ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


太陽のしっぽ


ヨミ: タイヨウノシッポ
掲示板をミル!
15カキコ!

太陽のしっぽとは、アートディンクより1996年4月に発売されたプレイステーションゲームソフト

神ゲークソゲーバカゲーetc.人それぞれ様々な呼ばれ方をする、シュールシンプルプレイステーションされゲー。


概要



テーマ


 『けものをみがけ

 学校や会社で毎日拘束され、現代社会に疲れてしまっている現代人に送る、勝手気ままな原始人体験。

 規法律もへったくれい、ルール用、自由奔放、木とだけが生い茂る限の大地を、走って!跳ねて!狩って!食って!寝て!そして死んでいく・・・そんな自由すぎる原始人ライフは、現代人の忘れてしまった大切な何かをんでいる。


一応の目的


 マンモスを倒し、そのマンモスの牙で太陽にまで届くを積み建て、太陽のしっぽを掴むことが的。


原始人ライフの醍醐味


①、産めよ増やせよ地に満てよ?

 動物を仕留めて得たを自分で食うとが上がるが、持ち帰ると原始人の数が増える。
 最初の集落には太陽へのを立てるための高台しかないが、を持ち帰るほど小屋がどんどん建ち、様々なアイテム(後述)が増えていく。
 また原始人が増えれば残機(?)も増えるのだが、彼らの顔は増えるごとにどんどん凄いことになっていく。

②、原始、地の恵みは和菓子だった

 原始人の生活基盤は狩り自然になる木の実などの採集、しかし本作における採集の対木の実に見えてよくよく見ると和菓子
 どういうわけか和菓子の老舗「鶴屋吉信」の協を取り付けたことにより、けっこうな種類の和菓子フィールドに散りばめられることとなった。

③、が造ったかオブジェ

 原始人が暮らす世界のどこかには、明らかに人の手で造られた何かが存在する。
 例えば原の中にぽつねんと存在する巨大な「人間の鼻」。が何のつもりで造ったのかは全くの
 それらを探して、いはただ何も考えずこの世界を走り回るのも一である。
 ちなみに触れると特殊なを得られる石版など、意味のあるオブジェもある。


原始人ライフの難点 


 自由で勝って気ままな原始人ライフとは言え、原始人には原始人なりのストレスがある。

①、自由すぎて、逆にすることがい!

 申し訳程度にイベントがあるものの・・・、刺める現代人にはちときつい。

②、自由すぎて、何をしていいかわからない!

 何もしなくても良いゲームなんだけど・・・、刺に慣れてしまった現代人にはちときつい。

③、原始人ライフも結構忙しい

 病院どころか医者もいない、そんな原始世界寿命は当然短く、そのため生き急がなければならない。
 もっとも、最初のうちは強敵のイノシシバイソンに怖いもの見たさで喧を売ったり、暴なサーベルタイガーの縄りにうっかり踏み込んだりで、寿を全うするより野生動物に殺される方が多いかもしれないが。

④、眠たくなったら寝る

 原始人は眠くなったら勝手に寝てしまうが、原始人が起きるまで、プレイヤーは何もできず見守っていなければならず、かなりのストレスがある。
 またどういうわけかゲームスピードが遅くなることが多く、睡眠時間がさらに長引いてしまう。

⑤、垂直ジャンプ

  斜面を登っている時ジャンプすると、斜面の面に対して垂直に飛び上がり、重力が常に下に働いているため、斜面を後退してしまう。これを面から出るときにやってしまうと、また水の中に戻ってしまい溺死してしまうこともしばしば見受けられ、かなりのストレスとなっている。


愛される理由


 上記の難点を度外視して、原始人ライフを体験させるというコンセプト摯に貫いている点がまず理由として挙げられる。また、原始人ライフシンプルさゆえのシュールさから、最初はすごく面いけどすぐ飽きるという、ゲームとしての「」と「持久」のギャップにしいものがあり、この点もされる理由のひとつといえるだろう。


関連動画



■sm980377[ニコ動]

 ■sm4314173[ニコ動]


関連商品


■azB00005S8NZ


関連項目



最終更新日: 12/04/02 19:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ