ倶楽部
1995年 ダチョウ倶楽部
1996年 キャイ~ン
1997年 キャイ~ン
1998年 山崎邦正 リサ・ステッグマイヤー

(天才てれびくんワイド)

1999年 山崎邦正 リサ・ステッグマイヤー
2000年 山崎邦正 リサ・ステッグマイヤー
2001年 角田信朗 山川恵里佳
2002年 極楽とんぼ

(天才てれびくんMAX)

2003年 TIM
2004年 TIM
2005年 TIM
2006年 ) (火) ( TIM
(木) 井上マー 山口美沙
2007年 ) (火) ( 安田大サーカス
(木) ハリセンボン
2008年 ) (火) ( 安田大サーカス
(木) ハリセンボン
2009年 ) (火) ( 照英 西山希 にしおかすみ
(木) ハリセンボン
2010年 ) (火) ( ガレッジセール
(木) 長友) 木下優樹菜

(大!天才てれびくん)

2011年 出川哲朗 鈴木あきえ
2012年 出川哲朗 鈴木あきえ
2013年 出川哲朗 鈴木あきえ

(Let's天才てれびくん)

2014年 大野拓朗 虎南有香
2015年 大野拓朗 虎南有香 ←今ここ

ダチョウ倶楽部山崎邦正出川哲朗と、リアクション御三家うというまさかのキャスティング
だがそれがいい。 


てれび戦士


番組内では、天才てれびくんにレギュラー出演する子役タレントのことを「てれび戦士」と呼称している。
てれび戦士のオーディションは芸事務所に所属している子役タレントしか受けることができず、一般募集されることはない。

番組への出演は1年度単位で、毎年数名の入れ替えが行われる。
わずか1年間で卒業となる戦士もいれば、6年間在籍した戦士もいるなど、その入れ替え理由は大人の事情
ただし、中学3年生になる中学2年生終了後)で必ず卒業となる。

この番組が子供番組として定着してからは、業界内で「子役タレント登竜門」と評価されている。その理由は、

など、番組内で様々なことが体験できるため、タレントとしてのスキルが否応なしに鍛えられるからである。
もちろん出演した子役タレントが番組卒業後も皆成功するわけではないが、成功したタレントが多くいるのも事実である。


主な出身者


現在も芸能界に残ってる卒業戦士


次へ»
最終更新日: 18/11/02 22:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ