ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


対戦車ライフル


ヨミ: タイセンシャライフル
掲示板をミル!
12カキコ!

 対戦車ライフルとは、第一次世界大戦末~第二次世界大戦頃まで使用された、対戦車戦闘用の大小銃である。


概要


 第一次世界大戦末のドイツで、分隊、もしくは小隊単位で配備、使用が可戦車に対抗できる銃器として開発された兵器である。
 おおよそ人が扱える弾薬銃器としては最大クラスの物で、タングステン徹甲弾を使用して装甲の薄い部分や眼、視察履帯等の弱点を貫き、内部の人員や機関部にダメージを与え、化を行う。
 しかしその貫通は、あくまで弱点を狙えば貫ける程度の物で、その有効射程もせいぜい100m程と短く、第二次世界大戦以降の重装化し極弱点となりうる部分を排除した戦車戦闘車両には対応できず、また射手の負担は極めて大きいものであったため、携行ロケット発射機や無反動砲ATMに置き換えられていった。
 現代では同様に大弾薬を使う対物ライフルとして運用されており、ちょっと前までよくメディア等で混同して扱われていたりもしたが、設計や性はともかく、思想や任務は別物である。


発生・第一次世界大戦


 第一次世界大戦いてイギリス軍が投入し、機関銃小銃の攻撃をことごとく跳ね返し、着した戦場一方的に突破する事を可とした「戦車」に対し、ドイツ軍は当初野で対抗していたが、数に限りがあり機動性の低い野では限界があった。
 そこで、戦車に対抗しうる威、機動性、量産性を追及した結果、歩兵が取り扱えるギリギリのサイズまでスケールアップした小銃なんとか倒せるんじゃねーかという案の下、直径13mmの徹甲弾800m/sの初速で撃ち出すマウザーM1918対戦車ライフルが開発され、対戦車ライフルというジャンル確立したのである。
 当事の戦車歩兵小銃機関銃に対する防弾のみを考えていた為、10mm~30mm程度の装甲しかなく、装甲素材の防弾性自体も低い物だった為、容易に貫いて機関部や人員を殺傷する事が可であった。


第二次世界大戦


 その有用性により戦車は普及したが、同時に対戦車戦闘も研究され、通常の野部隊とは別に編成された「対戦車」、もしくは対抗する戦車によって敵の戦車を処理する戦法が生まれるが、機動があり小回りが利く対戦車兵器として使用され続け、開戦当初のドイツ西欧が装備していた戦車にはそれなりに有効に戦闘が行えたようである。
 が、独ソ戦が勃発し、ソビエトロシアの前面80100mm、側面でも80mmの装甲を誇るKV-1、全面40mmの傾斜装甲を持つT-34が出現し、対するドイツも同格以上の装甲を持つティーガーパンターを開発、従来Ⅳ号戦車Ⅲ号戦車も増加装甲や、の薄鉄板だが対戦車ライフルの弾丸を防弾鋼で弾ける程度まで減速させられる「シュルツェン」を装備する等して対抗し、戦車の設計自体も眼や視察等の弱点を排除する事で対戦車ライフルで危を加える事は極めて難しくなっていった。
 また、アメリカバズーカドイツパンツァーシュレックパンツァーファウスト等のHEAT弾兵器が実用化されると欧州戦線ではその有用性がほとんどくなり、HEATの開発に遅れていたソビエトが外部装備破壊等のいやがらせ攻撃に使用した程度であった。一方、太平洋戦線では日本軍戦車には十分有効であったので、終戦まで対戦車兵器として運用されている。
 その後、第二次世界大戦が終結するとHEAT兵器全に取って代わられた。


主な対戦車ライフル



関連動画



■sm10111758[ニコ動]

■sm3951476[ニコ動]

■sm9213805[ニコ動]


関連商品


■azB004KCN7XG


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 18/02/23 10:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ