ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太公望


ヨミ: タイコウボウ
掲示板をミル!
10カキコ!

太公望とは、

  1. 周代の歴史人物の通称。姓は、氏は、名は(望)、字は子牙(牙)。
  2. 1の人物をモデルとした物語上の登場人物。日本の作品ではこの通称率が高い
  3. 1の人物をモデルとした宮城谷昌光による歴史小説タイトル
  4. 1の人物に由来する釣好きな人に対する呼称

のことである。


概要


周の軍師にして後に斉の始祖となる呂尚の通称。渭ほとり釣りをしていたところ、文王により、子むこと久し(が祖が待ち望んでいた人物である)」と言われ召し抱えられたという逸話に由来しているとされている。

文献等では「呂尚(望)」『封神演義』といった古典小説等では「姜子牙」といった具合で呼称表記されていることが多いが、歴史モチーフとした日本創作では「太公望」の名称でのみで通している場合も少なくない。また、時代の流れかそれとも封の知名度を上げることとなった作品の影なのか、元となった封と違い老人ではなく若者として描かれることがほとんどである。


「太公望」の呼称をメインで起用している作品



封神演義(漫画)


CV結城比呂
週刊少年ジャンプ重な知略系主人公の一人。媒体に合わせてか若じじいキャラという設定づけがなされた。「姜子牙」の呼称はキャラ紹介欄にはあるものの本編では全く呼ばれていない。作中でしばしば用いられている師叔(スース)呼びは師匠子(血縁でいうところの叔父に該当)に対する尊称であるのだが、注釈では「師匠子」と書かれており完全版でも修正されていない。あと伏羲関連の設定は全に本作オリジナルなので混同注意。念のため一応。


封神演義(ゲーム)


コーエーより発売された訳版をモチーフ制作されたゲームシリーズ主人公。こちらも若者として描かれている。また、舞台キャラクター設定を地続きとしながらも1の主人公は崑崙山の導士「太公望」、2の主人公は遊牧民の少年「子牙」としてそれぞれ別人扱いにするというなかなかの大技に出ている。


無双OROCHI


CV岸尾だいすけ
魔王再臨より参戦(一応OROCHI以前にも宝物庫武将としてモブグラで出たことはあったが)。自信過剰タイプ青年。武器は釣竿。また、武器には原作では他キャラの宝であった「」とつく名称のものが原典にはも含めてい踏みしている。


小説『太公望』


1998年に発売された宮城谷昌光による歴史小説ハードカバーは全2巻で文庫版が全3巻。一族を皆殺しにされた復讐心の少年時代より幕を開ける革命物語。滅亡側から描いた作者過去作である『王日』とは視点的な意味でも対となっている。藤崎竜による漫画封神演義も本作よりいくらか影を受けている。


関連動画



■sm1913336[ニコ動]

■sm2990347[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/12/30 05:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ