ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


家老


ヨミ: カロウ

家老とは、大名を支えた臣のことであり、おおよそ江戸時代のそれに使われる単である。


概要


大名を支えるナンバー2であり、鎌倉時代からそれっぽい存在は見られたが、おおよそ江戸時代初期に各で年寄の上層部が家老として独立し、確固とした存在となった。御三家の付家老に代表されるように大の家老は万石の大名クラスの存在となっており、明治時代に男爵として族になったものも少なくなかったようである。

ただし、大名の後継者争いに介入しお家騒動の火種となったなど必ずしもにとって良い存在だったかというとそうでもなく、最悪易させるきっかけになってしまったものも多くいた。


家老の一覧



付家老


説明
石河 石川源氏を称する。維新後は男爵となった。
源氏大原氏の末裔を称する。その祖は・徳義直の異兄弟で今尾となり、維新後は男爵となった。
成瀬 二条の末裔を称する。徳氏譜代で山城となり、維新後は男爵となった。
渡辺 嵯峨源氏渡辺党。半蔵渡辺守綱の子孫
安藤 紀伊 氏譜代で田辺となり、維新後は男爵となった。
水野 氏譜代で新宮城となり、維新後は男爵となった。
中山 水戸 武蔵七党丹党・加治氏の末裔で元北条臣。松岡となり、維新後は男爵となった。

廃絶になった付家老


説明
平岩親吉嗣断絶。
水野 水戸 安中の分嗣断絶
朝倉 忠長 駿朝倉氏。忠長に連座。
鳥居 忠長に連座。

北海道・東北


説明
井深 会津 小笠原氏家老。
萱野 加藤臣。
北原
西郷
諏訪
田中 武田氏家臣。
内藤 保科氏分
西条
山川
梅津 秋田 伊達氏家臣。
留野 佐竹氏分
小野 佐竹氏分
宇都宮氏分
渋江 小山氏家臣。
須田 佐々木高綱子孫を称する。元二階堂氏重臣。
匹田 下の三家老としておなじみ。
佐竹氏分
羽黒
一関 氏家臣。
鈴木 三河鈴木氏。
原田 仙台士。
亀田
東海林 元肝煎。
津軽氏の分
石原 庄内 酒井氏譜代。
白井 氏譜代。
酒井氏分
片岡 新庄
小山
高家
石川 仙台 元大名。
遠藤 伊達氏宿老。
片倉 片倉小十郎維新後は男爵となった。
但木 伊達氏宿老。
笠原 津軽 相馬大作事件を処理したことでも有名。
大浦氏の出身。津軽姓を許されていたが船騒動で嫡流は断絶した。
喜多 秀郷流藤原氏河村氏出身。
隈部 津軽氏の分
杉山 石田三成の子孫。
元北条氏家臣。
高倉 最上氏家臣。
西館 南部氏一族。
牧野 大聖士。
森岡 大浦氏の出身。
桜庭 南部 源氏佐々木氏。
三戸 南部氏
楢山 南部氏
南部 遠野南部氏
浅尾 二本
浅見 朝倉氏家臣。
大谷 元斯波氏家臣。
国家 松前 安東氏の分で下之守護。
奥野 松山
土方
水沢伊達 留守氏一族。
斎藤家 首相斎藤実の先祖。
留守重臣。
色部 米沢 上杉氏譜代。
須田 信濃国衆
千坂 上杉氏譜代。
莅戸 上杉氏譜代。

関東


説明
五月女 黒羽
長谷川 古河 臣。
山下 内藤臣。
高崎
鈴木 水戸 紀州雑賀氏。
鈴木 三人衆。
山野 最上氏分

中部


説明
奥田 今尾
大高 大垣
戸田 上杉氏家
滝川
溝口 新発田 加藤氏。
溝口 土橋氏。
青山 加賀
今枝 土岐氏分加賀老八維新後は男爵となった。
奥村 加賀老八のうち二維新後は男爵となった。
能登畠山氏家臣。加賀老八維新後は男爵となった。
津田 斯波氏末裔?維新後は男爵となった。
本多 本田正信子孫。加賀老八維新後は男爵となった。
前田 前田対馬加賀老八維新後は男爵となった。
前田 小松代。加賀老八維新後は男爵となった。
村井 前田譜代。加賀老八維新後は男爵となった。
横山 加賀老八維新後は男爵となった。
佐分利 大聖 佐分氏末裔?
千野 高島 諏訪大社上社千野氏出身。
田原 三宅氏家臣。
入江 富山 元生駒臣。
奥村 加賀家老分
加藤
近藤
嵯峨源氏。元別所氏臣。
棚橋 苗木
稲垣 長岡 久保六騎。
本多 福井 府中本多氏。
恩田 武田氏家臣。
海野氏出身。
矢沢 海野氏出身。

近畿



次へ»
最終更新日: 17/01/23 13:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ