ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


宮菱重工業


ヨミ: ミヤビシジュウコウギョウ

宮菱重工業とは、「ワールドウィッチーズ」に登場する総合兵器製造会社である。


概要


扶桑皇国において、ストライカーユニットをはじめ航空機車両、さらには艦艇に至るまで多様な兵器を開発・生産する、同の中心的な総合兵器メーカー。代表的な生産品として、傑作ユニット零式艦上戦闘脚陸上ユニット陸軍九七式陸上戦闘脚、航空機である海軍九九式艦上戦闘機、各種魔導エンジンといった各種の軍用機材があげられる。社章は「四つ割菱」。

竹田太郎武田の末裔を自称)により「竹田商会」として設立され、のちに「宮菱重工業」にめた。この名は、同社の設計主任でありストライカーユニットの基本理論宮藤理論」を考案した宮藤一郎博士家紋「四つ割菱」から取られている。宮藤博士に敬意を表したものとされるが、単なる会社の宣伝であるとの評判も強い。


モデル


モデルは「三菱重工業」。

零式艦上戦闘機をはじめ、九六式艦上戦闘機零式水上観測機などを開発・生産した。


開発機体



海軍 九六式艦上戦闘脚


扶桑海軍で初めて「宮藤理論」を本格的に導入した全金属単葉戦闘脚。試作名称は九試単座戦闘宮藤一郎博士自身が開発に携わり、陸軍九七式戦闘脚(長島飛行脚)をはじめ、のちの扶桑海軍ストライカーユニットに大きな影を与えた。1937年(昭羽12年)に勃発した扶桑事変では海軍ユニットとして活躍した。

開発にあたっては、以前宮藤博士主任設計者を務めた七試艦上戦闘脚(不採用)で導入した、内部に桁のないモノコック構造をはじめとする新機軸がめて採用された。七試を原に従来ウィッチが背負っていた魔導エンジンをモノコック構造でいた脚部の間に配置した良案は不格好で問題点も多かったが、「宮藤理論」の提案によって解決され、九六式艦上戦闘脚として完成した。

性能

従来ユニット較した場合の九六式の最大の特徴は、前述のとおり魔導エンジンが内部格納され背負い式でなくなった点にあり、装着時間の大幅短縮は即応性の向上につながった。

魔導エンジンは九五式艦上戦闘脚(長島)より非力ながら、的に洗練され、海軍九五式や陸軍九五式戦闘脚(川滝航空機工業)より速度50km/h以上向上し運動性も同等と、当時としては世界トップクラスの性を誇った。

九試単座戦闘脚としての試作段階では、陸軍九五式より低出魔導エンジンにもかかわらず451km/h(陸軍九五式の最高速度は400km/h)をマーク。初期の量産型では新魔導エンジンの開発遅延のため旧式魔導エンジンを搭載したが、なお速海軍九五式に優っていた。

最大の欠点は航続距離の不足で、この点は後継機である零式艦上戦闘脚で満たされることとなる。

運用・搭乗ウィッチ

1937年の扶桑事変勃発に際しては、空母鳳翔>、<天城>といった艦上に配備された機体のほか、ウラル方面に進出した陸上戦闘部隊でもとして使用された。

北郷章香をはじめ、扶桑事変で活躍した多くの海軍ウィッチが九六式を使用していた。北郷章香が率い、坂本美緒若本徹子らが所属した第12航空隊(旧・舞航空隊)は、扶桑事変で当時最新鋭の九六式を実戦運用して問題点の洗い出しに尽し、つづく零式艦上戦闘脚の開発に大きく貢献した。


陸軍 キ33


海軍の九六式艦上戦闘脚導入を受けた陸軍が「宮藤理論」搭載ユニットとして競争試作させたストライカーユニットのひとつ。長島キ27、川滝航空機工業28と採用を競った。

九六式を陸軍向けに良したユニットだったが、選考ではキ27に敗れ採用に至らなかった。


海軍 零式艦上戦闘脚


扶桑海軍の代表的なストライカーユニット。試作名称、十二試艦上戦闘。「宮藤理論」の確立によってウィッチの脚を異間に収納できるようになり、大魔導エンジンと多量の燃料の搭載が可となった。第二次ネウロイ大戦では、前半期における扶桑海軍ストライカーユニットとして活躍した。

→「零式艦上戦闘脚」を参照。



陸軍 九七式陸上中戦闘脚


宮藤理論」の発表を受け、脚部に魔導エンジンなどの装備を内蔵する形式を採用した陸上ストライカーユニットとして開発された陸上戦闘脚。

扶桑事変までに試作完成しており、同戦役勃発を受けて制式採用。先行量産型が実戦投入された。



海軍 九九式艦上戦闘機


機材諸元(九九式艦上戦闘機
全長 7.71m 全幅 11.00m
自重 1,075kg エンジン 寿二(460×1
最高速 406km/h 航続距離 1,200km
武装 7.7mm機×2、30kg爆弾×2または50kg爆弾×1
『第五〇一統合戦闘航空団全記録 第一集』所収

通常航空機扶桑海軍が初めて導入した全金属単葉戦闘機。着陸脚は固定脚式。

1937年初飛行、1939年制式採用。採用当時には高速とすぐれた運動性を誇ったが、艦上戦闘機としての航続距離の不足が難点で、やがてはネウロイ進化に対応するだけの速火力の不足が問題となった。

1944年ごろまで、航空母艦赤城>など二線級の航空母艦の搭載機として使用された。


海軍 零式艦上戦闘機


機材諸元(零式艦上戦闘機二一
全幅 12.0m 全長 9.05m
全高 3.53m 自重 1,754kg
発動機 栄一二(離昇940hp 最大速度 533.4km/h(高度4,550m)
航続距離 巡航3,350km(増槽有り) 武装 内20mm機2挺、
機首7.7mm機2挺
『第五〇一統合戦闘航空団全記録弐 第一集』所収

通常航空機ストライカーユニット零式艦上戦闘脚の技術をフィードバックして開発された、九九式艦上戦闘機の後継機となる扶桑海軍の艦上戦闘機零式」の名は採用年次ではなく機体名で、「旋」の仮称も用意されていたが、零式艦上戦闘脚があまりにも名高く、そのまま当機体も「零式」と呼ばれることとなったものである。サブタイプとして二一三二四三などが製造された。

宮藤博士からの書簡をもとに開発され、初飛行は1943年。九九式艦上戦闘機の欠点に対応するため、ウィッチも運用する九九式20ミリ火力と高い運動性で小ネウロイ駆逐を可とし、長大な航続も備えた。リベリオン航空レーダーポッド斜めを搭載したタイプも存在する。しかし大ネウロイ相手では20ミリでも火力不足であり、さらなる高速重武装戦闘機の開発も進められている。

もともと九九式艦上戦闘機の欠点に対応する新鋭機の開発は急務と認識されていたものの、ストライカーユニットの開発が優先されたため実戦配備は遅延した。実戦投入後は、航続距離を活かして船団護衛任務における・防に重用されたほか、にも使用された。<翔鶴>(1944年当時)、<千歳>、<千代田>(ともに1945年当時)などの航空母艦に搭載され、フレイヤ作戦1945年初頭)などで艦上戦闘機として活躍している。

機材諸元(零式艦上戦闘機四三
全幅 12.0m 全長 9.05m
全高 3.53m 自重 1,644kg
発動機 栄二一(離昇1,130hp 最大速度 560.1km/h(高度6,000m)
航続距離 巡行3,350km(増槽有り) 武装 12.7mm機2挺(機首)
ガリア復財団活動記録』所収

零式艦上戦闘機四三(A6M4)は、ウィッチ用通常戦闘機として開発されたサブタイプである。零戦三二を原としており、構造の強化と内機の撤魔導過給機付きエンジン(栄二一甲)の搭載、扶桑海軍航空ウィッチの標準兵装である九九式二号二13mm機関銃への換装、魔導伝導率を高めた金属による要部のコーティングなどを実施し、魔法活用できる戦闘機となっている。こうした変更のため、最高速度や機動の向上ももたらされている。実際の採用数は少なく、ネウロイに見立てたアグレッサー部隊を編成するベテランウィッチ向けであった。


海軍 零式水上観測機


機材諸元(F1M 零式水上観測機
全長 9.50m 全幅 11.00m
全高 4.00m 最高速 370km/h
航続距離 1,070km 実用上昇限度 9,440m
武装 7.7mm固定機×2、7.7mm旋回機×1
『第五〇一統合戦闘航空団活動写真全記録』所収

扶桑海軍の弾着観測用水上機。複葉水上機ながら最新鋭技術を投入した全金属機で、弾着観測にかぎらず、連絡、練習、防など各所で使用された。

もとは扶桑事変での遠距離戦を受け、加速性、上昇、航続距離に重点をおいた弾着観測用水上機として海軍から宮菱と尾航空機に開発示が下ったもの。宮菱の試作機は1938年(昭羽13年)に完成し、尾の試作機より高性だったことから1940年(昭羽15年)に制式採用された。エンジンは宮菱の瑞を搭載し、のちには長島の栄エンジンに換装した機体も登場している。

戦艦大和>をはじめとする戦艦に搭載された。


魔導エンジン


宮菱が開発した魔導エンジンは、「金星」「瑞」「火星」など、自社設計のエンジンの名称に「」が付くことが特徴。

「瑞魔導エンジンは十二試艦上戦闘脚の試作機に一三が搭載されたが、不具合のため長島「栄」の搭載に変更となった。

金星魔導エンジン零式艦上戦闘脚五四に六二称呪1350Mp)が搭載され、装甲の強化によって五二以降低下した零式運動性を若干ながら好転させることに成功している。

火星魔導エンジンは、山西の水上ユニットで採用された。しかし強陸上とした紫電一一では長島「誉」に変更された。山西製の通常飛行艇である二式飛行艇には、通常エンジンの「火星」二二が4基使用されている。

マ43魔導エンジンは、マ43-11が山西航空機紫電五三で採用され、「誉」から紫電シリーズの使用魔導エンジンの地位を取り戻した。このほか、筑紫飛行機震電試作一号機には宮藤博士から送付された設計図により完成したマ43-42特、二号機にマ43-11、四号機にマ43-42がそれぞれ搭載されている。


登場


宮菱重工業そのものの設定解説は『SW2』特典「全記録」第一集に「扶桑皇国ストライカーユニットメーカー」の一部として収録。


次へ»
最終更新日: 21/02/01 00:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ