ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太田資正


ヨミ: オオタスケマサ
掲示板をミル!
30カキコ!

「太田資正」(おおた・すけまさ 1522 ~ 1591)とは、関東戦国武将である。


概要


生涯を通じて後北条氏と敵対し続け、直江兼続をして

「わがの大小の名将中で、謙信太田三楽に及ぶ者はない。」

と言わしめた知勇兼備のの名手にして、軍用を正式採用した戦国時代トップブリーダー。後は「太田三楽斎」と名乗る。


生涯


清和源氏の末流と言われる太田氏の太田資頼の子に生まれる。曽祖足軽戦法を正式採用した太田道灌

と共に岩付にて扇上杉氏の上杉朝定に仕えていたが、が死んでの仲である太田資顕が督を継ぐと、岩付を飛び出して実家である難波田憲重松山に身を寄せた。

文十五年(1546年)、君・上杉朝定に従って河越夜戦に参加するものの、北条氏康の策により連合軍は大敗、上杉朝定は戦死して扇上杉氏は滅亡してしまう。松山を奪われた後は、上野金山由良成繁にところに居し、北条氏康里見義堯を攻める隙をついて松山を奪還した。

の仲だった・資顕が病死すると、のいない岩付に乗り込んで督を継いだものの、太田氏の臣の多くが北条氏についたうえに、松山を任せていた上田朝直北条氏康を明け渡してしまう。孤立援の岩付を包囲された太田資正は北条氏康に降伏し、臥薪嘗胆の日々を送った。

清和源氏の末裔とあって、戦国時代ガラハドこと古河方(こがくぼう)・足利義氏の下に置かれ、長男太田氏資にはを娶らせるなど北条氏康からは厚遇をうけたが、滅亡の復讐の炎は燻り続けていた。この状況は十年以上続いていたが、永三年(1560年)、上杉憲政の養子になり正式に関東管領を継いだ軍上杉謙信関東出兵の際に、遂に資正は後北条氏より離反し、上杉軍の先鋒を務めることになる。上杉軍は小田原まで進撃したものの下の堅小田原城は落ちずに軍は撤退するも、以降資正は後北条氏との敵対路線を明確にした。

その後も、織田信長と誼を交わして畿内にも名が知れる活躍をしていたものの、里見義堯と組んで北条氏康と戦った府台決戦(1564年)に敗れた上に、北条氏康婿であった長男太田氏資に叛かれて岩付を追放される羽になってしまう。居を追放された後は佐竹義重を頼り、小田氏治を破る等して武蔵を奪還する機会をうかがい続けた。

時代が下り、下人豊臣秀吉小田原征伐にやってくると、秀吉に謁見して慎重論を唱えたものの、あまりに慎重論すぎて失笑を買ったらしく、秀吉より、太田資正が関東覇者になれなかったのが不思議だと嫌味を述べられたりもしたが、小田原征伐により後北条氏が滅亡するのを見届けると、戦う相手が居なくなって今生に未練がなくなったのか病没した。享年70歳。

その他「太田資正」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。[外部]


戦国時代のトップブリーダー


太田資正は、岩付松山を領有していた頃に、それぞれの50匹ずつ合計100匹にも及ぶを飼っていた。

あまりの好きによりとじゃれあう事もしばしばであった事から臣達から「こいつ大丈夫か?」と思われる事もあったらしいが、そんな事は「大鳳の心知る者なし」とばかりにそれぞれので飼っている別に、二つのの間を連れて行きかい、有事の際には「を解き放て」を命していた。

まもなく太田資正が岩付に居る時に、北条氏康松山に攻め込んでくると、岩付に送ったザリガニ使者はすべて魔の手の者によって葬られていき、松山前の火となったが、ここでを解き放つ事を思い出した松山臣達は、筒をつけて救援を乞う書簡をいれて解き放った。

さすがの魔もには気づかなかったのか、松山から解き放たれたはまっしぐらに岩付の太田資正の下へと駆け込み、急を知った太田資正は松山に救援を送り、北条勢を駆逐したと言われており、その後も連絡役に達は活躍したらしいのが、日本初の軍用「三楽」を用いた「三楽の入替え」と呼ばれるエピソードである。

なお、太田資正の曽祖太田道灌は、名のりの後の一騎打ちメインとなっていた当時の戦争にあって、訓練された足軽による集団戦術をもって撃退する戦法を始めて採用・運用したと言われており、人との違いはあれ、日本初の軍事的運用を太田氏の血族である二人が行ったことは何かの縁なのだろうか。


戦国大戦


■azB007JSM7U2

「これがの、勝利への執念だ!」

Ver1.2他で参戦。やはりというか背景にはが映っている。スペックはまあまあと言ったところ。
計略の「三楽斎の気」は、相手の武を上げそれに応じて自分の武が上がる。勇猛果敢の亜種
柄の大太刀と違ってこちらは一定以上で移動速度と突撃ダメージが上がる。

しかしながらの2.5コスト龍造寺隆信長野業正斎藤義龍デッキ軸たる武将が集う戦区のため彼の雄姿を見ることは少ない。三楽斎の気は柄の大太刀とは違い武がそこまで上がらないのもあり乱戦にもあまり向いてないというのもある。武8騎だけなら2コス赤池長任もいるしな…。

なお息子梶原も同時に1.5コストの騎隊で登場している。制圧持ちの1.5騎は他では彼だけなので独自性はある。


関連動画


ニコニコ動画では「信長の野望革新」において、武田上杉・北条・佐竹に挟まれた状態でスタートして即滅亡する時報代わりの恒例行事な事に定評がある

泉こなた達の高校の近くにある岩槻舞台にした「らきすた☆立志伝」に登場。


■sm1590380[ニコ動]

■mylist/3605190

岩槻の座を開始即こなたに譲る。その後は「太田さん」と呼ばれて親しまれている。

戦国時代に飛ばされてきたアイドル達が終結する太田として登場する「戦国アイドルマスター

■sm1255812[ニコ動]
■mylist/3130381

お約束の「開始即滅亡」の危機坊主外交を駆使して回避したら太田ターン

▼独特の命名センスを持ち、戦争よりが大事な戦国トップブリーダーとして登場する「がんばれ氏康くん

■sm6420330[ニコ動]
■mylist/11042364

の名前は「ヘンリー」「ミルレッド」「スコット」「権作」

▼「信長の野望革新PK」地方別武将ランキング関東編に、統率1位・総合5位で登場。

■sm3145677[ニコ動]

北条早雲北条氏康太田道灌佐竹義重長野業正らはチートで登場。 


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける太田資正(太田三楽斎)の力一覧。

さすがの高。近年は知略が強化されており戦闘面では隙がくなっている。ほぼ全シナリオで活躍できる寿命の長さも魅的。作品によっては北条氏康に対して嫌悪設定がついていて北条では登用不可能。大名としての登場は世紀以降だが、大抵北条の前に為す術もなく滅亡させられる運命にある(→時報)。
余談。mobageの「100万人の信長の野望」では、通常のバージョンとは別に満面の笑みでとじゃれあっている資正も登場している。微笑ましい。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 72 政治 69 62 野望 64 教養 56
覇王 采配 72 戦闘 76 智謀 55 政治 62 野望 64
天翔記 戦才 152(A) 智才 114(B) 政才 124(C) 73 野望 79
将星 戦闘 77 智謀 63 政治 60
烈風 采配 68 戦闘 66 智謀 57 政治 52
世記 采配 73 智謀 52 政治 45 野望 73
蒼天 統率 73 知略 57 政治 45
下創世 統率 76 知略 62 政治 45 教養 54
革新 統率 88 武勇 74 知略 78 政治 50
統率 88 武勇 74 知略 83 政治 50
創造 統率 82 武勇 70 知略 84 政治 52

関連商品


■azB00016BARA
■az4062646277
■az4537120401
■az4902863081


関連コミュニティ


■co1786
■co405

■co794
■co227


関連項目



最終更新日: 15/12/20 21:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ