ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


学園艦


ヨミ: ガクエンカン
掲示板をミル!
49カキコ!

学園艦とは、アニメガールズ&パンツァー」に登場する架巨大艦船である。


概要


現実に存在する各の艦船(空母)と近似した形状を持つ巨大艦船。「艦」を名乗っているが防衛省に所属するいわゆる艦艇ではなく、文科省が管理する「船舶」である。大きなモノになると10000mを優にえる全長を持ち、飛行甲に相当する部分には学園艦の名の通り学校を中心とした都市が広がる。艦内には操艦施設のほか、や生簀などもある模様。

都市が艦内ではなく甲上に作られている理由としては、『艦内ではが見えず圧迫感がありストレスが溜まる』『300m四方のブロックを用いたブロック工法によって船体が作られるため、通り抜けできない箇所があり艦内での移動が面倒』といった点が挙げられる。

本土へ寄港する際港に入れなくなることを防ぐ的で、喫が非常に浅くなっている。


起源


正確な時代は不明だが、ずっと昔、まだどの学校も陸の上にあったころに、来るべき際化社会のために広い視野を持った人材を育成し、学生の自独立を養い高度な学生自治を行うために、これからの教育上で行うべし、と唱えた人物がいたらしく、その人物が私費を投げ打って最初の学園艦を作ったらしい。

こうして作られた最初の学園艦は良好な結果を挙げたほか、様々な災害にも強いことが分かり、次々と学園艦が作られることになった。

その歴史は非常に古く「大航海時代から続く学園艦」や「400年の伝統を誇る学園艦」なんてものもあり、欧州では少なくともローマ時代には学園艦があったとシーザーが書き残しているとか。
他にも、海洋国家たるヴェネツィアは古くから学園艦があったらしく、同じく古くから学園艦があったイギリスが、今のような学園艦を完成させたといわれている。

また、近年においては産業育成の名もあり、巨大な学園艦を建造することによって重厚長大産業を活性化させ、を豊かにするという的もあった。


作中に登場する学園艦


大洗女子学園[画像を見る]

本作の主人公である「西住みほ」が現在在籍している学園艦で、戦後間もなくして作られた。形状は大日本帝国海軍瑞鶴(艦赤城)に近似。全長約7600m(うち甲部分約7100m)、幅約1700m(中線支柱込み、甲下構造物込みでは約1100m、甲部分最大幅は約900m)。港は茨城県大洗港。

生徒を含めた人口は約3万人で、甲上には学園施設及び学園保有の山を中心とした居住地が広がり、コンビニ公園が存在しも流れているなど、地上となんら変わらない風景が広がる。艦内には操艦施設のほか、農業科の産科の生簀、浄施設などが存在する。また、慢性的な電不足なようで、推進を利用した流発電や甲を利用した太陽光発電、冷却用空気取り入れ口を利用した風力発電海洋温度差発電、ほかにもごみ焼却発電や道路を利用した振動発電なども行っているらしい。

作中で登場した場所としては、高さ約150mの露上部に設置され、甲とを360度一望することができる展望台。ジャグジー風呂ジェットバスミストサウナを始めとする多な施設と広々とした間を有する大浴場。学園のすぐ近く、左舷側にり出し、線やそこに沈む夕日を見渡せる公園。74種類のフレーバーが楽しめるアイスクリームショップ、74アイスクリームなどがある。

艦内の構造描写などは、制作が取材した海上自衛隊護衛艦ひゅうが」がベースになっている。

聖グロリアーナ女学院[画像を見る]

形状はイギリス海軍アーク・ロイヤル航空母艦に近似。大洗女子学園の学園艦とべて約2倍の全長と約8倍の体積を持つ々巨大艦船。港は神奈川県横浜港。

OVAにおける多数の学園艦が並んでいる様子からすると、他の学園艦にべて甲に占める建物の割合が多いため、その大きさ以上に人口は多いものと思われる。

作中では、中世ヨーロッパにおける宮殿のような内装の部屋が登場している。

サンダース大学付属高校[画像を見る]

形状はアメリカ合衆国軍のニミッツ級航空母艦に近似。聖グロリアーナ女学院と同じく、大洗女子学園の学園艦とべて非常に巨大。港は長崎県佐世保港。

巨大な舷側エレベーターを備える他、校舎から何からアメリカサイズの巨大なものばかりな学園艦。各校舎には「アイアンブリッジ」、「コマンドス」、「ハイランダーズ」、「アイアンイーグル」などと、どこかで聞いたような名前が付いている(「ローンスター」は他の校舎から離れている)。トイレなどですら巨大だが、広すぎて普段の整備が追いついていない節もある模様。

その他、校内には甲を三段ぶち抜いた専用のプライベートプールがあり、流れるプールから戦車の防確認用プールまで取りえる。

アンツィオ高校[画像を見る]

形状はイタリア軍のアクィラ航空母艦に近似。そしてやっぱり大洗女子学園よりデカイ港は静岡県清水港。

19世紀末マルコ・ポーロの末裔を自称するマリオ・ポーロなるイタリア人商人が、故の文化を日本に紹介するために作ったのが起。そのため、学園艦上にはポーロの意思をばせるイタリアの建造物などが多数存在する。また、この時に旧式帆船を校舎として使用したため、日本初の”外国人による”学園艦とされている。帆船を使用したのは明期の学園艦がかつてのヴェネツィアにおける船上学校であったことに因む、とされているが、実際の所は土地を確保できなかったために旧式帆船を借り上げたというのが相である。

前述の初代校長の意思のせいか、艦上には遺跡っぽい建造物が多数乱立し、スペイン階段階段、三変形合体教会トレヴィーノのと、よくわからないセンスの名所が節操にっており、さながらテーマパークとして観光客も多い(ただし地味なので生徒からの受けは悪い)。生徒による露も活発で、それらが集まる屋台は生徒住民のみならず観光客にも開放されており、学校や諸活動の運営費をまかなっている。

ほかにも、本物のポンペイの巨大宮殿の石柱(日間の友好を記念して寄贈)、パンテオンイライラした時おもいっきり叫ぶ、オペラ上演などに使用)、コロッセオ(戦車道競技場兼運動場兼舞台お祭り広場)などもある。町並みもローマ同様に作られており、学園長く「ローマよりローマ」。

プラウダ高校[画像を見る]

形状はソビエト連邦軍のキエフ級重航空巡洋艦に近似。当然のように大洗女子学園よりデカイ港は青森県港だが、利便性の観点から青森港に停泊地としている。

学園艦上には補習教室のある北向き木造校舎があり、この校舎で床の枚数を数える、あるいは25日間の補習を受けさせられる「シベリア送り25ルーブル」は生徒に地として恐れられている。
ほかにもロシア料理のために艦内でビーツを栽培していたり、交通手段としてトロリーバスが存在していたりする。

黒森峰女学園

形状はドイツ軍のグラーフ・ツェッペリン航空母艦に近似。言うまでも大洗女子学園よりデカイ港は熊本県熊本港。

生徒を含めた人口は10万人をえる。

その他

上記以外にも、赤城に近似した学園艦(恐らく知波単学園)や、インヴィンシブル級空母に近似した学園艦(コアラ学園)、潜水艦スルクフに近似した学園艦(マジノ女学院)、ひゅうがヘリコプター搭載護衛艦(DDH)に近似した学園艦なども存在する。


関連項目



最終更新日: 17/04/04 01:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ