ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


奥平風也


ヨミ: オクダイラフウヤ
掲示板をミル!
34カキコ!

奥平風也(おくだいら ふうや)とは、「遊戯王ZEXAL」の登場人物である。CV井口祐一


今日も概要の大盤振る舞い!


大盤振る舞い遊戯王ZEXALの作品中のテレビ番組「異次元エスパー・ロビン」にヒーローとして出演している、子役少年
名前はおくびょうかぜとも読めるが、口にしてはならない。
キャラクター自体はOPアニメでも登場していたため視聴者達には第1話から顔と存在を知られていたが、奇妙な形の仮面マントといったコスチューム、そして手にはというの容姿からアニメに登場するまでは一部では変態仮面という不名誉なあだ名で呼ばれていたとか。
そんな彼がアニメ本編に最初に登場したのは第7話で、遊馬達の住む世界でやってきて日の浅いアストラル小鳥に負けず劣らないほどの熱中ぶりを見せていたヒーロー番組の主人公だったのである。
それはもう、ハクションフィクションという概念を知らないアストラルが彼を「自分と同じく異世界からやってきた仲間」だと勘違いした結果、遊馬日常生活はおろか也とのデュエル中に至るまで散々に困らせるほどであった。

大盤振る舞い」が口癖で、特徴的な口癖や口調を持つキャラクターが多い本作において、遊馬の「かっとビング」と合わせて地味人気を集めているフレーズでもある。ちなみにこれは也自身の口癖なのか、それとも「エスパー・ロビン」というキャラクターの決め台詞なのかは明言されていないが。

世間では大人ヒーローとして脚を浴びる彼だが、本来の彼はクモなどのが大嫌いな一面を持つ内気・臆病な性格の普通少年である。趣味でもあるデュエルを通して遊馬とは一時は心を通わせたのだが、共演者でもある母親に妨された事から母親との考え方の行き違い・確執に疲れ、さらにはアストラル小鳥のみならず自分を「悪と闘い続けるヒーロー」として応援してくれる数多くのファン達の期待でメンタルが押し潰されそうになっていた。
その晩、ベランダで「No.83 ギャラクシー・クィーン」のカードを拾ってナンバーズで心の闇を増幅させられた結果精面も身体も著しく変貌。自らを心身共にヒーローであると思い込んだ結果、どんな小規模な悪事も片っ端から「暗帝王デッドマックスの手先」とみなす危険思想を頼りに、ファンサービス正義大盤振る舞いを下していくようになる。やがてその出来事はハートランドでもニュースとして「エスパー・ロビンを名乗る何者かに襲撃される」というの事件として放映され、これが也の仕業であると感じた遊馬ロビンオタクと化したアストラルと共に彼を止めるべく奔走するが・・・

遊馬とのデュエルでは僅か2ターンで攻撃3000のエースモンスター異次元エスパー・スターロビン」とNo.83の2つをフィールドへ召喚する程の手腕を披露、さらに続くデュエル大詰めでは第8話というストーリー序盤にも関わらず攻撃8000のモンスター大盤振る舞いするという展開は多くの視聴者を驚かせた。
しかし遊馬アストラルコンビ敗北した事でナンバーズの呪縛から解放された也はその後、考えをめた母親めて和解を果たすのだった。

ナンバーズ回収後はもう出番がいのかと思われたが、続くWDC編では彼もWDCにも出場していた事が判明し、45話にて再登場の大盤振る舞いを果たす事になった。遊馬とのデュエルから、およそ9ヶぶりの登場である。
肝心の対戦カードはというと、WDC運営委員を降りて参加者の1人となったゴーシュとのデュエルとなったが、遊馬との対戦時と同様でロビンファミリー軸としたデッキであるものの遊馬とのデュエルを経て母親との確執・呪縛から解放された彼は精的にも大きく成長しており、デュエルでは前回以上に重いデッキを自在に操る腕前をもってゴーシュの本気のデッキと互に渡り合うなど壮絶なデュエル大盤振る舞いを展開。
そりゃもう、ファン達の前で抵抗もなくマスクを外し素顔をしてみせた機質・感情に定評のあるアストラルさんに「胸が熱くなるな」とまで言わせたくらいに。
最終的にはゴーシュに僅差で敗れてしまうが、ゴーシュ也の戦いぶりには1人のデュエリストとして敬意を払い、決着後は互いの健闘を称える合う一幕もあった。この一連の展開には遊馬達のみならず、多くの女性ファン及び視聴者達も共に也の戦いぶりを称えたほどである。
この回によって、「おくびょうかぜなり」という汚名返上の大盤振る舞いを見事に果たしたといえるだろう。

その後「遊戯王ZEXAL」への以降に伴いストーリーWDCからバリアン世界へと移っていくと長らく彼の出番もくなってしまうのだが、続く124話にて遊馬達に助太刀するべく久々に登場、バリアンイエローミザエルを食い止めるべくちょうど同席したデュエリスト少女神月アンナと共同戦線を展開する。

 

ちなみに45話以前にも、アニメで最初の登場からしばらく経過した後にデュエルターミナルへの参戦が決定しており、遊馬を始めとするキャラクター達と共に出演している。また、彼が遊馬とのデュエルで使用したバビル2世エスパー・ロビン一家カードOCG化を果たした。


余談の大盤振る舞い!


アニメでは也がナンバーズに心の闇を増幅された結果、自分をヒーローと思い込んで奇怪な行動に出ているが、ナンバーズカードとは関係にテレビ番組などに出演した子役が、自身が演じたキャラクター現実における本来の自分というキャラクターとの区別ができなくなっていく(=演技をしているという事を役者自身が認識できていない)」という症例は現実でも実在するケースである。そのため、也がデュエル中『小鳥達が連れてきた、也のの前にいる本当の母親』ではなく自分がフィールドへ召喚したモンスターギャラクシー・クィーン』こそが「母親」と思い込み、母親が「もうやめて!」と悲鳴を上げるという描写は、人によっては「フィクションの中の出来事」とは笑い飛ばせない生々しさを感じたことかもしれない。
以下に、参考リンクを。

役者子役)の子供を持つ保護者の方は、お子さん達のメンタル面のケアにも注意しましょう。

ちなみに初代遊戯王原作にも自分がヒーローになったと勘違いしてしまった少年が登場したりする。


関連動画の大盤振る舞い!



■sm14621788[ニコ動]

■sm15358284[ニコ動]


関連静画の大盤振る舞い!


■sg18953(静画)


関連商品の大盤振る舞い!


■azB00717ULJU
■azB005CUVGZG
■azB00717UNLQ
■azB00717UO3S
■azB00717UOL0
■azB00717UP64
■az4902584123
■azB001BIYK7Y
■azB003H5NKM0
■azB003TKEA4A
■azB005DJFYRM


関連コミュニティの大盤振る舞い!


■co626791


関連項目の大盤振る舞い!



最終更新日: 13/10/12 09:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ