ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


容疑者Xの献身


ヨミ: ヨウギシャエックスノケンシン
掲示板をミル!
52カキコ!

容疑者Xの献身とは、小説家東野圭吾推理小説である。

134直木賞、第6回本格ミステリ大賞受賞。2005年の『このミステリーがすごい!』『週刊文春ミステリーベスト10』『本格ミステリ・ベスト10』すべて1位2012年版『東西ミステリーベスト100内編13位。また2008年映画化され大ヒットし、東野圭吾日本を代表する大ベストセラ作家に押し上げた。

短編集『探偵ガリレオ』、『予知』に登場した物理学者の湯川学が長編で活躍する。犯人役が数学者なのは、「探偵物理学者なら犯人数学者だろう」と作者が考えたため。

2012年に英訳版がアメリカ推理小説最高の賞であるエドガー賞にノミネートされたが、受賞は逃した(日本人作家のノミネートは桐野夏生の『OUT』以来史上2人)。

なお正式な表記は『容疑者χの献身』(アルファベットエックスではなく、ギリシャ文字カイ。ただし読みは「エックス」)。また「オール物」連載時のタイトルは『容疑者χ』だった。


あらすじ


弁当屋に勤め、つましく暮らしていた花岡靖子とのもとへ元夫が上がり込んでくる。靖子は口論の末に夫を殺してしまうが、そこへたまたまやって来たのが以前から靖子へ思いを寄せていた数学者、石だった。彼は何もかも自分に任せてくれれば何も心配はいらないと言い、死体の処理を請け負うのだった。

やがて死体が発見され、花岡靖子が犯人の筆頭に挙がる。湯川も事件に登場し、やがて背後に知り合いの石が潜んでいることを知る。犯人彼女たちだと確信する湯川だったが、彼の前には石の仕組んだ鉄壁アリバイトリックが待ちかまえていた。する人のため、彼が行ったこととは。


映画と原作との相違



本作を巡る本格論争


前述の通り、各方面で非常に高い評価を受けた『容疑者Xの献身』だが、作家二階堂人が自身のサイトで本格としての高評価に疑義を呈し、よせばいいのに笠井潔も乗り出してきて、2006年に「ミステリマガジン」誌上にて、『容疑者Xの献身』の本格ミステリとしての評価をめぐって大論争が巻き起こった。

なお実際のところは「『容疑者X』は本格ではない」と言いったのは二階堂ひとりで、笠井は「本格だが本格ミステリとしてのレベルは低く、これを高評価するということは新本格は終了したということ」という論をり、それに有栖川有栖を筆頭としてだった作家評論家が反論するという格好になった。

結局、2007年に第6回本格ミステリ大賞を『容疑者Xの献身』が受賞したことで、ミステリとしては『容疑者X』を本格として認めたという形で議論は収束した。

論争の詳しい経緯については、詳細にまとめた「X論争黙示録[外部]」というページがあるのでそちらを参照。


関連動画


シックス・センスセブンのように相が重要な映画なので、ネタバレには注意して下さい。


■sm1461494[ニコ動]

■sm4506920[ニコ動]
■sm4869067[ニコ動]


関連商品


■az4163238603


関連項目



最終更新日: 21/02/13 03:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ