ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


奈良時代


ヨミ: ナラジダイ

奈良時代とは、日本の時代区分。遷都710)から平安京遷都794)までをす。

名前の由来は、の置かれた場所の地名。


概要


中大兄皇子天智天皇)による大化の改新、大海人皇子(天皇)による申の乱とその後の天皇持統天皇による制の推進によって中央集権国家としての様々な革が行われた前代。皇位継承にすこし時間が生じたものの、遷都されたのち、聖武天皇もそれを引き継いでいった。

ヤマト王権による中央集権体制は東大寺の大建立によってその最盛期を見せるが、その裏では数多くの政変を引き起こし、ついに称徳天皇の死によって、天皇系の皇統も絶えてしまった。こうして天智天皇系の天皇中継ぎにし、天皇系の皇統の復活がもくろまれたが、肝心の天皇の離反を招き、済王氏出身である高野との間に生まれた桓武天皇が即位。傍流ゆえの弱体な基盤を系で強化しようとした桓武天皇によって山城への遷都がもくろまれ、794年に平安京への遷都をもって、の時代は終わりを告げるのである。


平城京前史


天皇の妻である持統天皇は、制を進めていく一方で、息子皇子亡き後の自分の皇統への継承を確固たるものとした。こうして即位したのが文武天皇である。ところが持統天皇が没してからわずか4年後の大宝三年(707年)に文武天皇が亡くなり、文武天皇息子である後の聖武天皇が成人するまでの期間別の天皇が必要になったのである。

そこで中継ぎとなったのが、文武天皇元明天皇である。そして和元年(708年)に、元明天皇に議政官たちが遷都を進める。旧来の都をモデルにした藤原への遷都計画はそれ以前から進められていたものの、唐の長安をモデルにした新しい都の造営が、制の徴として進められていく。こうして和三年(710年)にへの遷都が行われたのであった。


聖武天皇の即位


元明天皇は霊元年(715年)に退位した。その跡を継いだのは後の聖武天皇である孫の首皇子ではなく、元正天皇であった。これは中継ぎとしての役割を果たす実があるからと、元明天皇元正天皇を信頼していたためとされる。

元正天皇の代には元明天皇の政策が引き継がれていたが、石上麻呂穂積親王、大伴安麻呂といった前代のトップたちが亡くなっていき、一残った藤原等とその息子たちが養老などを進めていった。しかし藤原等は養老四年(720年)に亡くなり、長屋王がそれを引き継ぐこととなる。

等が亡くなった後、多治三宅麻呂穂積老の二人が、謀反を企てたとして刑を命じられるも、首皇子の奏上で配流に減じられる、という事件が起きた。すでに藤原氏への反発が高まっていたのである。

そんな中、中継ぎを見事に勤め上げ、譲位しても問題ないと元正天皇はついに判断し、養老八年→元年(724年)、ついに聖武天皇が即位したのであった。


聖武天皇政権と大仏建立


こうして聖武天皇は即位した。しかし、四年(727年)には藤原明子との間に生まれた皇子はわずか3日で亡くなり、藤原氏に焦りが見え始めた。

そこでまず起こったのが元年(727年)の長屋王の変である。長屋王が謀反をたくらんだというのである。長屋一家はすぐに自害したものの、『続日本記』の記されたころにはすでにこれは冤罪である、という見方が強かった。その背後にいたのが、藤原氏とされた。

そして同年、荒業を使い藤原明子が立后され、天皇以外から初の皇后が誕生したのである。ところが、変地異と疫病が流行。七年(735年)から九年(737年)にかけて、新田部親王、舎人親王や聖武天皇の外祖・賀茂売といった皇族、活躍々しかった藤原等の息子たち、藤原武智麻呂藤原房前、藤原合、藤原麻呂藤原四子といった朝廷トップが一気にいなくなり洞になったのである。

その隙間を埋めたのが、臣籍降下した葛城王、つまりである。藤原氏藤原等の孫たち、というまだ経験不足の人々しか残っておらず、藤原豊成を除けば、の政権に残ることはできなかった。そこで起きたのが十二年(740年)の藤原広嗣の乱であり、彼は政権に参画した僧・玄昉と吉備備の排除をもくろんだのだ。

九州で起きたこの反乱に聖武天皇は次々と遷都を繰り返す(この順番がまた覚えにくい)。恭仁香楽難波といった数々の都を放浪した末に、聖武天皇は大の建立を計画する。結局十七年(745年)にに戻ってきた聖武天皇は、この間国分寺建立の詔や墾田永年私財法を発布しつつも、僧・行基を大僧正に任じ、ついに勝宝四歳(752年)に東大寺舎那開眼供養が行われたのであった。


聖武天皇の没後と数々の政変


さかのぼること感宝元年(749年)に聖武天皇倍内親王に譲位し、孝謙天皇が即位した。そして大の建立を見届けると、勝宝八歳(756年)に引退聖武天皇も没することとなる。

勝宝九歳(757年)にが亡くなると、突然皇太子祖王がされ、大炊王が皇太子となる。祖王に継がせるという聖武天皇の遺言はあっさり反故にされたのである。

かつて藤原等が作った養老が施行される一方で、朝廷では息子である奈良麻呂が外され、代わって藤原麻呂が頭を現した。そしてついに奈良麻呂が謀反を企てているという奈良麻呂の変が発し、安宿王、文王、祖王ら皇族も含めた刑罰の末、奈良麻呂死したのである。

さらにこの件で責任を取らされた藤原豊成が解任され、元号宝字に変わる。そして孝謙天皇皇太子の大炊王(天皇)に譲位する。一方藤原麻呂恵美押勝と名をめ、唐められた官名の中から恵美押勝は従一位の大師に任じられたのである。しかし一方で調整役だった明子が亡くなり、天皇恵美押勝と孝謙天皇との間に齬をきたし始めていた。さらに恵美押勝の藤原麻呂が亡くなったことで、次第に恵美押勝の権勢に陰りがさし始めていた。

そして安史の乱の影下で、新羅への侵攻計画も進められる中、悪が続くようになった。そんな中孝謙天皇に接近したのが僧・である。疫病の結果新羅征討計画がついに中止されたタイミングで、宝字八年(764年)、恵美押勝の乱が起きる。先手を打たれた恵美押勝は太政官印を持って逃走するも、陸からの攻撃でついに捕まり、斬首された。

乱が終わると、藤原豊成が復権し、天皇位されて淡路に流される。また舎人親王の子である船親王、池田親王も流された。こうして孝謙天皇が称徳天皇として重祚。翌年には護に元する。そして、和気王が殺されるという和気王の変が唐突に起きる。称徳天皇はさらにを法王に、藤原永手を左大臣に、吉備備を右大臣に任じ、の権勢は絶頂に達した。称徳天皇は、元。三年(769年)には突然不破内親王が配流される。

こうして相次ぐ政変の後、ついにかの有名な八幡託事件が起きる。を皇位につかせようとする託を、和気清麻呂が否定した結果、配流されたのである。


光仁天皇の即位と平安京へ…


しかし、翌年ついに称徳天皇が亡くなった。吉備備の反対工作があったかどうかは不明だが、藤原氏らによって天智天皇系の王が皇太子とされ、さらにも含めた孝謙・称徳天皇の関係者が処罰されていった。

王、つまり天皇藤原麻呂以来の混乱した政務の立て直しを図り、聖武天皇井上内親王を皇后とした。しかし、宝二年(771年)に井上内親王および、皇太子・他戸親王がされ、高野との間の子・山部親王が皇太子とされたのである。天皇難波内親王が亡くなると、井上内親王、他戸親王を閉し、二人とも怪死する。
なお、天皇の時代は宝十一年(780年)に治呰麻呂の乱に代表される、羽での三十八年戦争が盛んになった時代でもあった。

そして応元年(781年)、山部親王、つまり桓武天皇が即位する。天皇はその年のうちに亡くなる。あけて延元年(782年)、焼王の子・氷上川継が謀反を起こそうとしているという事件が起きる。氷上川継や母親の不破内親王は流罪にされ、藤原成といった人々が処罰された。加えて左大臣・藤原名も降格左遷された。

そしてついにからの遷都が行われ、時代は平安時代になっていく。


関連商品


■az4642064699
■az4004312744
■az4642068198
■az4642064893
■az4642064907


関連項目



最終更新日: 19/04/02 23:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社