ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太陽


ヨミ: タイヨウ
掲示板をミル!
152カキコ!

The Sun

太陽(The Sun)とは、太陽系恒星である。

太陽系 : 太陽 - 水星 - 金星 - 地球) - 火星 - 木星 - 土星 - 天王星 - 海王星
惑星ケレス - 冥王星 - ハウメア - マケマケ - エリス


太陽


太陽とは、地球をもたらす体である。ちなみにをもたらすのはである()。夕方、線に沈みかけているときに「ばかやろー!」とか言われるかわいそうな存在。

間、を見上げればたいていの日は見られるが10以上も視すればが逝っちゃうので絶対視しないように。実際、2008年3月インドのコッタヤム県にて「太陽を見ているとマリアの姿が浮かびあがる」という噂を信じたキリスト教徒、少なくとも50人が太陽を直視し失明するという事件が起こっている。

サングラスや通常の減フィルターを通しても直視は危険である。どうしても見たければ太陽観察用のフィルターを使って観察すること。


概要


銀河系の所属する恒星のひとつである。銀河系の中心から2万8000光年離れた所に位置し、オリオン腕(銀河系の腕のうち、オリオン座のある方向)の中にある。更に太陽は銀河系内を転しており、2億6000万年で1周している。そのため太陽は生まれてから銀河系20周ほどまわっていると思われる。

地球からの距離は約1億5000万kmで、光速で8分20ほどかかる距離である。厳密には均で149,597,870kmであり、これを1単位と定義する。1単位は約1/63000光年である。


物理的性質


宇宙では非常にありふれたタイプ(スペクトルタイプG2V)の恒星である。これといって特徴のある恒星ではない。直径は1392000kmで地球109倍である。そのため体積は130万倍ほどある。対して質量は1.9891×1030地球の33万倍であるため、均密度は地球のほうが大きい。

度は、地球から見たときは-26等級であり、絶対等級は4.7等級ほどで、恒星としては決して明るい部類には入らない。ただし、全恒星で上位10%ないし5%以内に入る明るさがあると思われる。現に太陽を中心にした半径15光年の球の中には46個の恒星があるが、その中で4位の明るさを誇る。これは恒星は暗いものほど格段にその数が多いということを示している。


構造


太陽の正体は水素ヘリウムの塊である。水素73.46%ヘリウム24.85%、その他元素1%ほどである。水素ヘリウムだけでできているといっても問題ないが、1%のその他元素だけを取り出しても全惑星衛星の合計質量の10倍ほどの質量がある。

太陽は、0.2太陽半径以内の核と呼ばれる部分で核融合おこなって自らいている。毎7億tの水素を6億9500万トンヘリウムに変換し、その質量の差分がエネルギーになっている。これはTNT9.1 ×1016 トン に相当し、それを永続的に爆発させ続けていることになる。また、100ワットの電球、3.85×1026個ぶんのエネルギーに相当する。

0.2~0.7太陽半径の層を射層と呼び、0.7~1.0太陽半径を対流層と呼ぶ。これらの部分では核融合おこなっていない。そして、球と呼ばれる層を太陽表面とし、球の大きさを太陽の大きさとしている(つまり測での大きさ)。 球は通常6000Kだが、周囲より温度の低い(4000K)黒点というものが観測できる。周囲より暗いため、く見えるだけで実際は黒点いている。黒点だけ取り出すとオレンジ色にいているだろう。

しかし実際は太陽は気体で、上層にいくほど徐々に大気の濃度が薄くなっているのではっきりした表面はない。そのため球の外側も太陽の大気の層であり、その部分をコロナと呼ぶ。コロナ温度200万Kあり、低層の6000Kとべて極めて温度が高いが、その理由は不明である。


太陽の一生


太陽の推定年齢は46億年である。寿命100億年程度とされているので、あと50億年近くはき続けるが、核で燃料である水素をほとんど使い果たすと、今度は殻の外で水素核融合が起きる。すると重力と放射圧のバランスが崩れて、赤色となる。その後再び核で今度はヘリウムに着火、ヘリウム核融合が発生し、再びある程度収縮する(系列の時期とは違い外層が不安定なためケフェイド変光星なる)。その後また殻の外側でヘリウムに点火、赤色になり、それが尽きると今度は核で炭素に点火し、収縮。外層がさらに不安定なミラ脈動変光星となり、外層を漏らし始める。この過程で最終的には今の200倍の半径になり現在地球に達する。そのときの度は現在の数~数千倍はあるので、地球は灼熱地獄と化し、生物は存在できない(太陽自体の質量が低下する影で太陽の引も低下、それにより地球の軌現在火星のあたりまで後退し飲み込まれることはない。というか、そのか以前(20億年後程度と言われている)に蒸発により、生命は絶滅している)。
太陽の質量では炭素を燃料にすることができず、核融合反応は収束。膨を続け、外層を放出し、核だけを残した余熱で白色となり、数兆年かけてゆっくりと冷えていき、まったくかない黒色になるものと思われる。

黒色永久にそのまま残るかについても諸説あり、陽子が非常に(それこそ天文学的な)低確率ではあるが崩壊するという学説が正しければ最終的には何も残らない。


太陽について考える


太陽がもしもなかったら 地球はたちまち凍りつきます
は枯れ をすて 人はほほえみなくすでしょう

太陽は 生命(いのち)のです 幸せを 守る炎です

太陽が燃えているかぎり かならずまぶしいがきます
悲しみのが つづいても 君は負けずにを待ちましょう

太陽は みんなのモノです にでも をくれます

でもそんな太陽をちぎって食べてしまうとんでもない日本人女性がいます


関連動画



■sm1901827[ニコ動]

■sm4720175[ニコ動]
■sm8688120[ニコ動]
■sm12578288[ニコ動]
■nm14798528[ニコ動]

ニコニコ動画での太陽の名言

で、こうやっての前にちょうどの前に『 太陽 』っていう字があったのよ

柴田の可能性

岡村 = 太陽

松岡修造


派生物



「太陽」が含まれている項目


他多数 →「太陽」をタイトルに含む単語記事検索結果


関連項目



最終更新日: 18/06/04 20:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社