ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宇佐美貴史


ヨミ: ウサミタカシ
掲示板をミル!
22カキコ!

宇佐美貴史うさたかし1992年5月6日 - )とはサッカー選手J1リーグガンバ大阪所属。ポジションは攻撃的MF、FW。既婚者。

178cm69kg。


概要


京都府長岡京市出身。利き足は右足で、日本の誇るリアルチートと呼ばれていたである。

なるキックセンスとドリブルを持ちパスもうまく、得意なドリブルテクニックはシザース。

2015年3月27日チュニジア戦でA代表デビュー
代表でも注を集めており日本の選手の苦手なペナルティエリア外からの威があり精度の高いシュートを打つことができ相手をドリブルで抜きされる個人技ももっている、今の日本代表の攻撃に変化をもたらしてくれる存在として期待されている。

肝心な時に、とくに際戦に弱いという印が強い。ロンドンオリンピックではカウンター重視のチーム戦術もあってか不遇の時を過ごし、ロシアワールドカップでは落選濃厚と見られていたが中島翔哉などの名前が呼ばれない中なぜか選出されたもののやはりノーゴールに終わった。がパスを出していればというシーンはあったが。


経歴



プロ入り前


両親ってガンバ大阪サポーター庭に男3兄弟の末っ子として生まれる。2人がサッカーをしていたことに影され、1歳半の頃から自然ボールに触れ始め、3歳ぐらいになると公園ボールを蹴り始める。

5歳の頃に地元の長岡京サッカースポーツ少年団(長岡京SSS)に入団。小1のときに小4、小2のときに小5のチーム飛び級し、小4のときには毎年200得点以上、合計600得点以上をあげるという信じられないエピソードを残しており、当時から天才少年として地元では知れ渡っていた。

中学生になった2005年ガンバ大阪ジュニアユースに入団。このときも中1の頃から中3の試合に出場。中2のときにはキャプテンを任され、2006年の高円宮杯第18回全日本ユース選手権(U-15)では大会得点王となる10得点の活躍を見せ、G大阪ジュニアユースの初優勝に貢献。この中2の頃にはプロに「なれる」と確信していたらしい。

中学3年生のときに高校年代にあたるガンバ大阪ユースに飛び級で昇格。一の中学生ながらレギュラーに定着すると、2007年の第31全日クラブユースサッカー選手権(U-18)に優勝高校1年生になった2008年には12月の第16回Jユースカップ決勝でセレッソ大阪ユースを相手に2点ビハイドの状況からの逆転劇に貢献し、6年ぶり4度優勝をもたらす。高1のときにすでに次の年からはプロに上がることを告げられており、本人の意識はすでにその先にあったとのこと。この時点ですでにシュートやパスといった攻撃のについては完成していたと言われ、数々の活躍を見せたことからG大阪ユースの最高傑作と呼ばれた。


ガンバ大阪時代


2009年高校2年生にしてガンバ大阪トップチームに昇格。背番号は「33」。逸材としてメディアファンからの注度も高く、5月20日ACLグループリーグ第6節FCソウル戦でスタメンとして起用され、プロデビューを果たす。しかもこの試合の後半19分にプロゴールまで決め、5月24日J1第13節鹿島アントラーズ戦でJリーグ初出場も果たす。だが、まだ体ができあがっていなかったこともあってコンスタントメンバー入りすることはできず、J1リーグでの出場は4試合のみにとどまった。

2010年も開幕当初は出場機会を得られなかったが、チームに怪人が続出したことで出番が回り、4月のあたりからスタメンで起用されるようになる。4月14日ACLグループリーグ第5節水原戦では、後半ロスタイムに決勝点を挙げてチームの逆転勝利に貢献。4月25日J1第8節FC東京戦でも、後半20分に遠藤保仁アシストからJ1ゴールを決める。この活躍によって西野朗監督からの信頼を得られるようになり、左サイドハーフや2トップの一として出場機会を増やし、高校生Jリーガーとしては最多記録となるシーズン7ゴールを記録。この年のJリーグアウォーズでは、Jリーグベストヤングプレイヤー賞を受賞。また、G大阪の選手とサポーターが選ぶチームシーズンMVPに選ばれる。

2011年からは背番号を「11」に変更。この年はトップ下や左サイドハーフでの起用が中心となったが、ゲームメイクするあまり開幕からノーゴールが続き、スタメンから外れることもあった。5月15日J1第11節アビスパ福岡戦でようやくシーズンゴールが生まれ、調子を上げていく。


バイエルン・ミュンヘン時代


2011年7月13日ドイツブンデスリーガの名門バイエルン・ミュンヘンへの1年間の期限付き移籍が決定。背番号は「14」。また、バイエルン移籍と同時に1歳年上の幼馴染であるタレント田井中との入籍を発表。これにより、妻の所属するセイントフォースとマネージメント契約を結んでいる。

8月13日ブンデスリーガ第2節ヴォルフスブルク戦でブンデスリーガ初出場を果たす。しかし、スター選手がバイエルンではベンチに入ることすら苦労する日々が続き、ユップ・ハインケス監督に酷評されたこともあり、2012年4月12日の第32ヴェルダー・ブレーメン戦で初めてフル出場を果たすが、ブンデスリーガでの出場は3試合にとどまる。また、5月20日には日本人として初めてUEFAチャンピオンズリーグ決勝のベンチ入りを果たすが、出場機会は得られず。シーズン終了後、バイエルン全移籍のオプションを行使しなかったため、1シーズン限りでの退団が決定する。後に、このバイエルンでの1年を「鼻をバキバキに折られた学びの1年だった」と振り返っている。


ホッフェンハイム時代


2012年5月13日ドイツブンデスリーガTSG1899ホッフェンハイムへの全移籍オプション付き1年間の期限付き移籍が発表される。9月16日の第3節SCフライブルク戦で移籍後初スタメンを飾ると、この試合でブンデスリーガゴールを記録。その後しばらくはレギュラーとしての出場が続くが、極度の不振に陥ったチームは二度の監督交代をおこなうなど混迷を極め、徐々に出場機会を失っていく。シーズン終盤は戦外の扱いになり、ドイツでの2年間の挑戦は失意のままで終わる。


ガンバ大阪時代(第2次)


2013年6月18日前年度にJ2へ降格していた古巣のガンバ大阪へ復帰。背番号は「39」。7月20日復帰初戦となったJ225節のヴィッセル神戸戦でいきなり2ゴールの活躍を見せ、首位攻防戦勝利に貢献。以降、長谷川健太監督に2トップの一として固定されるとゴールを量産。8月の5試合では5ゴールの活躍を見せる。シーズン終盤には遠藤保仁と2トップを組むことになり、10月30日J2第38節徳島ヴォルティス戦ではプロ初となるハットトリック達成を含む4ゴールの大活躍。シーズン途中での加入ながらもリーグ2位となる19ゴールという驚異的な記録を生み出し、G大阪の1年でのJ1復帰との原動となる。

J1復帰となった2014年だったが、2月中旬の練習中に左足を負傷。全治8週間というプロ入り初の長期離脱を経験する。5月6日J1第14節徳島ヴォルティス戦でシーズン初スタメンを飾ると、この試合で復帰後初ゴールを決める。シーズン前半戦のG大阪は、一時は降格圏に沈むほど低迷していたが、ワールドカップの中断明け以降に宇佐美パトリックの2トップが定着すると、2トップコンスタントゴールを重ねたことで見違えるほどの快進撃を見せる。また、ヤマザキナビスコカップでは決勝までの6試合でチーム最多の5ゴールを記録し、ニューヒーロー賞を受賞。11月8日サンフレッチェ広島との決勝ではパトリックの同点ゴールアシストし、2点ビハインドをひっくり返しての優勝に貢献。J1リーグでは8月末から10月にかけてチームは破の7連勝を記録し、優勝争いに加わる。一時的にゴールが決められない時期があったが、大事なシーズン終盤にはきっちりとゴールを決め、9年ぶりのJ1優勝に貢献。さらに、天皇杯でも準決勝の清水エスパルス戦で2ゴール、決勝のモンテディオ山形戦では2ゴール1アシストの活躍で優勝に導く。この年の公式戦では合計21ゴールをあげており、G大阪初の三冠の立役者となる。また、Jリーグアウォーズでは初のベストイレブンに選出されている。

2015年シーズン開幕から好調を維持し、ゼロックススーパーカップでは決勝ゴールを決めて最初のタイトル獲得をもたらせば、リーグ戦でも第3節から第8節まで6試合連続ゴールを記録する。6月27日1stステージ最終節モンテディオ山形戦ではJ1では初となるハットトリックを達成。1stステージ終了時点で13ゴールマークし、得点ランクトップに立つ。しかし、2ndステージになると代表戦も含めた過密日程の影でコンディションを落とし、得点ペースが落ちて惜しくも20ゴールの大台には届かず。チャンピオンシップでも3試合不発に終わり、リーグ連覇を逃す。一方、天皇杯では準決勝のサンフレッチェ広島戦で2ゴールを決め、決勝進出に導き、天皇杯連覇に貢献。この年、2年連続でJリーグベストイレブンに選ばれる。

2016年は、チームACL々とグループリーグ敗退となるなど低迷するが、自身は1stステージ14試合に出場し7ゴールと結果を出す。1stステージ終了後、2度ドイツ移籍を表明し退団。


アウクスブルク時代


2016年6月20日ドイツブンデスリーガFCアウクスブルクへの全移籍が発表される。移籍は推定2億円。8月27日の開幕戦ヴォルフスブルク戦に途中出場し、ブンデスリーガでの再デビューを果たす。しかし、守備を重視して戦うチームの中で、守備を苦手とする宇佐美はなかなか出場機会が与えられず、ようやく巡ってきた少ないチャンスでも結果は残せず。2016-17シーズンは、11試合得点という散々な結果となってしまい、地元からは「期待を大きく下回った」と酷評された。


デュッセルドルフ時代


アウクスブルクではすでに構想外となっていたことで、2017年8月30日ドイツツヴァイテリーガ(2部)のフォルトゥナデュッセルドルフレンタル移籍することになる。前のシーズンで試合に出れなかったことで試合勘が鈍り、シーズンの前半戦は調子が上がらずにいた。2018年1月原口元気チームに加入し、原口が左サイド宇佐美が右サイド日本人で両を担うようになると自身の調子も上がり、第23節から第26節まで4試合連続ゴールを記録。優勝のかかった第34節1FC.ニュルンベルクとの直接対決では、2点ビハインドの状況から反撃の狼煙となるヘディンシュートを決める。これが逆転勝利の口火となり、ブンデスリーガ昇格とツヴァイテリー優勝の立役者となる。

前年活躍が評価され、2018-19シーズンレンタル期間を1年延長することになる。シーズン前半戦は右サイドハーフとしてレギュラーで起用され、11月10日の第10節ヘルタ・ベルリン戦ではブンデスリーガでは6年ぶりとなるゴールを決める。しかし、残留を標とするチームはまずは守備からという戦い方となり、またもスタメンの座を失い、出場機会が減ってしまう。シーズン後半戦にはチームの構想外になってしまい、19試合1得点という成績で終了。シーズン終了後アウクスブルクとの契約が切れたことで2度ドイツでの挑戦も失敗という形で終わる。これについて「清々しいくらいの失敗」とっている。


ガンバ大阪時代(第3次)


2019年6月24日古巣であるガンバ大阪に3シーズンぶり2度の復帰をすることが決定する。背番号プロ1年と同じ「33」。またも復帰初戦となったJ1第20節名古屋グランパス戦でゴールを決める。降格圏手前まで低迷していたチームを今度も活気づかせる原動となり、第30節から第33節まで3試合連続ゴールを記録するなど、14試合で7得点マークし、J1残留に貢献。


次へ»
最終更新日: 21/01/15 22:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ