ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宇宙太陽光発電


ヨミ: ウチュウタイヨウコウハツデン
掲示板をミル!
45カキコ!

宇宙太陽光発電とは、ロマンである。


概要


現在太陽光発電の難点、日が出ているときしか発電できないため不安定(曇りはダメ)、広大な土地が必要といった難点を全て解消し、なおかつ放射性物質等の危険物も出さない極めてロマン溢れる発電方法である。

なお、以下の説明は大変適当であるため、に知りたい方はWikipediaの記事[外部]などをご覧下さい。


詳細


この発電方法は現在の技術でもお金さえあればある程度は可であるという点が1つの特徴である。

実現への手順

まず、ロケットなどで宇宙太陽ネルや各種設備を打ち上げる。
宇宙はとても広いので、巨大な太陽ネルを設置すれば沢山発電でき、変な場所を選ばなければ日照権など文句を言われることはい。
組み立て場所は静止軌が有。と思ったが、静止軌では陰になるらしい。
いつでも太陽が受けられるらしいラグランジュポイントというのが良いかも。

打ち上げたらパネルを組み立て、発電を開始する。
地球まで有線で電気を送ることができないため、線で送電する。
現在すでに小規模な線での送電は実現しており、マイクロ波やレーザーを使った方法が検討されている。

それを地上のアンテナで受信し、電網に流す訳である。

現在考えられている他の発電方法、例えば核融合発電とは違い実現性は現時点でも高いが、とてつもないコストがかかるため、数倍か数十倍かの電気代を払う人が居るのか、という問題がもっとも大きいだろう。

メリット

曇りがない
大気圏外なのでいつでも太陽があたる。大気によるロスもい。
クリーン(?)
発電時にはCO2などを一切発生させず、有な物質の使用も少ない。
の枯渇を心配しなくて良い
太陽が資なので、部品をきちんと交換していけば理論太陽がある限り発電可。さすがに太陽くなった後は理だが、その時はすでに地球いようだ。
安全
エネルギー密度を下げて送電すれば、送電先がずれても某ゲームのように地上で大変なことは起こらない。

デメリット

クリーンではない
ロケットを打ち上げるたびに大量の化石燃料が必要になる軌道エレベータなり、リニアカタパルトなりに工場を作ってそこから運ぶなり、何か他に方法があればクリアできるが、現状ではロケットしか手段がない。打ち上げ時、また現状では太陽ネル製造時にCO2なども発生し、有物質も関わってくる。(パネルの種類による)
メンテナンスが必要
他の発電でも必要だが、この発電は宇宙で行うためメンテナンスが大変。パネル寿命ごとに交換する必要があり、スペースデブリなどによって破損した場合も交換・修理が必要である。軌維持の燃料も補給しなければならない。もちろんそのたびにロケットを打ち上げなければならない。人間が作業を行う場合は宇宙放射線宇宙線)を浴びる事になる。
送電方法により問題が発生するケースがある
線による送電により、その方法や強さ周波数などで、線通信への影曇ると受信状態が悪化するなど、影があるケースも。

実用化


日本では政府JAXA100万kW級(原子力発電所約1基分)の宇宙太陽光発電を2030年までを標に商用化をしている。


関連動画



■sm11349083[ニコ動]

■sm9400274[ニコ動]


関連商品


■az476641571X
■az479931016X
■az4904172000
■az4140814810


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 16/02/22 11:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ