ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


安倍晋三


ヨミ: アベシンゾウ
掲示板をミル!
27972カキコ!

安倍晋三(あべ しんぞう、1954年9月21日-)とは、日本政治家衆議院議員である。


概要


自由民主党
安倍晋三
基本情報
日本日本
出身地 東京都新宿区
生年 1954年9月21日
称号 政治学士
衆議院議員
選挙 山口4区
当選回数 8回
経歴
政治家テンプレート

1954年9月21日東京都出身。ただし本籍地は山口県旧油町(現・長門市)。
選挙区は山口県第4区である。 

90969798内閣総理大臣戦後日本において首相を辞任した後に再び首相に就任した人物は吉田茂と安倍晋三の2人のみである。また、平成最後の内閣総理大臣であり、令和最初の内閣総理大臣でもある。

戦後レジーム(体制)」からの脱却を掲げている。

保守系任意団体「日本会議」特別顧問を務めており、かつては国際観光産業振興議員連盟(通称:カジノ議連)の最高顧問を務めていたこともある。


基本政策


基本的には「第三次アーミテージレポート」に従い政策を推し進めている。

公式サイト表した基本政策は以下の通り。


経済


詳細については『アベノミクス』を参照


憲法・教育


憲法憲法国際法の専門抜きでGHQリンカーン誕生日の締め切りに間に合わせるべく急拵えで作った憲法とし、現憲法は新しい価値観・課題に対応出来でおらず、憲法の基本法、日本人の手で書き上げ、憲法前文は民の生命、財産、領土を守るという決意が明記されるべきとする(詳細外部リンク[外部]

また、子育てのためにまず親を教育するべきであるとする「親学」を高く評価しており、「親学推進議員連盟」の会長を務め、親学に基づく少年の健全育成や教育の強化についての法整備をしている。


外交



国づくり



社会保障



地方


出典: 安倍晋三 政策PDFはこちら[外部]PDF文書)


略歴


[画像]


支持者による評価


第90代総理大臣として(第一次安倍政権)

安倍晋三は、靖国参拝問題などで冷え込んでいた日中日韓関係を修復するため、最初の外遊先として中国、翌日には韓国に訪問し、自身も靖国参拝に関しては明言せず辞任するまで靖国参拝は控えた。特に対中関係においては、「戦略的互恵関係」との概念を打ち出した。

一方北朝鮮については強硬な姿勢をとり、内閣発足の三日後に「拉致問題対策本部」を設置した。2006年の地下核実験を契機に国連による経済制裁を進めるほか、日本独自のより厳しい制裁の実施をした。しかしながら、在任期間中で懸案の拉致、核、ミサイル問題に対する立った進展は得られなかった。

教育革にも熱心に取り組み、小泉政権下で提出されていた教育基本法正案を成立させた。翌年の通常国会で、教員免許更新制や、教育標に愛国心に関する規定を追加するなどとした、教育革関連三法を成立させた。

経済政策では、小泉構造革路線を継承する方針を示し、幹事長には小さな政府を標榜する中川秀直に、経済ブレーンとしては小泉革を支えた高橋洋一内閣参事官に、経済財政担当相に民間から経済学者大田子を起用した。 規制緩和の一環として提案されたホワイトカラーエグゼンプションは「残業ゼロ法案」として世論のしい反発を招いたほか、格差拡大についての批判も大きくなってきていた。また格差対策として再チャレンジ社会すとし、職業訓練の充実やジョブカード制度の新設などを進めた。

前政権から続いてきた行財政革も進めた。新たに渡辺喜美を公務員制度革担当相に据え、天下り旋禁止や義の導入などを入れた国家公務員法の正を行った。気回復と歳出削減の努により対GDPでの債務残高も2006年から2007年にかけて減少させることに成功し、プライマリーバランス(基礎的財政収支)も2007年時に対GDPで1.7%赤字にまで回復した。 しかし郵政造反議員の復党問題では、郵政民営化への賛成などを条件に復党を認めたことに対し、革を逆戻りさせるものであるとして批判を浴び、発足当初の70前後あった支持率が50%程度に低下する事態となった。

在任中に年金記録問題が発覚しその対応に追われた。日本年金機構法案を成立させ社会保険庁の止を決定し、年金記録問題検証委員会を発足させが、対応の遅れなどについてしいバッシングにさらされた。

いわゆる従軍慰安婦に関して、「強制性を裏付ける拠はなかった」と発言したことに対し内外で大きな批判おこり、下院で審議中であった「従軍慰安婦問題の対日謝罪要決議」が可決される事態に至った。 その中で安倍晋三は、可決阻止のために「首相として大変申し訳なく思っている」「彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況につき、々は責任がある」などと日本側の責任を認める発言をし、従来から安倍政権を支持していた保守からもバッシングを浴びる事態となった。またアメリカだけでなくオーストラリアオランダカナダでも同様の決議が可決している。

閣僚などの重要ポストに自身の側近や総裁選で支持をした議員を重用したことに対して、マスメディアからは「お友達内閣」と揶揄された。特に閣僚経験の崎恭久を、内閣の要を担う官房長官へ抜することは自民党内からも懸念するが上がった。

佐田行革相、松岡赤城相の事務所費問題、久間防衛相の「原爆しょうがない」発言、長勢法相の各種不祥事柳沢厚労相の「生む機械」発言といった閣僚の相次ぐ不祥事と失言が発生し首相の任命責任を問うも噴出した。


2007年参院選敗北


2007年7月29日参院選では、自民党選議席数6437にまでに減らす歴史的大敗を喫した。公明党を合わせた与党全体の参院での勢105議席と過半数の122を大きく下回る結果となり、いわゆるねじれ国会となった。対する民主党は、選議席数を32から60にまで増やしている。この大敗によって出来たねじれにより、後に首相を務めた福田康夫麻生太郎は政権運営に苦労することになった。また、2010年7月11日参院選では、谷垣禎一総裁(当時)の下、自民党民主党および選前議席を大きく上回る51議席を獲得し勝利したが、このときの大敗が負の遺産となり自参議院過半数を回復することは出来なかった。

敗因としては「郵政造反議員の復党」、「年金記録問題への対応遅れ」、「相次ぐ閣僚の不祥事」などが挙げられている。また保守からは「慰安婦決議に対する姿勢」や「靖国参拝をしなかったこと」といった意見もあり、構造革についても「格差対策が不十分だった」、「地方の疲弊が限界に達した」といったものや「まだまだ革が足りなかった」などと相反する意見が存在する。

参院選敗北後も首相を続けることを表明し、8月27日に第1次安倍改造内閣を発足させるが、所信表明演説おこなった2日後に退を表明した。当初は健康問題を伏せていたが、のちに機腸障とされ、現在では潰瘍性大腸炎であったことが明らかとなっている。


麻生さんに騙された?



次へ»
最終更新日: 19/05/06 09:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社