ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


奥羽越列藩同盟


ヨミ: オウウエツレッパンドウメイ
掲示板をミル!
189カキコ!

奥羽越列藩同盟とは、かつて日本に存在した、東北地方に越後を加えた、お友達グループである。

※この記事では、緑色の単カーソルを合わせると読みがなが表示されます。


概要


、出後の諸が、長を中心とする新政府に対抗する為に結んだ同盟。州の諸会津および庄内が「朝敵」とされたことに対して、赦免嘆願を的として結んだ同盟(奥羽列藩同盟)が元であるため、会津庄内の両は参加しておらず、この2で会同盟を結んでいた。

1868年(慶応4年)5月の成立時点では現在北海道から新潟までの31が参加し、日本列島の約半分が奥羽越列藩同盟の勢下にあったが、新政府軍との戦いのなかで寝返りや降伏によって次々とその勢を失い、同年9月には全に瓦解した。


背景


1868年の奥羽越列藩同盟成立当時、日本はどのような状態にあったかというと、新政府軍と旧幕府軍の間で、お互いを朝廷の敵(朝敵)であるとして争っていた(戊辰戦争)。この戦争京都で起きた鳥羽伏見の戦いに端を発し、新政府軍はそこから東へ向けて進軍を続けていた。

会津庄内は幕府の要職にあったため、佐幕の首と見なされ、新政府軍の中心的存在であった薩摩長州と対立していた。江戸城無血開城し、江戸幕府が全に滅亡した後も、旧幕臣の中には、新政府に恭順せず、会津庄内を頼って北へと逃げてくる者が多かった。そのため、内乱は東北地方へと拡大していった。


同盟結成前夜


卿の九条道孝州鎮撫総督に任命され、船で仙台入りした。伊達慶邦に対し、会津を討てという朝廷の命を伝え、会津出兵を強硬に迫った。この時点で会津松平容保は既に恭順の意を表していたので、仙台の中には会津に同情する意見が多かった。しかし、京都にいて形勢に通じていた仙台士の三好監物という人物が、論を会津征討に向かわせようと奔走し、その結果もあり、仙台自ら会津出兵の意を固めた。しかし、三好監物はこの時空気を読まない行動を繰り返してしまったため居場所がなくなり、のちに自している。

仙台兵は州鎮撫総督府の催促により会津会津兵と数度交戦した。しかし、これらの戦いは全て、お互い事前に申し合わせて、ただを撃ち合うだけの八百長試合であった。


世良修蔵暗殺事件


米沢仙台を中心とする州諸白石列藩会議を開き、会津庄内の罪を免じることを九条孝に嘆願した。しかし、総督府参謀の世良修蔵会津征討を強くし、彼の意見により嘆願は一蹴された。仙台米沢は新政府軍のこの態度に激怒している。

このタイミングで事件が起きた。仙台士が、世良修蔵の書いた手紙たまたま手に入れたのだが、その内容に州皆敵」と受け取れる内容が含まれていたのである。これに激怒した仙台士は福島士を誘い合わせた上、世良の寝込みを襲撃して捕らえ、翌日首を刎ねた。この事件が、仙台米沢と協体制を組む、ひいては奥羽越列藩同盟を結成する直接のきっかけになった。


同盟結成


1868年5月仙台白石州の諸が一堂に会し、新政府から「朝敵」とされていた会津庄内を救うために羽列同盟を形成した。総督は仙台伊達慶邦・米沢上杉斉憲であったが、抗戦の原動会津および庄内であった。同盟結成の意を伝えるべく、使者が建書を持って江戸へ向かったが、提出することはできず捕らえられてしまった。

その後、小千谷談判での新政府軍との交渉に決裂した長岡、さらに北越6が加わり、ここに軍事同盟としての奥羽越列藩同盟が成立した。

羽越議府が設立され、皇族の輪王寺宮公現親王が迎えられた。親王は当時御齢22歳であったが、東武天皇として即位していたという説もあり、列同盟は大きな後ろを得ることになる。ここでは会津庄内米沢に対する追討の命が、「朝廷を欺く姦徒の所為」であるとされ、新政府軍に対する抗戦の気運がいよいよ高まってくることになった。しかし、同盟に加わっていた全てのが積極的な態度をとっていたわけではない。これについての詳細は、下の「それぞれの奥羽越列藩同盟」の項を参照のこと。

同盟結成後、九条らは仙台脱出を試み、行く先々ので冷遇を受けつつ、ようやく7月に、同盟から離反する色を見せ始めていた秋田に受け入れられ、そこに転営した。


それぞれの奥羽越列藩同盟


ここからは、同盟に加わった全てのが辿る運命を見ていこうと思う。概要の項で触れた通り、この31のいくつかのは新政府軍に寝返ってしまう。戊辰戦争は、新政府軍の勝利に終わるので、この同盟に加わっていたということは、すなわち「朝敵」であったことになり、戦後その罪を問われることになるのだが、「裏切り」の仕方やその他の手段によって罪を免れたも存在するのである。


越後諸藩の戊辰戦争(北越戦争)


1. 長岡藩(藩主・牧野忠訓)の場合 7万4千石→2万8千石

臣に河井継之助というすごい人物がおり、彼は戊辰戦争開戦直後に宝や江戸邸を売却してガトリングを購入した。新政府軍が小千まで迫ると長岡河井により「武装中立」を宣言。しかし、河井を新政府側の岩村高俊は時間稼ぎだとして全く視し、会津討伐の先鋒になることを強要した。これがきっかけで長岡は列同盟に加盟することになり、長岡は決して大きなでないにもかかわらず、この後戊辰戦争最大の戦いといわれる北越戦争を孤軍奮闘することになる。

2.三根山藩(藩主・牧野直泰)の場合 [画像を見る](所領安堵)

長岡の支長岡陥落に伴って降伏した。

3.新発田藩(藩主・溝口直正)の場合 [画像を見る](所領安堵)

勤皇の伝統があるだったが、米沢仙台軍事的圧を受けて同盟に参加した。しかし、参加した一日後には江戸へ密使を発たせ新政府に事情を説明するなど、勤皇の志が変わったわけではなかった。士も農民一を組織し、会津米沢からの圧による出兵を遅らせたりするなど、あの手この手で列同盟としての行動をサボタージュしていた。

論、列同盟側も新発田兵に督戦隊を付けるなどして新発田の行動を警していたが、新発田兵は奮戦することによってその疑念を散じさせている。兵が奮闘してる間も新政府軍と連絡を取り、の帰順を確約していた。そして、新政府軍が太夫に上陸すると即座に列同盟から脱退、前線に派遣されていた兵も新政府軍に参加する。

新発田の帰順は米沢長岡に対する補給線を分断し、新潟戦線での列同盟の敗北を決定づけた出来事であった。

4.村上藩(藩主・内藤信民)の場合 [画像を見る](所領安堵・ただし家老1名処刑)

庄内地方の支持で抗戦を続けたが、長岡陥落ののちが病死(自殺とも)し、前は勤皇であったので論は二分した。村上の戦いで抗戦するも不利になり、抗戦に火をつけて庄内へ逃れた。恭順が降伏し開した。

5.村松藩(藩主・堀直賀/堀直弘)の場合 [画像を見る](所領安堵・ただし家老1名処刑)

内部は恭順と抗戦に分裂していた。直賀を中心とする抗戦は同盟に参加して下を焼き、米沢へ逃れた。残された恭順は新を立て、すぐさま新政府軍に帰順した。

6.黒川藩(藩主・柳沢光昭)の場合 [画像を見る](所領安堵)

同盟に加わるも、終始消極的な立場で降伏した。


南東北諸藩の戊辰戦争(白河戦線・平潟戦線)


7.棚倉藩(藩主・阿部正静)の場合 [画像を見る]10万石→6万石

消極的な立場から同盟に加わっていた。白河口の戦いに参加するとともに棚倉で防戦するも、新政府軍の圧倒的な兵になす術がなく、に火を放って退却、全に占領された。

8.三春藩(藩主・秋田映季)の場合  [画像を見る](所領安堵)

であり、会津の圧で同盟に参加したものの、部に、のちに自由民権運動で活躍する河野広中などの勤皇がいた。新政府軍が北上し三に迫る中、河野らは板垣退助と会談して、全く被害のないまま土壇場で降伏することに成功した。しかし、これにより他の同盟諸からは非常に恨まれることになった。

9.湯長谷藩(藩主・内藤政養)の場合  [画像を見る]1万5千石→1万4千石

であったが、新政府軍に対して徹底抗戦した。僅か12歳であったが自ら戦場に立ったという。湯長谷は攻撃を受けて陥落し、旧幕府軍はに逃れた。

10.泉藩(藩主・本多忠紀)の場合  [画像を見る]2万石→1万8千石

同盟成立以前に新政府に恭順したが、仙台米沢の勧めで加盟。新政府軍に対して抗戦するも、屋を落とされて降伏。

11.磐城平藩(藩主・安藤信勇)の場合 [画像を見る](所領安堵・ただし新政府に7万両献金)

坂下門外の変で襲撃された元老中・安藤信正政を握り、常陸潟から北上して攻めてきた新政府軍と交戦。しかしを占領され下に退却した。米沢仙台の援兵により戦うも、への3度の攻撃によりを焼いて退却した。一方、安藤信勇はい段階において京都で新政府に恭順している。

12.二本松藩(藩主・丹羽長国)の場合 [画像を見る]10万石→5万石

兵のほとんどが、白河米沢方面へ救援に向かっており、ほとんど老兵少年兵しか残っていなかった。降伏しようという意見もあったが、執政の丹羽一学は「同盟の信義を死を賭して守る」ことを。これにより多数の士が徹底抗戦し、壮な最期を遂げた(二本の戦い)。特に、白虎隊ほどの知名度はないが、二本少年隊の悲劇は今なおり継がれている。米沢に逃れた。

13.下手渡藩(藩主・立花種恭)の場合  [画像を見る](旧領の三池藩へ転封・石高は変わらず)

同盟を裏切って降伏し、仙台に下手渡屋を焼かれた。

14.福島藩(藩主・板倉勝己)の場合  [画像を見る]3万石→重原藩2万8千石に転封

二本の知らせを聞いて、は僅か数名とともに米沢の領内に逃れた。そのため、福島下は政府状態になった。米沢において、仙台降伏と同日に降伏書を提出した。

15.守山藩(藩主・松平頼升)の場合  [画像を見る](1000両の賞金)

水戸の分であったが、論はなぜか勤皇論が強かった。それなのになぜか同盟に加わったものの、なぜか一度も出兵することがないまま降伏。

16.相馬藩(藩主・相馬誠胤)の場合 [画像を見る](所領安堵・ただし新政府に1万両献金)

仙台米沢の援兵を受けて新政府軍に対し抗戦した。しかし、要衝である浪江が落ちると両兵士相馬藩を見捨てて退却。同日、は降伏した。しばらくは降伏したことを仙台に隠したが、仙台相馬藩の様子を不審に思い警した。


北東北諸藩の戊辰戦争(庄内戦線・秋田戦線)


17.秋田藩(藩主・佐竹義堯)の場合 [画像を見る]+2万石

九条孝に庄内討伐を命じられたが、論が定まらなかった。伝統的に尊王論が強いだったので、議論の末、「仙台の使者をろう」というとんでもない結論に至り、仙台士が休息しているところに集団で襲い掛かって殺、その首をした。この出来事に仙台マジギレしたのは言うまでもない。

18.庄内藩(藩主・酒井忠篤[外部])の場合 ※列藩同盟には加わっていません  [画像を見る]17万石→12万石

譜代の名酒井が治める庄内政は家老松平権十郎が握っており、論は佐幕で統一していた。当は僅か16歳であった。当初はそれほど朝敵とは見なされていなかったが、庄内による薩摩邸焼き討ち事件薩摩の恨みを買い、その上旧幕府領での略奪を行うという事件が知られてしまい、それがきっかけで秋田弘前を敵に回すとともに新政府軍からも全にをつけられることになってしまった。

田を本拠とする「日本一の大地本間大な献があって、庄内はスナイドルなど最新の武器を持っており、庄内戦線では連戦連勝であった。秋田の領内に侵攻し、横手を落とし、秋田前まで迫ったものの、同盟の瓦解と米沢の勧めにより降伏した。

19.天童藩(藩主・織田信敏)の場合 [画像を見る]2万石→1万8千石


次へ»
最終更新日: 16/05/06 23:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ