ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


天郷2号


ヨミ: テンゴウニゴウ
掲示板をミル!
40カキコ!

『天郷2号』(てんごうにごう 調符号省略:「tian-xiang-er-hao」/テェンシャンアルハオ)とは、中華人民共和国製の黄色モビルスーツ「の、ようなもの」である。

現在四川省遊園地楽園」(乡乐园)に配備されている。名の意味としては、そのまま遊園地の名前の引用という説の他「(まで届くような)デッカイロボット」であるという説がある。

中国内では『②号』(現代中国語発音では「郷」「香」の発音が同一)『高虎』(ガンザフ)『四』(高ガンダムの意)とも表記されるようである。

機体呼称コード
日本 天郷2号/起動せんし四川カンタム/チャイニングガンダム
中国 ②号/四/高
NATO YELLOW DESTINY

概要


2009年より東京お台場で展示された「1/1実物大RX-78ガンダム」に触発されたか、中国四川省遊園地に、大黄色い「ガンダム状のロボットのような物」が2010年、展示されようとしていた。

しかしながら、どう見てもガンダムであったため、日本はおろか中国内のネットユーザーからも批判を浴びることとなり、このにせガンダム1号」は撤去されることとなった。こうして事態はうやむやのまま忘れられると思われた。


■sm13077919[ニコ動]

■sm13078374[ニコ動]

しかし数カ後、のズッコケが襲おうとはが考えただろうか。

2011年1月末、中国より一枚の写真がもたらされた。それが今回の『天郷2号』である。外観はツノのような突起物が増えたほか、動パイプ状のパイピングが施されるなど、1970年代タツノコアニメ悪役ロボのような外観・カラーリングとなっている。

軍事ナリストの一部には、中国政府ジオン公国側との技術交流協定によるものとの観測もあり、地球重力下および様々な気条件のもとでの、各種テストに供されるものと推測されている。

その後の状況

JCASTの続報によれば、現地ニュースサイト話題として「旧正月に合わせて、ライトアップされる天郷2号」の話題が報じられた。[→中国「偽ガンダム」復活 装飾付け加えライトアップ中][外部]

ライトアップのさまはまるで「ガンダムねぶた」であり、そこはかとないパチものくささに奮すら覚えることだろう。


日本国内の反応


直前に漁船衝突事件など、日本社会的にも反中感情の高まりがあったため、「1号」の時には呆れ顔で沈黙--しかしそれは許容を意味しない--していた日本人であったが、今回の「2号」には怒る前に笑わされてしまった。

日本人男の子ならば子供時代、だれしも「自分だけのオリジナルモビルスーツ」を想したことがある。思わずその懐かしさを刺されてしまったのであろうか、この「いい加減なデザイン」はすべきものとしてひろまってゆくこととなる。

pixivにおいても「いかにかっこ良く描くか」というコンセプトのもと、各絵師が思い思いに腕を奮っている。またガンダムプラモデルをあえて改造し、このロボット再現しようとする試みもあるようだ。

ニコニコでもさっそくMMDモデルが登場、また独自3Dモデルにより製作された動画報道でも紹介された。これらの動画中国側にも再輸出され、中国人を驚かせている。

意外な人物の反応

一部ツイッターユーザーが『機動戦士ガンダム』のメカニックデザインを担当した大河原邦男氏に通報したところ、このようなつぶやきがあったようだ。

情報有難うございました。70年代ロボットの寄せ集めの様ですネ!!若かった頃を思い出します。

 やはりガンダムに代表される、いわゆるリアルロボット路線登場以前の「スーパーロボット」時代のにおいを感じられたようである。


関連動画


まずは日本国内の報道によるもの。

■sm13468684[ニコ動]

MMDモデルが登場。下段左の動画ビリビリ動画にも輸出されている。[外部]

■sm13482736[ニコ動]
■sm13484475[ニコ動]
■sm13483016[ニコ動]
■sm13490727[ニコ動]

それ以外の3DCG。これは報道で最も有名となった動画[外部]でもある。これもビリビリ動画で視聴可能[外部]

■sm13494635[ニコ動]

中国側からの投稿えもはや会話のドッジボールに。

■sm13469703[ニコ動]

■sm13485766[ニコ動]
■sm13499903[ニコ動]


関連項目・リンク



最終更新日: 11/12/15 01:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ