ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天才・たけしの元気が出るテレビ!!


ヨミ: テンサイタケシノゲンキガデルテレビ
掲示板をミル!
11カキコ!

天才・たけしの元気が出るテレビ!!とは、1985年1996年日本テレビ系で放送されていた伝説バラエティ番組である。通称「元気が出るテレビ」「元テレ」


概要


ビートたけし会のカオスバラエティ番組。ドキュメントバラエティの元祖であり、「ドキュメントでありながらヤラセの存在をほのめかしつつ、しかし肯定も否定もしない」という演出を用いて笑いを生み出すという新な手法が、テレビを信じる当時の視聴者に大きな話題と困惑を生み出した。
内容は一言で総括できないほど多岐に渡り、「怪しい動きのそば屋がいた!」「半魚人がいた!」などのレポートロケ、ダンス甲子園」「口ゲンカ王」などの素人参企画人隊」「バズーカなどのドッキリ企画から、「勉強して東大に入ろうね会」「ボクシング予備校などのドキュメンタリータッチで涙を誘う企画まで、さまざまな企画が放送された。
しかし、そのすべてに共通するコンセプトとして『見たら元気になる番組』という軸があり、これに関しては番組終了までぶれることはかった。

元々は「元気が出る商事」という会社を舞台にしたコメディを作る予定だったため、松方弘樹野口五郎などお笑い以外のタレントからもキャスティングが行われた経緯がある。この名残で、番組中も「社長」(ビートたけし)、「部長」(松方弘樹)などの役職で呼ばれるようになった。

この番組をきっかけに活躍するようになった出身者も数多く、X JAPANヘビメタ企画)、的場ヤンキー草野球)、山本太郎ダンス甲子園)、劇団ひとりお笑い甲子園)、飯田覚士ボクシング予備校)などが輩出されている。

当番組の総合演出に携わったテリー伊藤鬼才ディレクターとして本格的に注されるきっかけとなった番組でもある。また、チーフディレクターの一人として参加し、彼の下で番組制作に携わった土屋敏男は後に「進め!電波少年」をプロデュースし、この路線を継承しさらに過化させて成功を収めることとなる。
後の「浅草橋ヤング洋品店」「進め!電波少年」「いきなり!黄金伝説。」など、ドキュメントバラエティと呼ばれる虚実が入り混じったバラエティ番組を日本において確立させた先駆者的番組。

1980年代後半~1990年代初頭に人気となり、「大河ドラマ」(NHK)とともに日曜20時に君臨したが、1991年12月から始まった「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)に徐々に人気を奪われていく。
テコ入れとして1995年天才・たけしの元気が出るテレビ!!」リニューアルされるものの好転せず、1996年にその幕を閉じた。


関連動画



■sm2271085[ニコ動]

■sm115486[ニコ動]
■sm5739882[ニコ動]
■sm623970[ニコ動]
■sm2837082[ニコ動]
■sm2573969[ニコ動]
■sm7081373[ニコ動]
■sm58445[ニコ動]


MAD


■sm3118252[ニコ動]
■sm897015[ニコ動]


関連商品


■azB0006B2C2C
■azB000B56P1M


関連項目



最終更新日: 15/09/19 21:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ